密葬ってどんな時にやるの?密葬のマナーは一般の葬儀と同じ!?

最近著名人が亡くなった時に葬儀は家族葬で後日お別れ会が取り行われる等の報道を見かける事があります。著名人に限らず私達の回りでも葬儀の形式が変わってきています。その理由については各家庭様々ですそこで今回は略式的葬儀のひとつ密葬について紹介します。

密葬とは

密葬とは、親しい方を中心に行う葬儀で、ほとんど参列者を招きません。そのため一般的な葬儀と比べると、葬儀内容や費用も違ってきます。
本来の密葬の意味というのは身内でお別れをした後に、後日、対外的なお別れを行う“本葬”これといわばセットになっていたものです。ただ近年、本葬をせずに密葬だけを行うというケースが大変多くなってきました。

このように葬儀の形式は平成になってから様変りしてきています。葬儀の形式は法的な規制がないのである面「自由葬」とも言えるように家族葬をはじめとして密葬、区民葬・市民葬、生花祭壇によるオリジナル葬、神式葬儀、無宗教葬、音楽葬、合同葬、社葬などの独自性のある葬儀が行われるようになって来ています。
ここでは、密葬を行う場合の一般的な式の流れを、「家族葬」「火葬式・直葬(ちょくそう)」と呼ばれる2つの葬儀形式を参考にしてご紹介します。

「家族葬」の形式で密葬を行う場合

家族葬は、ごく一般的な形式の葬儀を、家族や親戚、親しい友人・知人を中心に行う葬儀形式です。
家族葬の流れは通常の葬儀と同じで、亡くなった場所から自宅や安置専用施設までご遺体を搬送し、通夜式当日まで安置をします。その後、納棺、通夜式と続き、翌日に葬儀・告別式と火葬を行います。

火葬式や直葬は、通夜式と告別式といった儀式を省き、火葬のみを行う葬儀形式です。
ごく親しい親族のみでお別れをします。通夜式や告別式を行わないため、必要となる物品やサービスが少なく、一般的な葬儀よりも大幅に費用を抑えることができます。

密葬を行うケース

密葬は基本的には、近親者以外には訃報をふせて葬儀を行うというものです。最近多く目にする「密葬」のパターンとしては、芸能人や会社社長など、多くの人が参列する可能性がある事例が多いようです。

■密葬を行う葬儀

① 大勢の参列者が予想され通常の葬儀では準備が間に合わないために、近親者のみで密葬を行うケースが多いようです。

② 密葬を行った後に「偲ぶ会」や「社葬」などの本葬にあたるものを執り行うのが特徴です。

■密葬の基本

密葬は、近親者以外に訃報を伏せておくことにより、近親者のみでお別れの時間が作れるというメリットもあります。ここが重要な密葬の基本でもあります。

<h2>密葬のやり方</h2>
密葬の内容については前の項目でお分かり頂けたことでしょう、密葬の特徴としては葬儀のすすめかたは一般葬と変わらない形式でお通夜から葬儀、告別式、火葬、納骨を行います。但し、参列者が近親者のみで一般葬に比べて人数的には少なくそれに伴い費用面でも安くなっている事が密葬の特徴とも言えることです。

密葬の参列者の範囲

密葬は家族や親しい人など、ごく限られた範囲の人で行われるのが一般的です。訃報の連絡を知らせるのは3親等以内が通常と言われています。
但し、故人の交友関係によってはもっと広まることもあります。密葬は人数などの明確な決め事はありません、遺族が「限られた人数だけでやりたいと」思えば密葬という事になります。密葬を行うときに注意すべく事としては「本人の意思で行う」という理由を必ずつけるべきです。そうしないと親族から「どうして私したちを呼ばないの」という反発を招く恐れがあります。

葬儀社とやり方や費用を打合せする

密葬と言っても、そのやり方や費用については様々な種類があります。密葬の流れとしては次のような流れになります。

・搬送(病院や自宅から)

➡安置➡納棺➡お通夜➡葬儀➡告別式➡火葬

このような手順は葬儀社が案内してくれますが、葬儀社の中には密葬という安いプランを手配してくれない事もあります。その為に丁寧で迅速に対応をしてくれる葬儀社を選ぶことが不可欠です。

密葬の参列

もし友人が亡くなって葬儀に参列しようと思い、知らせを待っていたら、密葬で行うとの連絡を受け参列できないものなのか悩んだ経験はありませんか?家族や故人の意思で密葬と決められた葬儀は、あくまでも家族と近親者のみの場合が殆どですが、家族も故人の交友関係まで細かく把握できていない事が多いので密葬や家族葬でも、家族や喪主に連絡できれば参列できる可能性はあるようです。参列できる可能性はあってもそれはあくまでも家族側が希望する場合のみです。

 

密葬のマナー

密葬と言っても参列者の数に限度があるくらいで、その他については一般葬と同じように、仏教のしきたりに基づいたマナーを心得て参列する事は大人の常識として必要な事です。中でも服装、お悔やみの言葉、香典、焼香の仕方は最低限の常識として身に付ける必要があります。

■服装のマナー

葬儀では、基本的には喪服あるいは礼服を着用します。男性の場合シングルとダブルのどちらでもいいのでブラックスーツを着用しましょう。シャツは白で、ネクタイ・靴下・靴は全て黒で統一します。
女性の場合、黒のワンピースやアンサンブル、スーツなどを着用します。肌の露出は控え、靴・ストッキング・バッグなどは全て黒です。

■お悔やみの言葉のマナー

密葬の場合は受付がないこともあり、受付でお悔やみの言葉を述べることができない場合もあります。その時は遺族に対してお悔やみの言葉をかけます。本来はマナーとして正しくありませんが、親しい間柄であるということからそのような細かい部分に関しては問われません。ただし、忌み言葉などに関しては同じく気をつけるようにします。

忌み言葉理由
重ねる、重ね重ね、再三、くれぐれも不幸が重なる事を意味するため。
また、たびたび、しばしば、ますます不幸が再び来ることを意味するため。
死ぬ、死亡、九、四「苦しむ」「死」を直接連想させるため。

■焼香のしかた

焼香は宗派・宗旨によって作法が異なります。故人の宗派に合わせることが一番だと言われています。やり方がわからない場合は前の人に習って行います

■香典の用意について

密葬の場合、一般の葬儀とは違って香典を辞退されることが多く、その場合は香典を
用意する必要がありません。連絡を受けた段階で香典や供花を辞退する旨を伝えられた
あれば、素直に従いましょう。よかれと思って用意しても、香典返しで遺族に負担をかけてしまいます。 何も言われなかった時は、念のため香典を用意しておきましょう。

香典の金額は、故人との関係性や自分の年齢によっても変わります。知人・友人として参列する場合、5,000円~1万円程度であることが多いです。この金額はあくまでも目安であり、より深い関係であればこれ以上包んでも問題はありません

 

密葬にする場合の注意点

密葬を行う場合、「本葬」を行う場合と行わない場合によって準備する内容が変わります。密葬を行うのであれば注意しておきたいことを紹介します。

■密葬を行うことは周囲に伝わらないようにします。

密葬は遺族をはじめとした親しい関係の方のみで行うため、本葬へ参列してもらう予定の方に伝わってしまうと、密葬中に対応に追われてしまうことになります。なるべく周囲へ伝わらないようにする必要があります。

■親族など近い関係の人から密葬への理解を得る

密葬は火葬までを事前に行うため、本葬で参列する方は故人と対面する機会がありません。そのため、本葬の有無に関わらず、近い関係者には密葬を予定していることを相談のうえ決めるようにしましょう。

■本葬を行わない場合、葬儀後の弔問対応が必要に

本葬を行わない場合、後で訃報(ふほう)を知った方が、自宅へ弔問に訪れることがあります。複数の方が日時別々に弔問されるので、香典返しの用意など、その都度対応する必要がでてきます。 友人や知人には、家族のみで葬儀を終えたことと、弔問は辞退する旨を伝えておきましょう。

■お葬式後に自宅に弔問客が訪れることを想定しておく

これは、故人にお別れを言いたい人は、家族だけではないこと。家族は故人と縁のあった人のすべてを知っているわけではないこと。それらの理由です。
この注意点は、家族葬、直葬など広く告知を行わないお葬式と共通の注意点です。
なお、本来の密葬、つまり本葬がセットになっている密葬を行う場合の注意点は一つだけ。それは「身内だけで密葬を行うが本葬は別途告知をする」ということを広く告知することを忘れないように注意することです。

 

 

まとめ

今回は密葬という略式な葬儀について紹介しました。高齢化が進む中で密葬をはじめとした略式型葬儀でも家族は納得しています。これは「葬儀の自由化」とでも言え従来のお通夜から納骨に至る従来型葬儀は需要低迷となり、これからの葬儀は遺体は代行業者が引き取り火葬、永代供養まで行い。家族はwebで告別式を行うよう疑似葬儀の世界にならない事を祈ります。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

 

初盆ってなにするの!初盆のマナーは?初盆をしないこともある?

新盆について教えて!新盆の常識って?新盆は家族だけでやるもの?

なぜ友引の葬儀は避けるの?理由は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら