なぜ友引の葬儀は避けるの?理由は?

皆さんは六曜を信じますか?では大安、仏滅と言えばどうですか、カレンダーにそれらしい事がのっている程度のことはご存じでしょう、ましてや六曜についてはほとんどの方がご存じないと思います。しかし若い世代も結婚式や日常生活でのお祝い事で六曜は必ず必要になります。その時の為にこれから六曜のひとつ友引について紹介します。

友引の葬式とは

本題にはいる前に六曜についてまず理解しましょう。

六曜はいつから始まった

六曜は中国で生まれたとされますが、日本に伝わったのは14世紀の鎌倉時代末期から室町時代にかけて。それから19世紀初頭にかけて名称や順序、それぞれの持つ意味は少しずつ変化してきました。
「赤口」以外は全て名称が変わっており、先勝は「即吉」、友引は「共引」、先負は
「周吉」、仏滅は「虚亡」、大安は「泰安」という名称でした。

民間の暦に登場するようになったのは幕末ごろ。明治時代には「歴注は迷信」として
政府が記載を禁止しましたが、六曜だけは迷信ではないとされて記載が続けられました。
現在に至っています。

六曜ってなに?

六曜の誕生や歴史についてはわかってもらえたことでしょう。次に六曜の内容や具体的な使い方を紹介します。

■六曜の意味

六曜は日時や方位の吉凶などを定めた暦注のひとつで、各名称には意味があります。
六曜の中には、「大安、仏滅、先勝、友引、先負、赤口」という六種類の曜が存在しています。それぞれに意味があり暦の中で、その日の吉凶を示しているのです。
大安(たいあん)・・・読んで字のごとく「大いに安心」という意味を持ち、一日中、何事も上手くいくという吉日を意味。
仏滅(ぶつめつ)・・・「仏も亡くなる大凶日」という意味を持つ日です。六曜の中で最も凶を示し、万事に置いて最悪な日と言われています。
先負(せんぷ)・・・ 読んで字のごとく「先んずれば即ち負ける」という意味を持っています。いうなれば「先勝」の反対です。
何事も、急ぐと仕損じるということを示しています。
友引(ともびき)・・・「友を引く」という意味を持ちます。そのため、良いことやめでたいことなどであれば、幸せのお裾分けという意味もあるので、吉日として良い日です。

[葬儀と友引]

お葬式やお通夜などは、友へと影響を繋げてしまうことにもなるので、友引の日は避けるような方が多いようです。それもあってか、火葬場なども、この日を定休としている場所が多くあります。

先勝(せんしょう)・・・字が表す通り、「先んずれば即ち勝つ」です。午前中は吉、午後からは凶となることを意味です。

赤口(しゃっこう)・・・万事に用いない厄日」という意味があります。六曜の中で最も不吉を示す日でもあります。

 

友引の葬式を避ける理由

日本では「友引」の漢字から「友を引く」という意味合いが生まれ、葬式や葬儀などはこの日を避ける習慣が今も残っています。友引の日に葬式や葬儀を開くことによって友を引く「不幸事が友人にも及ぶかもしれない」と言うことが伝わって?友引の日に葬祭行事は避けるようのなった大きな理由です。このような事から葬儀屋では友引の日は休業の所が多くあります。

友引ってどんな日?

友引の日に葬式、葬儀、お通夜は「大凶」「凶」です。友引は「友を引く」の意味のように不幸を引いてしまいやすい日でもあるので極力避けるほうがいいようです。更に注意しなければいけない事が友引の日は「不幸」「大凶」と感じている人が多いためこの日に葬式や葬儀を行うと参列者にも影響する事も考えられます。更に友引の日は火葬場や葬儀屋が休業の所があるのでこの日の儀式は避けたほうがいいようです。

迷信の信憑性

六曜それぞれの持つ意味を紹介しましたが、友引にお葬式が行われない理由は、六曜の説明では分かりません。なぜなら、六曜では友引に葬式をあげることが悪いことであるという考えがないからです。
現在葬式を行う際に友引を避けられているのは、縁起の悪い出来事に友を引き寄せてしまうという迷信から来ています。本来友引の意味は、”共に引き分ける” という意味ですが、これが”友を引く”という意味として捉えられるようになったのが大きな理由です。仏滅と同様、友引も仏教とは何の関係もありません。
このような迷信が長く信じられていることで、現在では全国的に友引に葬儀が行われない地域がたくさんあります。友引に関する扱いは暗黙のマナーとして認識されがちではありますが、あくまで迷信から来ているものですので、必ずしも守らなければいけないわけではありません。現在は友引に関して柔軟にとらえる人も 増えてきましたが、年配の方などはこの迷信を大切にしている人もいるようです。

友引に葬式をするしかない時は

葬儀の世界も家族葬や密葬など従来型の葬儀から仏教のしきたりや作法にこだわらない斬新な葬儀スタイルに様変わりしています。
それは主に、現代の生活の考え方に合わせるような形で変わって来たものが多いといえるでしょう。ただし、現在ではあまり使われていないことが残っていることもたくさんあります。

■友引を避けるという習慣

現代ではかなり柔軟に対応する人が多くなってきた大安や仏滅などの六曜の考え。それでも「友引の葬儀」だけはかたくなに避けられている背景にはどんなことがあるのでしょうか。これは葬儀の日が友引に当たると、葬儀を友引の次の日にずらすというものです。そのため、葬儀の前の夜に本通夜、そしてその前の夜に身内で仮通夜を行なうことになります。
しかし、お通夜の翌日に葬儀を行うので、葬儀の日に友引が重なる場合にはお通夜の日程も変更になることがあります。その場合、お通夜までの日数を伸ばすか、お通夜から葬儀まで日を空けるかなど調整します。
かつては「共引」という字が使われていて、全てにおいて決着がつかない日、引き分けの日とされていました。現在では、こちらの意味はほとんど使われなくなっています。

■友引の意味を気にするか?

世間一般的に、友引に葬儀を行うのは縁起が悪いとされていますが、もともとの「共引」という言葉にはそのような意味はありません。
そのため、友引の持つ意味について気にならないのであれば、葬儀の日程についても気にする必要はないでしょう。気になる場合でも、友人形という身代わり人形を棺に入れるという風習もあり、これを利用して葬儀を行うこともあります。

 

まとめ

今回のテーマの友引はいわゆる六曜の中のひとつで、大安、仏滅とで最も一般社会に浸透している様に思われていますが。しかし現実は我々使われないようになってきて最近では今までカレンダーに定番として六曜は織り込まれていましたが、それも時代と共に減少する傾向にあります。小さな伝統文化がまた消えかけているように感じられます。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

 

関連記事

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら