初盆ってなにするの!初盆のマナーは?初盆をしないこともある?

日本人の多くは、初盆は経験されていることです。しかし、初盆に参列する立場から、執り行う立場になった時、いろいろな事を解決しなければいけません。準備する時期、手配するもの、費用など、さまざま問題を短期間に行わなければいけません。そんな重要視される行事“初盆”について詳しく紹介します。

 

初盆とは

皆さんは“初盆”という言葉は普段日常生活の中で何の疑問を持たないで使われている事だと思います。では“お盆”って何ですか?初盆とお盆は別ですか?など聞かれて問題なく回答できるのは僧侶か葬儀社の従業員くらいではないでしょうか?そんな奥深いお盆や初盆について紹介します

お盆の起源

お盆は正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)と呼ばれ、この起源は古代インドにあり、盂蘭盆経(うらぼんきょう)という経の中の物語によるものと言われています。その物語では、釈迦の内弟子である目連が厳しい修行の末に神通力を得て、亡き母のいるあの世を見渡したところ、鬼の世界におちて飢えと乾きに苦しむ母の姿を見ることとなりました。嘆き悲しんだ目連は、釈迦に母を救いたい気持ちを相談します。釈迦の「7世の父母と、苦難にある人のために懺悔した全ての修行僧に施し与えること」という教えを受け、目連は多くの食べ物や飲み物、寝床や灯りを捧げたそうです。そして、それによって目連はさらなる徳を積み、7世の先祖、鬼の世界にいる母を救いました。そして、その日が7月15日(一部地域のお盆)だったということです。

施し与えることで徳を積み、亡くなった先祖を救った目連の行いが、仏教の教えとともに日本に根付いたということです。盂蘭盆の時期に帰省して家族で先祖を偲び、迎え火や送り火、お供え、精霊馬など、様々な形でおもてなしすることがそれにあたります。そして、盆踊りやこの時期の花火も先祖供養や鎮魂の意味合いがあります。

初盆ってなに?

お盆の起源はわかってもらえましたか?やはり仏事となると歴史もあります。現在はお盆行事は毎年、各地で行われていますが、初盆という行事は次のような一連の仏事の行事で一度だけの行事として行われます。

初盆までの流れ

[葬儀・告別式] →[火葬] →[初七日] ※1→[四十九日] ※2→ [初盆]※3

※1.葬儀の日に初七日も同日に済ませる事が

※2.命日から四十九日目の行事
最近では多いようです。

※3.初盆 ・・・[目的]:故人や御先祖様が浄土から地上に戻って来る日で供養する期間をお盆と言います。初盆は四十九日の法要を済ませて初めてのお盆の事を言います。

[時期]:関東では7月15日からその時期になりますが多くの地域は8月15日からがお盆の期間です。

 

 

初盆のマナー

初盆は家族にとっては四十九日法要と共に大きな行事でお招きする友人や親戚も多くそのために事前の準備にかなりの時間と費用がかかりマナーも他の法要に比べても多いようです。そんな初盆でのマナーについて紹介します。

家族が気をつけるマナー?

初盆を迎えるにあたっては家族が最も気をつけなければいけない事が準備段階からいろいろとあります。ここでは一般的に初盆を執り行う家族がマナー違反になりやすい
項目を取り上げます。

初盆の時喪主はどんな挨拶をするか?

初盆での喪主の挨拶は基本的に、お忙しい中、初盆の法要に参列してくださったことへの感謝の気持ちと、遺族としての気持ち、亡くなった家族の思い出などを話します。

その内容的には次のような事を話します。
1. 初盆に参加してくださった参列者に対して感謝の気持ち
2. 故人が亡くなってから初盆を迎えた想い
3. 参列者のおかげで初盆を終えることができ、故人も喜んでいるということ
4. 「今後もよろしくお願いします」といった感謝の言葉
5. 「食事を楽しんでください」といった労いの言葉

また、その場で会食しない場合には、皆様がお帰りになられる際に、
「本日は、わざわざありがとうございました。近くにお寄りの際には、是非お参りに来てください。」
「ささやかですがお持ち帰りの品を用意させていただきましたので、ご自宅にて故人を偲んでいただければと思います。」などと、挨拶します。

初盆のお返し

初盆のお返しというのは、香典(御仏前)、お供え、線香代・提灯代などを、頂いたときのお返しのことです。

親戚や知人など焼香にお参りに来られるお客様に、手土産・引出物(志・初盆志・初盆会として)を準備します。
初盆のときの法要には、手土産・引出物(粗供養・志として)を準備します。品物としてはお盆の季節的な事もあり、そうめんや水菓子などが人気の高い品物です。

初盆のお布施

お布施は僧侶が初盆の行事の際に読経を行ってもらった事に対してのお礼です。そのため金額的に決まったものはお寺に確認しても明確な回答は得ることはできません。

一般的な法要は5,000円から20,000円が相場とされています。初盆は読経も通常の法要より長く読経を行ってもらう場所もお墓、自宅など多くなるので金額も30,000円から50,000円が 相場と言われています。尚お布施は「お車代」「御膳料」に区別して新札を包むのがマナーとされています。

 

初盆をしないこともある?

日本の葬儀や法要については昔の人達には考えられない事態が起こっていると思われているのではないでしょうか!!何がそうしたかは不明ですが多分平成に入ってからの出来事ではないでしょうか、それは時代の流れという事で処理できるものではないと思いますが、現実は既に合理化というような事で実行されています。それは日本に古くから伝えられてきた冠婚葬祭の文化風習です。

変化する葬祭の風習、文化

<冠婚葬祭で、ここでは葬祭について注目してみます。
人が亡くなった場合昔は親戚、友人など一人でも多くの人が故人を偲んで、見送ったものですが、最近の葬儀事情は変わってきて、多くの仲間からの見送りをやめ家族だけで執り行う「家族葬」「密葬」「直葬」など葬儀が簡素化になる傾向が強く感じられます。

さらに従来は先祖代々菩提寺に墓があり、そこへ埋葬されることが日本の文化風習でもありましたしかし現在は墓を管理する人材もいない事や墓が遠方という理由で過去には考えられない洋上から遺骨を海に散骨する方法や自然葬などで自然の中へ戻すなど現代ならでの葬祭の文化ができてきているのではないでしょうか。確かに仏事を行う家族自体も大きく変化して昔の様に家族という団体生活が今は核家族という少人数での生活が中心になり住居もマンションの狭い間取りでは仏事に多くの人を招いて行う事が物理的にできなくなってきている事情もあります。

このように葬儀にも簡素化という時代の変化が加わってきている社会環境の中で初盆についても既に家族葬と同様に身内だけの初盆を行う家庭も増えてきています。昔から伝えられてきた大勢の人に見送られる事が故人のステータスとも言われていた葬儀、初盆などの仏事も簡素化という波にのまれる日は遠くないでしょう。

 

 

まとめ

どんなに世の中が変化して葬儀、初盆などがもっと簡素化になって、初盆、葬儀、法要などは専用アプリで案内通知はメールで案内と出欠可能、僧侶の読経や初盆の状況はスカイプでライブ、引き出物や香典返しはアマゾンのギフト券、香典はネットバンキングなどで遠方でもスマホの中で参加という時代になってはほしくないものです。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

 

新盆について教えて!新盆の常識って?新盆は家族だけでやるもの?

仏事ってどんなこと?仏事のマナーは?

法事の意味って?法要との違いは?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら