遺骨を自宅で保管するのは?遺骨の処分の仕方次第では違法になる!?

身内の方が亡くなられて無事に火葬も終えて、多くの参列者がそれぞれの生活に戻っていき、やっと遺骨となった故人と静かな時を過ごせると思っておられませんか?
これからが大変です。遺骨は通常は納骨になりますが、手元供養として、自宅に安直される家族もいます。では遺骨はどのように取り扱ったらいいか詳しく紹介します。

 

遺骨とは

遺骨とは、亡くなった方の骨のことを指します。
告別式を終えた遺体は、火葬場で荼毘(だび)にかされます。その際遺骨は遺族によって骨壺へ納められます。これを骨揚げ、収骨とよびます。その後自宅や寺院に預けられた遺骨は、四十九日などを区切りとして墓地や納骨堂へと納骨されます。
遺骨を2か所以上の場所に納骨する状態を、分骨と言います。分骨には、埋葬許可書が複数枚必要になることがありますので、確認が必要です。分骨の際には、小さい骨壺にのど仏の骨(本骨)を入れることもあります。
遺骨は許可されていない場所に埋葬することは、墓地埋葬法という法律によって禁止されています。ですが遺骨を埋葬せず自宅に安置しておくことは違法ではありません。
遺骨の供養方法は、従来からのお墓や納骨堂に加え、最近はお墓の後継者や費用の問題もあり、また自然回帰の意識の高まりの中で、新しい供養の形を選ばれる方も増えています。

変化している遺骨に対する考え方

我々日本人は古くから宗派は違っても、各家庭に仏教徒としての作法や教えは代々家庭で伝えられてきました。遺骨についても各宗派の作法に従って葬儀から火葬、納骨、埋葬と忠実に行い故人を安らかな眠りにつけるように行ってきたものですが、平成に入り葬儀の形態も簡略的になり、その延長線上の火葬、納骨も従来の仏教の形式の墓への埋葬が墓地を管理する為の人材不足や各家庭の諸事情などで墓を持たないようになってきています。その結果葬儀は「家庭葬」や「直葬」などの節約葬儀でも構わない家庭が多くなってきました。更に納骨についても「自然葬」「散骨」「永代供養」などというような従来の仏教にはない納骨のスタイルが定着してきています。

 

 

遺骨を自宅で保管する場合の例

現在は墓を購入してもその墓を維持管理する人がいない事や永代供養などを考えてみたけれど、やはり自分の家に保管する場合には不安になるようです。もし遺族の遺骨を自宅で保管する場合にはいくつかの注意することや供養の仕方がありますので紹介します。

自宅保管の場合の供養方法

遺骨は亡くなった人の形見として、大切に扱われてきました。遺骨はお墓に納骨しなければならないと法律で決まっていません。骨壺を自宅で保管する「手元供養」と呼ばれる供養のかたちが増えて来ています。又遺骨をペンダントやオブジェにして手元に残すようにする方法や又ダイアモンドやプレートに成型するなど、さまざまな手元供養の形式が増えています。更に永代供養などの合祀・合葬を望む人も増加傾向にあり、遺骨の供養方法も多様化してきています。

■永代供養

近年、利用者が増えている永代供養墓は、合祀墓(ごうしぼ)、合葬墓(がっそうぼ)などとも呼ばれます。価格の安い永代供養墓の埋葬方法は、合祀・合葬であることがほとんどです。
この場合、永代供養墓を共同利用するかたちで、血縁関係のない見ず知らずの利用者達の遺骨と一緒に埋葬されます。
次のような理由によって合祀・合葬を希望し、「自分のお墓を持たない」という選択肢をする方が増えています。

・お墓の後継ぎとなる家族がいない
・家族にお墓を継がせたくない
・お墓にかけるお金がない

などが主な理由として考えられます。

■合祀・合葬

亡くなった方のご遺骨を埋葬する方法に、合祀(ごうし)または合葬(がっそう)というものがあります。読んで字のごとく、合祀は「合わせて祀る(まつる)」という意味で、合葬は「合わせて埋葬する」という意味です。
どちらも同じく、骨壺から焼骨を取り出し、他の人のご遺骨と一緒にする埋葬方法のことを指します。遺骨は色々な人の遺骨とひとまとめにされ混ざった状態になり、長い年月をかけて土に還るかたちで地面に埋葬されます。

■遺骨を自宅保管する場合の法律上の規制

遺骨の取扱は墓地・埋葬に関する法律というのがあり「遺骨を埋葬する時や納骨する場合は市区町村が認めた墓地や納骨堂でなければならない」という決まりがあります。これは遺骨を必ずしもそこに入れなくてはいけないという法律ではありませんので、故人を弔うために祭祀継承者が遺骨を保有することが違法になるようなことはありません。

 

遺骨を処分するにはどうすればいいの?

「遺骨を処分」と聞くとどのような場合を想像されますか?あまりいい話ではありませんが、継いだお墓の納骨室がいっぱいになってしまった場合や、お墓を継ぐ者がいなくなってしまった場合など、実は様々な場面でやむを得ず遺骨を処分しなければならないことが生じます。
現在の日本では、きちんと火葬を済ませた遺骨であれば、お金をかけずに処分することができますので決して早まらず、その辺に捨てたりしないようにお願いします。もし遺骨を捨てた場合は逮捕されますので注意してください。

合法的な遺骨の処分方法

■費用をかけない処分

処分するなら自力散骨です。日本の法律では遺骨をそのまま捨てると違法ですが、正式に火葬された遺骨を粉骨して処理する分は違法ではなくなります。自分で粉骨した後は許可を得た私有地や、海上などに散骨すれば完了です。

■粉骨代行業者に依頼しての処分

実際やってみると分かりますが、粉骨作業は精神的ダメージが大きく、ましてや身内の遺骨となるとなおさらです。使用する器具をその為に購入するにしてもお金がかかり過ぎます。ですので、自分で粉骨できない方は粉骨代行業者に委託した方が良いと思います。骨壺の大きさで料金は異なりますが、平均的な7寸壺(関東や東北地方)であれば1.2万円で粉骨できます。関西や九州は5寸壺なので9千円です。骨箱や骨壺なども処分してくれますし、散骨しやすいように水溶性の紙袋に入れて返送してくれるので大変便利です

■海洋散骨代行サービスに委託して処分

粉骨してもらっても自分で散骨できないという方が多いようです。そんな方向けに遺骨の郵送回収から粉骨、海洋散骨の実施、骨箱や骨壺の処分まで一括で行ってくれる為とても便利なサービスがあります。東京湾への海洋散骨が2.5万円、国内の散骨先人気ナンバーワンの沖縄でも3.5万円という安価で実際に散骨するのは散骨情報誌「散骨@マガジン」の編集スタッフですので安心です。様々なメデイアに紹介され信用度抜群のサービスです
むやみやたらに火葬する前の遺骨を捨てたら、死体遺棄罪で3年以下の懲役です。

 

遺骨の分骨

生活様式や墓、菩提寺などの諸事情により分骨の希望が増えているようですが、手順や手続きはあまり知られていないようです。そこで分骨にあたって、知っておきたいことを紹介します。

分骨の方法と手順

分骨はタイミングによって次のように手順が変わります。

■火葬場で分骨

残された縁者が離れて住んでいることがわかっている場合には、火葬場で最初から分骨する方法があります。分骨してほしい人は骨壷を用意し、火葬場管理者に火葬証明書(分骨証明書)を出してもらいます。分骨する人が複数なら、人数分の証明書を発行してもらいます。
そのうえで、遺骨をそれぞれの骨壷に。分骨されたあとは、それぞれが納骨するところへ証明書の提出を行います。納骨せずに仏壇などで手元供養される場合は、証明書の提出は必要ありません。

■納骨後の分骨

すでにお墓に納められている遺骨を分骨するには、少し複雑な手順が必要です。

① 分骨証明書の発行

墓地の管理者に分骨証明書の発行をお願いしましょう。

② お墓の魂抜き。

次に必要なのが、お墓の魂抜き。”お性根(しょうね)抜き”など各地でいろいろな呼び方をされます。
一般的に墓石に何かをするときに必要な儀式で“閉眼供養”とも。墓石を動かして遺骨を取り出します。個人で墓石を動かせない場合は、無理せず石材店にお願いしましょう。
一部の分骨が済んだ後、骨壷をふたたびお墓に返すときは、返したあとに、お墓に魂を入れる儀式が必要です。

③ 関係者への事前連絡

お墓の管理者、菩提寺や神職、石材店などへの事前連絡や手続きが欠かせません。遺骨所有者(いわゆる喪主)以外の人が分骨を行いたいときには、所有者の承諾を得るところから始まります。

■分骨後の手続き

分骨したあと、お墓への納骨や永代供養などへ移すには、納骨先へ分骨証明書の提出が必要です。提出後に納骨します。分骨した遺骨を納めるには、必ず分骨証明書提出の手続きが必要ですから、大事に保管してください。
分骨するにあたっては、手続きより前に親族間で十分な話し合いが大切です。故人の想いや遺された者の想いをよく話し合ったうえでの分骨が、何よりの供養となります。

 

 

まとめ

故人を供養するのは残された家族の使命でもありますが、最近では供養に対しての使命感というものが希薄になってきて、永代供養が徐々に増えて来ています。この事実から見えてくるものは家族の事情により故人を供養する形態が大きく変化しているように思えます。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

 

関連記事

初盆ってなにするの!初盆のマナーは?初盆をしないこともある?

仏事ってどんなこと?仏事のマナーは?

喪主は誰がやるものなの?喪主のあいさつはどうすればいいの?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら