遺影について詳しく教えて!近年に撮影したものを選んだ方がいい?

身内の方が亡くなられて、お通夜や一連の儀式の準備をするうえで祭壇に飾る遺影用の写真の準備が結構大変です。遺影用の写真に的確なものをもっている人はあまりいないようです。ではそんな時にどのようにして遺影の写真を準備したらいいかなど遺影について詳しく紹介致します。

 

遺影とは

遺影は亡くなった人をしのぶために、用意される写真もしくは、肖像画で通常は葬儀の時に使われます。自宅では床の間に代々飾られるのを見かけたことありますよね。
遺影は通常は胸から上の肖像です、もし遺影として用意する場合、通常は写真屋でスナップ写真から本人だけを抜き取り遺影用のサイズの四つ切というサイズに引き伸ばして遺影を準備します。

更に社葬や団体葬など大きな葬儀の時はもっと大きなサイズに引き伸ばされます。葬儀の後は、代々のご先祖様とともに仏間に飾られるものです。
又遺影のフレームは漆塗りの黒、写真は着物を着たモノクロのものが昔から遺影として用意されていましたが「葬儀会場に冷たい印象を与える」、「白黒では子供が怖がってしまう」といった理由から最近の傾向としてフレームは自由になり、カラー写真が用いられる事が多くなっています。 尚、遺影の発祥、考案者などはまったくの謎です。

遺影に適した写真がない場合?

遺影は飾らなければいけないと葬儀での作法や決め事にありません。葬儀自体は昔から行われてきています。昔は勿論写真はありません、僧侶の意見として葬儀には位牌と花が祭壇に飾られていれば十分と言う考え方があります。何も昔の写真から無理やり遺影をつくる必要はないという考えもあります。
また、最近では遺影を事前に準備される方もおられそれをサポートする会社も有るようです。一部の葬儀社のサービスの一環として、パソコンを用いて、遺影の顔の輪郭などに調整を施したり、衣服を変えたりする等のサービスを行って、従来からある暗いイメージにならないような遺影を用意するようなサポートを行い、画像加工会社の中には、葬儀で使う写真を事前に預かって保管するサービスを始めた会社もあるようです。
今後遺影はSNSやWebにより画像処理で作品的な遺影になって来るにではないでしょうか。

 

遺影の選び方

現在は昔と違い遺影もカラーになり故人の素敵な表情が祭壇に飾られます。そんな思い出に残る遺影を選ぶための方法について紹介します。

遺影用写真を選ぶには?

■近年に撮影したものを選ぶ

遺影を選ぶ際は、なるべく亡くなった年に近いものを選ぶようにします。故人の年齢に近いものを選ぶことで、その年まで生きた証にもなります。年齢を重ねた故人の歴史を振り返るきっかけにもなります。高齢で亡くなったにも関わらず、遺影が学生時代の写真では、違和感があります。
また、長い間入院したりして病気が続いていたような場合は、病床中よりも、病気になる前の元気な写真や、病状が良い時に撮影した写真を選ぶ方が良いでしょう。

■いい表情で、カメラ目線のものを選ぶ

祭壇の真ん中に飾られる遺影は、故人の人柄や生き様を表す大事な写真です。ひと昔前までは白黒で無表情の遺影が一般的でしたが、現在は、フルカラーでも全く問題はありません。まず写真を選ぶ際は、表情の良い写真をひとまずピックアップし、その中から絞り込んでいきます。記念日にプロに撮影してもらった写真や、旅行先の写真などはよく選ばれています。故人が幸せだった瞬間の写真や、好きだったことをしている時の写真は、とても晴れ晴れとした表情をしていることが多いものです。

また、カメラ目線のものを選ぶことも大切です。参列者がお焼香をする際に遺影を見た際、遺影と目を合わせることができれば、故人と最後にお話しすることができたという気持ちが湧き、素敵な思い出として残ります。

■なるべく大きく写っているものを選ぶ

うまく写っている写真が見つかったら、その中からなるべく大きく写っているものを選びます。最近の写真はスマホでも解像度が高いため、ネガが残っていなくても好きな写真を引き伸ばして使うことが可能です。しかし、あまり小さく写っている写真だと、引き伸ばした際に写真が荒れてしまうこともあるので注意が必要です。ピントが合わずにぼんやりとした写真も、故人の印象をあいまいにさせてしまいます。また、引き伸ばしの際には絹目よりも光沢のプリントが綺麗なようです。

分からないことがあれば、葬儀社のスタッフに相談するとアドバイスや適切な対応をしてくれますので、迷った場合には相談してみることをお勧めします

遺影の飾り方

葬儀を行って故人を無事に見送るためにいろいろな物や人の準備、手配をしなければいけません。その中で悩ませる物の一つが「遺影用の写真」という声が多く有るようですがそんな遺影の悩みも現在の画像加工技術で遺影用の写真がなくても作ることができるため悩みも解消されるようですが、遺影については更に分からないことがあります。
その遺影は葬儀の後どこにいつまで飾らなければいけないのかというのは誰もが思っていることです。ここではそんな疑問にお答えします。

遺影の基礎知識編

ここでは遺影写真の基礎知識として、遺影を飾る場所や、飾っておく期間、葬儀後の飾り方をご紹介します。
遺影に適した写真の条件や、生前写真のメリットについても紹介しますので参考にしてください。

■遺影は宗教関係無く飾る

そもそも遺影とは、故人のようすを描いた肖像画、または写真を指します。
遺影には、故人をしのぶための記念写真といった意味があります。
位牌には「死者の魂の拠り所」という宗教的な意味合いがありますが、遺影にはそうした役割はありません。
あくまで故人に思いを馳せるための写真であり、宗教や国に関わらず、葬儀の際に遺影を用意します。

■遺影をどこに飾っておくか?

日本では葬儀の後、遺影写真をご家庭の仏壇の近くに飾ります。仏間に2,3段の小規模な白木祭壇「後飾り檀」を設けて、飾っておくのが一般的です。後飾り檀には遺影の他に、遺骨、仮位牌、香炉、お供え物などを祭壇に並べます。

■お葬式の後いつまで飾っておくべきか

遺影を含む後飾り檀は、一般的には四十九日まで飾ります。四十九日の法要を終えて、故人の魂がこの世を離れるまで、後飾り檀は故人が安らかに過ごす仮の住まいとなります。
お墓に納骨されましたらこちらの壇は不要になりますので、処分するか折りたたんでお盆や法事の際に利用するようにします。
四十九日が過ぎたあと、古い家庭では床の間などに先祖代々の遺影を掲げることが一般的でした。最近では、L版・2L版程度のサイズに焼き直して、フォトフレームとして仏壇の近くに飾ることが増えています。

https://goo.gl/images/JXCXLj

遺影の写真作成

遺影用の写真は後の項目で値段については紹介させて頂きますが、通常は葬儀社が打ち合わせを行って専門の写真屋に手配します。その時に費用として写真の大きさにもよりますがフレーム込みで千円代から一万円代は必要です。もし費用をかけたくないひとはパソコン(もしくはスマホ)があれば無料の画像アプリをとり込むことで、けっこう納得いく遺影写真が出来ますので一度チャレンジされてみてはいかがですか!?
参考までに自宅にプリンターがなくても自分で画像処理した遺影用写真は近所のコンビニにデータを送るとプリント出来ます。故人の思いを込めてオリジナルの遺影を作ってみてはいかがですか?

■遺影の簡単な作り方


https://goo.gl/images/ahxsKs

■自分で遺影を作るときのポイント

1.できるだけピントの合っている顔写真を選ぶ
2.顔を丁寧に切り抜く
3.服と顔のバランスを調整する
4.顔を明るくして服と違和感のない様にする。

■どんなソフトがいいか?

1.一般的には画像処理の定番Photoshopを利用する人が多いようですがこのソフトは有料でプロの専門会社で多く利用されています。
2.無料のソフトとしてPics ArtやGIMPは無料の画像処理として有名です。元がアメリカのソフトなために英語バージョンの時がありますが両方のソフト共にかなりの品質です。

遺影の写真の値段

先の項目で紹介しましたように自分で無料のアプリを取り込んで遺影用の写真を作成する費用はかかりません。その上に他にない独自の遺影ができます。しかしパソコンの環境がない方もおられますそんな方の為に遺影の写真を作ってもらった場合の金額を紹介します。

遺影写真プリントサイズ    価格  納期
データ渡し(メール)不問  5,000円24時間以内
プリント渡し手札(89×127)    5,800円翌日発送
キャビネ(127×178)    6,000円
四つ切(254×354)  7,000円
七五判(303×409)    7,400円
白黒リボン   300円翌日発送
プリント・高級額縁セット手札(89×127)    6,600円翌日発送
キャビネ(127×178)    7,200円
四つ切(254×354)    8,600円
七五判(303×409)    9,200円
プリント(焼増し)手札(89×127)      800円翌日発送
キャビネ(127×178)  1,000円
四つ切(254×354)    2,000円
七五判(303×409  2,400円

遺影の費用は葬儀費用として請求される為にあまり気にならないようですが、前の
価格表でわかると思いますが個別に注文するとけっこういい価格になります。手作り
の遺影もきっと故人も喜ばれますのでチャンスがあれば試してみてはいかがですか。

遺影の処分

遺影を処分するには、仏壇や位牌などと同じように魂やお性根を抜くことが、一つのけじめになります。故人の魂が宿ったまま遺影を処分することはやはり心苦しいものです
ご先祖様へ感謝の気持ちを表す意味でも、遺影の魂やお性根を抜くことは、ぜひ済ませておきたい儀式の一つです。

遺影の処分方法

ご先祖様などの遺影を処分するには位牌と同じように、遺影の魂やお性根を抜く事を行います。
「魂を抜く」という儀式を、魂抜き(たましいぬき)または、お性根抜き(おしょうねぬき)、もしくは閉眼供養(へいがんくよう)といいます。
魂抜き・お性根抜きには、ご先祖様の魂が遺影に宿ったまま処分してしまわないよう、魂を天(浄土)に返してあげるという意味があります。魂を抜くことにより、遺影を単なる写真に戻します。
魂抜きやお性根抜きを行う際には、お坊さんに読経を依頼します。通常は、遺影だけを単独で処分することはほとんどありません。そして多くの場合、お仏壇やお位牌とともに魂抜きをお願いします。
お坊さんとお付き合いがあるとか、すでにどこかの寺院の檀家(だんか)さんである場合は、直接お坊さんに魂抜き(お性根抜き、閉眼供養)をお願いしてください。
檀家とは、平たく言えばその寺院の登録会員みたいなものです。檀家さん以外には、一般的にお坊さんは読経をしてくれません。つまり、「一見さんお断り」という寺院も多いようです。
檀家離れが進んでいる近年では、寺院やお坊さんとお付き合いのない方も多いです。そうした場合には、「ご供養仕舞い専門業者」に依頼するか、「お坊さん紹介・派遣サイト」などで検索してお坊さんを探し、魂抜き・お性根抜きの依頼をしてください。

 

まとめ

いかがでしたか知ってそうで意外に知らない遺影について葬儀の時に重要なことでまた処分するのも供養が必要なことなど知らない事が遺影に限らず位牌、墓、宗派、菩提寺等さまざまな葬祭儀式での作法があります。今後このような日本の庶民文化はこれからの世代にどのように伝えられていくのか不安になります??

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

遺影の素材はどこから?遺影の素材の選び方は?

仏壇って買い取りしてもらえるの?買取手順は?店の探し方は?

葬儀の費用ってどのくらい掛るの?平均は?安く済ますためには?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら