長寿って日本が世界一?長寿の秘訣は?長寿を楽しむには年齢に適した運動が大事!

皆さんは現在世界一の長寿は何歳だと思われますか?さらに日本の高齢者は長生きだと言われていますが平均寿命は何歳なのかご存じですか。今回は増え続けている日本の高齢者の長寿の源は何かということについて、今知りたい情報として紹介します。

長寿とは

何歳から長寿と言うか具体的な定義はありません。なぜなら国よって社会環境や生活環境、民族などが違い中東やアフリカなどのように戦争や内戦の多発国と日本のような
単一民族で民族や宗教による争いもなく戦争の心配もない国とでは平均寿命はかなりの差が生じます。

■世界の平均寿命比較

国   男   女
日本    81.1 87.3
アメリカ 76.3 81.2
南アフリカ 59.1 63.1
ブラジル 72.2 79.4
平成29年厚生労働省簡易生命表より

このように世界の中でも日本の高齢者の長生きは他の国が追い付けないくらいの水準にあります。その平均寿命が高い結果、長寿世界第一のポジションに3年連続して日本の女性が世界第一の長寿の栄冠に輝いています。

日本場合、長寿は一説では80歳からという説がありますが年々平均寿命が高くなって来ていることから未だ不透明な部分です。

長寿の記録保持者

■国内歴代長寿ランキング

順位 名  前  年齢 
第一位田島ナビさん117歳260日世界最高齢
第二位都千代さん117歳 81日世界最高齢
第三位大川マサヲさん117歳 27日 
第四位猪飼たねさん116歳175日 
第五位木村次郎右衛門さん116歳 54日 
第六位田中力子さん115歳270日生存世界最高齢

■世界の長寿ランキング

順位 名  前  年齢 
第1位ジャンヌ・カルマン122歳164日世界最高齢
第2位サラ・ナウス119歳 97日 
第3位田島ナビ117歳260日 
第4位ルーシー・ハンナ117歳248日 
第5位マリー・メイコール117歳230日 
第16位木村次郎右衛門さん116歳54  日 

最新の高齢化の状況

平成28年内閣府の高齢化状況によると
*総人口1億2,693万人に対して
*65歳以上の高齢者数人口3,459万人
*高齢化率27.3%
*前期高齢者人口(65歳~74歳) 1,768万人 総人口比13.9%
*後期高齢者人口(75歳9以上) 1,691万人 総人口比13.3%
*平均寿命   男性80.75歳 女性86.99歳
*2065年予測  男性84.95歳 女性 91.35歳

この調査報告から判断できることは世界の長寿記録をつくる高齢者たちがますます増えてくることが明確になってくるようです。

 

 

長寿の秘訣

何故日本人に長寿が多いのか?厚生労働省の平成28年簡易生命表によると、日本人の平均寿命が長くなった要因については医療技術や薬剤の進歩などいろいろと考えられます。
2018年9月時点で内閣府の調査では全国の100歳以上の人口は69,785人で内訳として男性が8,331人、女性が61,454人で女性の長生きが圧倒的なことにまず驚きを感じまず。
この100歳人口は過去20年間で7倍近く増えてきています。なぜ日本の高齢者は長生きになったか、その秘訣(ひけつ)はどこにあるのか調べた結果、次のような項目が長寿になる秘訣(ひけつ)として考えられます。

長寿になるには?

日本の高齢者が長生きになり100歳以上の人口が増えてきた要因を取り上げるなら
次のような日本人の食生活と日本の最先端医療が健康で長寿の高齢者が増えてきた
要因として考えられます。

■日本食(和食)の効果

日本には日本食というに独自の食文化があります。和食の特徴の一つに日本食は外国の料理に比べて「脂肪摂取量」が少なくさらに日本人は豆腐、味噌、納豆などの「大豆類の摂取」または米などの「穀物類の摂取」が毎日の食生活の中で取り入れられてきました。その結果高血圧や動脈硬化の防止策になり高齢者の平均寿命を伸ばす大きな要因の一つになったと思われます。

■ 充実した医療制度

日本の高齢者が長生きできる理由に欠かせないのが充実した医療制度です。日本には複数の社会保険(医療保険、年金保険、労災保険、雇用保険、介護保険)制度があります
これらに加入することを義務づけられていたことで病気や事故が原因で命に関わるような自体でも日本の高度な医療を受診でき安心して治療を受けることができた結果、事故死や病死が減少してきたことが最も大きな長生きの秘訣(ひけつ)ではないでしょうか。さらに日本には病気予防という考え方があるので一年に一度の定期検診の義務化や人間ドック、ガン検診などが受診しやすい環境にあり、特に高齢者はガン検診については無料で受診できるようになっています。この医療の整備や病気予防が一体となって長寿が実現化できるようになったと言っても過言ではないでしょう。

 

長寿を楽しむには

現在の100歳以上の高齢者が誕生したのが明治時代と思われます。その事実だけでも偉大なことだと感じます。 明治、大正、昭和、平成、そして次の新しい時代と5つの時代を生きてきたこと自体が歴史の生き証人として輝かしいことだと思います。この長い時代を生き抜いてきた方にはある共通した人生の過ごし方や楽しみ方があるように思います。

長寿の楽しみや過ごし方

長寿の方の過ごし方や楽しみ方として何か特別な楽しみなどがある時代ではありませんの多くの方はいろいろな趣味や娯楽を楽しむ時代ではなく、途中には悲惨な戦争も経験してまた、逆に好景気の高度成長時代などいろいろな時代を生き抜き、長生きしてきたことが結果として振り返ればさまざまな時代を楽しんだことになるのではないでしょうか!!普通の人は「100年の楽しみ方」は経験できません。

その長寿の方からの長生きの教訓として後に続く方に贈られることは長寿のためには特別なことよりも普段の生活の中で健康面と食生活についてそれに適度な運動を少しずつでも続けて楽しむことが「継続は力なり」のようですね

■健康

禁煙。長寿の内訳で女性が多いのは喫煙率が男性の方が多い事もあるようで、喫煙は肺がんやCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の最大の原因であるばかりでなく狭心症、心筋梗塞や糖尿病の発症の原因です。

■食生活

食事の量は少なく糖質、タンパク質、脂質の3大栄養素のバランスのとれた適量摂取と、ビタミン、ミネラル、食物繊維などを適切に摂取するような食生活を過ごします。

この年代の高齢者は長い間一汁三菜の和食が身に付いていることが長寿の重要な
生活の過ごし方でもあるようです。

■年齢に適した運動

自分に合った適度な運動と質のよい休養。運動は歩行を中心とした散歩で十分で散歩コースを変えることで周辺の変化などを感じることがストレスの蓄積防止に効果的です。高齢者にはジムよりも普段の散歩が十分な運動です。

長寿の高齢者が現役だった明治から昭和初期頃は現在のような便利な社会ではなく毎日の生活が十分な運動量に匹敵するような生活で、ラジオ体操が健康面での重要な運動とされていました。
このように現在の長寿の方は何か特別な楽しみ方や過ごし方をやってこられたわけではなく生きてきた時代が長寿を誕生させる背景になっていたのではないでしょか。

 

 

まとめ

長寿日本一も世界一位も日本の女性という素晴らし実績を残されたと思います。しかしこの記録は明治生まれだからできたことではないでしょうか生活習慣病や肥満など今の時代の食生活や生活環境の中で現在も元気な長寿の方以上に長生きの人が誕生するでしょうか?平均寿命もいつの日か90歳代を迎える時代になるのでしょうか?

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

 

関連記事

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら