高齢者のホーム選びの基準は?老人ホーム選びのポイントを大紹介!

老人ホームにはいるとき、どんなホームを選ぶのがベストなのでしょうか。豊かな老後を送るためにも、しっかりとしたホームを選びたいですよね。

今回は、老人ホーム選びの基準、ポイントをご紹介いたします。

老人ホームを選ぶときのステップ

情報収集

まずは、有料老人ホームに関する情報収集を行いましょう。暮らしたいと思う地域にはどのくらい、どのような老人ホームがあるかを知ることからが大切です。インターネットで調べたり、自治体に問い合わせたりしましょう。

 

資料、パンフレットを取り寄せる

気になる老人ホームがいくつか決まったら、次は資料やパンフレットを取り寄せましょう。複数のホームから取り寄せて、内容や重要事項を比較しましょう。それぞれの違いをよく理解することで、どの施設が適しているかがだんだんと把握できるようになります。

 

ホーム見学、体験入居

やはり、資料やパンフレットを見ただけでは、細かいところまではわかりませんよね。実際に足を運んでみることが大切ですね。各ホームには、体験入居の制度を設けているところがあるので、複数のホームで体験入居をしてみましょう。

 

fa81d42efe6113c92c7d318a509dfd99

 

老人ホームを選ぶ基準

では実際にどのような基準、ポイントで老人ホームを選ぶべきなのかを紹介いたします。

 

費用

有料老人ホームに入るにあたって、やはりきになるのは費用ですよね。入居時に必要な費用はどのくらいなのか、月々どのくらいコストがかかるのか。

有料老人ホームでは、「入居一時金」と「月額利用料」がかかります。

そのほかにも、日用品やおむつなどの実費負担や、有料サービス料などもあるので、チェックしておきましょう。

値段に見合ったサービスを受けられる満足度の高いホームをいくつかの老人ホームと比較して、選択しましょう。

 

立地条件

家族がいつでも会いに行ける場所がいいですよね。

家族が通いづらい場所になってしまうと、交通費も嵩みますし、会える頻度も減ってしまう可能性がります。

家族や入居者本人の心身の負担を減らすためにも、立地を考えて選ぶようにしましょう。

 

医療体制

やはり、老人ホームを選ぶときは、安全面を考慮し、医療体制が整っている施設を選ぶようにしましょう。

高齢者ですから、医療がすぐに必要になる状況にいつ陥ってしまうかわかりません。そのようなときにも安心して預けられる医療体制が整っているといいですよね。

 

施設、設備

施設、設備の充実度を確認しましょう。老人ホームはただの施設ではなく、高齢者にとっては生活する住居であり、居場所です。

快適な生活を送るためにも、施設にどのようなサービスが備わっているかをチェックすることが大切です。清潔感があり、高齢者がリラックスできる設備が整っているような施設を選ぶようにしましょう。

ちなみに、入居者3人に対して、施設のスタッフは1人の、3:1が国の最低基準となっています。この基準よりもスタッフの数が多ければ、より対応が充実しているとの見方もできるかもしれません。

 

施設のスタッフの雰囲気、接し方

老人ホームでの高齢者の生活の介助をしてくれて、施設の管理をしてくれるスタッフ。毎日関わらなければいけないからこそ、優秀で人柄の良いスタッフの充実度をチェックすることは大切なことです。

スタッフの対応や心身のサポートがしっかりしていると高齢者にとっても、家族を預ける人にとっても安心ですよね。

tatemono_kaigo_shisetsu

まとめ

いかがだったでしょうか。高齢者の居住する有料老人ホームを選ぶときにはいくつものポイントを考慮して、ある程度の基準をクリアしていることが重要であることが分かったと思います。

あとは、いくつかのポイントの中から、優先順位やバランスを考えて選ぶようにしましょう。

体験入居はどのような生活を送っているのかをみる一番ベストな方法なので、積極的に取り入れるといいかもしれませんね。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事
介護付き有料老人ホームについて教え!役割、特徴は?税控除はあるの?

高齢者の入れる施設ってどんなのがあるの?特徴は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら