端座位で気を付けた方がいいことって?端座位の清拭は?

今回はこれからますます増えてくる介護の分野での専門用語について少し勉強してみませんか?これから介護をする方も現在介護中の方も知っておくときっと役に立つ事があります。介護用語にはさまざまな状況での専門用語があります。これからその中から端座位(たんざい)について紹介します。

 

端座位とは

介護現場には「座位」に似たような言葉がたくさんありますので、簡単に紹介します。

座位類似用語

[椅子座位]

椅子に座る姿勢のこと

[半座位]

リクライニング機能を持つベッドを起こした状態にして座る姿勢のこと[長座位]・・・ベッドなどに足を伸ばして座ること背中や胸に固定した物にもたれる

[起座位]

背中や胸に固定した物にもたれるようにして座る姿勢

このように座位には、呼び方が似ているものがありますが、座る場所や座った際の姿勢の角度、もたれかかることのできる固定物の有無などによって呼び方が違います。

端座位(たんざい)

端座位は上の類似な座位と呼び方が似ていますが姿勢が違います。端座位はベッドの端に座る姿勢のことです。介護現場では、一般的に端座位と呼ばれていますが、中には「腰かけ座位」と呼んでいる介護施設もあります。

健常者の場合ベッドの端に座る端座位は、ごく自然で当たり前のことだと思われますが、要介護者にとっては難しい場合があります。それは加齢に伴う筋力の低下によって通常は端座位をとるには、筋肉を使って体を起こし、次ぎに手を使って体のバランスをとりつつ、足をベッドの下に降ろすという流れですが、要介護者の場合は端座位は、想像以上に筋肉やバランス感覚が求められる動作なために寝たきりや半寝たきり状態の要介護者は、身体の筋力が弱くなり、関節が硬くなりがちなので端座位ができないこともあります。

端座位の効果

端座位は医療面では「背面開放端座位」とよばれ医学の面でも交換神経による脳の活性化などの効果が立証されています。介護でも要介護度の高い寝たきりの要介護者を座るようにすると、後ろに背もたれがない状態では自分の筋力で姿勢を維持するように筋力アップの効果や座ることで車椅子に座ることもできるようになって行動範囲が広くなり自立につながる効果が期待されています。

 

端座位の清拭

清拭(せいしき)とは寝たきり状態の要介護者やけがなどで、自分で入浴ができない患者さんに蒸しタオルなどで身体を拭くことです。清拭を行うことは全身の清潔を保つとともに、血行促進や安眠などさまざまな効果があります。ただし、清拭は要介護者が高齢者ということがあるので清拭を行う際には寝た状態で行うのか、端座位で行うのか要介護者やけがの患者さんに負担がかからない姿勢で行うことが重要なポイントです。

姿勢を間違えると介助者にも負担もかかるため、心身の状況をよく観察して無理をしないことも必要です。

端座位の足浴

足浴とは、部分浴(体の一部分のみをお湯につけて洗う入浴法)のひとつです。
一般的な「足湯」に似ていますが、足浴は足を温めるだけではなく、爪先から膝あたりまでを丁寧に洗います。
足浴は、全身浴や半身浴に比べると温熱作用と静水圧作用(水圧による影響)が小さく、身体への負担が少ないことが利点です。また、着衣のままや寝たままでも行えるためご高齢者や介助するご家族の負担も軽くなります。可能であれば、シャワー浴や
手浴(しゅよく)などと組み合わせても効果があります。

足浴の時の端座位のポイント

①ご高齢者の足底が床につくようにベッドの高さを調整し、安楽な姿勢を保ちます。
②ゆっくりと片足ずつお湯に入れて、足を温めます。
③泡ソープを使い、足首から膝の方へ向けて洗います。
④爪先から足首までを泡ソープで洗います。
足裏は丸めたタオルで力強くこすり洗いをします。
⑤水を換えてしっかりとすすぎ、乾いたタオルで念入りに水気を拭き取ります。
⑥皮膚が乾燥している場合はクリームなどで保湿しましょう。

寝た状態で行う場合(仰臥位おうがいい)

① ベッドは平らにして体を上方にずらし、足元に広めのスペースをつくります。
② 利用者に膝を立てていただき、膝下に枕やバスタオルを入れて安楽な姿勢を保ちます。
利用者は病状によって体の機能が違います。その点を介護者は認識しないと無駄な力を使い効果を得ることができません。

端座位の保持訓練

臥位(がいい/寝た状態)に比べ「座位」や「立位」は体が倒れないように姿勢を保持する必要があります。骨や筋肉に力を入れ、体を支えることで血行を良くし筋力低下や骨粗しょう症を防止し、嚥下能力(えんげ)や排せつ能力の維持など、さまざまな体の機能を刺激します。

座位の姿勢を保持することの重要性

保持することによる効果

①血液の循環が良くなる
②臥位(がいい/寝た状態)では働かない筋肉が働く
③脳の活性化につながる
④呼吸が楽になる

日常生活での座位保持の重要性

ベッドから起きある時の姿勢

ベッドから起きあがるには横向きの姿勢(側臥位そくがいい)になり、身体の下になった側の肘を折り曲げた後、頭をお辞儀するようにして手がベッドにつくようにします。
背中が丸くなるように両肩を前に出すとマットレスと接している肩がずらしやすくなります。

排泄時の姿勢

排泄時の姿勢としては「前屈姿勢」が一番、理にかなった姿勢です。前屈姿勢にすると腹圧が掛りおなかに力を入れやすくなります。体を前屈姿勢にすると直腸と肛門の角度が鈍角になり、排便しやすくなります。さらに尻から大腿骨(だいたいこつ)全体で便座に座るため体重が分散され、お尻が痛くなくなります。

姿勢保持のために介護用品を活用

体がふらつき前屈姿勢を取ることが難しく座位が安定しないで、排便に時間がかかる、この様な人には前屈姿勢を支える「前受けテーブル」がオススメです。前のめりになっても倒れる心配もなく、理想的な排便姿勢を取ることができます。他にも姿勢保持のために補助用具はさまざまあります。作業療法士などの意見を聞いて適切な姿勢保持用具を選ばれることをオススメします。

 

端座位の注意点

端座位行う時にまず注意する点で重要なポイントは対象者が自分で座位の姿勢を維持できない要介護者が大半だと言うことが第一の条件でその事を再認識する必要があります。

座位が困難な要介護者への注意点

ベッドに座位の姿勢で座らせた時に前後左右に倒れる人は少なくとも背もたれのない状態では座らせてはいけません。少しの力で前後左右に押して、簡単に倒れるようなら支えなしには座れません。

やや前に倒れやすい人はかかとまでピッタリ床につけるようにします。脚のふんばりで立ち直ることが期待できます。足元を安定させるためにはマットレスや座布団を薄くするなどして調節を行います。電動ベッドなら下げて調節します。

ベッドやイスの下に空間があって足が引けるとわざわざ浅く座りなおす必要がなく、しかも座位が安定します

床に敷いているエアーマットがフカフカで足元が不安定ならば電源を切って空気を抜いて安定させることができます。
(床ずれのある人は後でまた横になった時に空気を入れ直すのに時間がかかるので
抜かないほうがいいです)

座っていても体の一部が勝手に動いてしまう人も必ず支えが必要ですので注意しましょう。

要介護度の重い要介護者の場合は座位が困難なことと思われがちですが、作業療法士による座位の姿勢保持訓練によって端座位ができる様になった事例もあります。

それに座位を補助する介護用具も数多くありますので、ベッドから起きあがり端座位ができる様になって楽しい毎日に挑戦してみてください。

 

まとめ

介護用語の端座位について理解していただけましたか?要介護者にとっては端座位が困難な場合があります。在宅介護で端座位が必要になる場合が出てくることがありますのでやり方をマスターしておくのもこれからの介護対策の1つではないでしょか!!

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

 

補助金支給で介助ロボットは普及する!?補助金制度の種類は?

離床ってどんな意味?注意点は?

主な介護用語のまとめ!これだけは知っておこう!

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら