緩和ケアにいついて詳しく教えて!緩和ケアの流れは?緩和ケアの費用は?

これから紹介します今回のテーマの緩和(かんわ)ケアについては、皆さんがもし両親や身近な方で診断の結果、末期癌(がん)と宣告されたとき、家族としてはどのような治療を望まれますか?やはり苦痛を和らげる緩和ケアを望まれますか。これから末期治療に於いてむずかしい判断となる緩和ケアについて詳しく紹介します。

 

緩和ケアとは

もしも家族の方がガンの末期状態で、患者さんが痛みの極限に達している状態にあるような場合、家族の立場としてあなたならどんな選択をしますか「楽にしてあげたい」、「 痛みを感じないようにしてあげたい」などという気持ちが多くの家族が望むことのようです。そんな壮絶な苦痛を伴うがんの末期での日本人の死因は最も多く現在、3人
に1人ががんで亡くなっています。
このように身近な病気になった、ガン。あなたの大切な方も、がんで悩んでいるかもしれません。ガンの患者さんは、がん自体の症状のほかに、痛み、倦怠感などのさまざまな身体的な症状や、落ち込み、悲しみなどの精神的な苦痛を経験します。「緩和ケア」は、がんと診断されたときから行う、身体的・精神的な苦痛をやわらげるためのケアです。

緩和ケアはいつから

緩和ケアと聞いてガンを治す治療と思われている家族の方がおられたら、それは少し違います。確かに緩和治療という点で誤解されることがあるようです。また日本では緩和ケアはガン治療の最期の時や亡くなる直前だけに関わるものと誤った認識があるようです。このような認識を正すため厚生労働省の指導を受けて世界保健機関の定義にもあるような「ガンに直面している患者さんやその家族が抱えている身心共の苦痛を早期に診断して適正に治療することでQOLの改善につながる」との考え方に同調された医療機関も増えた結果ガンの苦痛を和らげる治療としてガンの早朝段階から緩和ケアを取り入れることで、新たな治療への取り組みが可能となりました。

緩和ケアと看護

病院での最期を迎える末期ガン患者さんへの看護の役割としては

① 役割

患者や家族が安全、安心、安楽に療養生活を送ることができるような支援をする
また常に患者さんや家族の意思を尊重して、24時間関係各チームと結束して緩和ケアを提供できるようにする

② 活動内容

・患者さんや家族と医療従事者とのコミュニケーションを図り、患者・家族が病状を適切に理解し、両方の意思によりそった緩和ケア(感情の表出・整理ができる対話、ケアのさまざまなニーズの把握・日常生活の支援など)が提供できるよう支援する。
・看護師を中心とした医療従事者への指導と支援
症状アセスメントおよびびマネジメント、患者・家族とのコミュニケーションなどについて、医療従事者に理解を促すとともに、緩和ケアについてのモデルとなる。

 

 

緩和ケアの流れ

もし家族の方がガンと診断され、緩和ケアを受ける時の流れとしては次のような方法があります。

[病院での診断・入院]   [緩和ケア病棟]    [緩和ケアチームによる診断] [病院での診断]      [自宅での訪問治療・看護]    [看取り]

■一般病棟から緩和ケア病棟へ

緩和ケア病棟は、専門的な知識と技術に基づいた緩和ケアを提供する病棟です。体のつらい症状や、心のつらさ、苦しみを和らげることを重要な治療として位置づけています。
ガンの進行に伴い体につらい症状や精神的な苦痛があり、ガンを治すことを目標にした治療(手術、薬物療法〔抗がん剤治療〕、放射線治療など)の適応がない、あるいはこれらのがん治療を希望しない方を主な対象としています。

■緩和ケアチームによる治療

入院療養中の患者さんのところに緩和ケアを担当するチームが診察を行い、話を伺うために病室を訪問します。治療に当たる医師と協力して、痛みやつらさを和らげる支援を行います。
緩和ケアチームは、身体症状や精神症状を担当する医師、緩和ケアチームでの活動を専門的に行う看護師、薬剤師、心理士、ソーシャルワーカーなどの専門家が、状況に応じて診察に当たります。

■在宅での緩和ケア

在宅で、あるいは慣れ親しんだ地域の介護施設で緩和ケアを受ける患者さんを支える在宅緩和ケアを行う在宅医や訪問看護師が全国で活躍しています。介護保険も利用して、自宅で療養を続け、そのまま安心して看取りをすることも可能になってきています。
一人暮らし、家族が高齢などの理由で医療の継続(点滴や痛みの緩和など)や介護などの不安や心配があるかもしれません。しかし、訪問診療や訪問看護、地域の調剤薬局などの医療と療養介護の両側面から支援があれば、最期まで安心して自宅で過ごすことも可能です。
「家に帰りたい」「慣れ親しんだ家で、地元で過ごしたい」という思いがあれば、医療職、介護職がチームを組んでサポートできる支援体勢がありますので、まず地域のガン相談支援センターや緩和ケアセンターに相談されることをオススメします。

 

緩和ケアの費用

最後に気になる点の緩和ケアを受診する時の費用について一般病棟(緩和ケアチームの診察)、緩和ケア病棟、在宅の料金を紹介します。なお金額については医療保険適用金額以外の 部屋代などは病院によって違いがありますので受診の際に確認をお願いします。
※表示金額は平成28年医療費報酬を参考にしています。

共通基本事項

※1.室料

・部屋代は別途請求、個室などは保険適用外

※2.食事代

・360円/1日
・非課税世帯は210円/1日
・非課税世帯で1年間90日を超える入院日数の場合160円/1日
・70歳以上の高齢受給者100円/1日

※3.入院治療にかかる医療費

(緩和ケア治療加算も含む医療保険適用の費用)は高額療養費制度の対象となりますので一定枠を超えた費用は返金されます。

一般病棟

緩和ケア医療費加算

・緩和ケアチームの治療を受けるには「緩和ケア診療費」が加算されます。この加算金額を加えた医療費を支払う事です。
・医療加算金額 1日400点(4,000円/1日)チーム医療開始から退院まで
・自己負担 3割1,200円/1日、1割400円/1日

一般病棟で緩和ケアを受ける場合の入院費用

医療費(緩和ケア医療加算を含む)x 医療保険自己負担率+ 食事療養費(360円/1食)

緩和ケア病棟

厚生労働省から緩和ケア病棟として承認を受けた病棟に入院して緩和ケアを受ける
場合、医療費は定額制(治療内容に関わらず1日の治療費は一定額に決められている)となっています。

定額医療費

1割自己負担  3割自己負担
・入院30日以内の場合       49,260円/1日  4,930円    14,790円
・入院31日以上60日以内の期間 44,000円    4,400円    13,200円
・入院61日以上の期間の場合   33,000円    3,300円     9,900円

緩和ケア病棟での入院費用(30日以内の場合)

医療費49,260円/1日 ×入院日数×医療保険自己負担率+食事療養費(360円/1食x 1日3食x入院日数)

在宅治療

自宅で生活しながら訪問医療や訪問看護に来てもらい、緩和ケアを受けることができます。

訪問診療にかかる医療費

・訪問診療をする病院や診療所に支払う診療費、医学管理料などの医療費の自己負担分
・処方箋薬局で支払う薬代

訪問看護にかかる医療費

管理療養費、基本療養費に加え、難病等複数回訪問加算、24時間対応体制加算などの状態に応じて加算が医療保険適用として算定されます。

■ 訪問看護の概算費用例(管理療養費、基本療養費のみで算定)
自己負担1回/日・週3回1回/日・週5回2回/日・週5回
3割負担36,000円程度51,000円程度84,000円程度
1割負担12,000円程度17,000円程度28,000円程度

 

まとめ

人はどんな形で人生の最期を迎えるかわかりません。望めることなら痛みに苦しみで苦しみ最後まで苦痛に耐えるようなことは自分も家族も避けたいものですが、映画の予告編のようなわけにはいきません。しかし笑顔で人生の幕を閉じる瞬間を迎えたいものです。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら