遺影の素材はどこから?遺影の素材の選び方は?

もし両親が亡くなられた時に遺影に適した写真を見つけること出来ますか?はこれが結構大変な作業のようです。今はスマホやデジカメで簡単に高画質の写真を撮ることができますがデータがどこに保存されているか本人以外でわからない状態のようです。そこで今回は遺影の写真がない場合どのようにしたらいいかについて紹介します。

 

遺影の素材とは

葬儀の際にもっとも参列者の印象に残るものは「素敵表情で語りかける故人の遺影」ではないでしょか。生前に撮られた笑顔あふれる遺影を見れば故人との楽しかったときの記憶が蘇ります。葬儀は故人の最後のお別れの時ですからできれば参列者の心にも良い印象を刻んでもらいたいものですが、その為遺影となる素材の選別は葬儀を行う上で問題となることトップ3に入る程難しいことのようです。

遺影の本来の目的と適した素材

遺影の本来の目的は故人を偲ぶために作られる写真もしくは肖像画です。通常は葬儀の時に祭壇に飾り、葬儀終了後は自宅の床の間に代々飾られる事が一般的な遺影の扱い方です。

遺影は通常、胸から上の肖像であり、特に写真の場合、スナップ写真から本人だけを抜き取る事ように加工してさらに遺影のサイズの四つ切に引き伸ばされます。社葬や団体葬など大きな葬儀の時はもっと大きなサイズに引き伸ばされます。

本来遺影の素材は自分の気に入った写真を用意すべきですか、大半が旅行や結婚式などに参加した時の集合写真などからの拡大・修正することが多いようです。現在デジカメやスマホなどで簡単に高画質のスナップ写真が撮影できデータとして多くの記念すべき瞬間を保存できます。しかし現実は遺影用に利用する時に、残されたデータが家族で見つけることが難しい状態が多いようです。今は写真の加工は少しパソコンができる方がいれば豊富な写真加工アプリが無料で利用できるのでそれを利用して遺影用に加工して準備することも可能です。いざというときのため、遺影の素材として準備されてみてはいかがですか。

 

 

遺影の素材の選び方

いくら画像加工の技術が進歩して写真屋が遺影用に素晴らしい写真に加工してもらえるにしても、元の写真やデータは自分で撮ったスナップ写真などから選ぶことになります。最近では亡くなった時の為に毎年誕生日などに写真館で遺影用にプロに撮影してもらう高齢者もいるようです。その様に事前に遺影の写真を準備している方はわずかでほとんどは自分の写真から加工して遺影にされているようです。

遺影の素材の写真

デジカメやスマホで家族や自分が撮影したものは、加工を加える前の素材だと思ったほうが良いでしょう。遺影用の写真に利用する時のポイントは次のような点が挙げられます。

1.1番のポイントはピント

ピントが合っていないと、ボヤッとした変な写真になってしまうので、ピ
ントのきっちりとあった写真を選ぶことです。

2.遺影写真に適したサイズ

遺影写真は胸から上が映っているものを額に入れます。もともとの写真が拡大しても問題のないものでなければ、拡大した時に画質の荒い遺影写真になります。目安は、顔の部分が親指より大きいものが遺影用に適した写真です。ぎりぎり親指と同じサイズがベストですが、余裕があればあるほど加工していい状態に仕上がります。

3.写真のネガの場合

ネガを持参し、大き目にプリントしてもらうようにします。

4.近年に撮影したものを選ぶ

遺影を選ぶ際は、なるべく亡くなった年に近いものを選ぶようにします。故人の年齢に近いものを選ぶことで、その年まで生きた証にもなります。年齢を重ねた故人
の歴史を振り返るきっかけにもなります。高齢で亡くなったにも関わらず、遺影が学生時代の写真では、違和感があります。
また、長い間入院したりして病気が続いていたような場合は、病床中よりも、病気になる前の元気な写真や、病状が良い時に撮影した写真を選ぶ方が良いでしょう。

5.遺影の素材の服装

服装に関しては、昔は喪服にすることが風習になっていましたが、最近ではそのような決まりは無くなってきておりその人に合った服装を選ぶことが多くなってきています。

しかし、あまりに奇抜な服装の場合は加工で差し替えすることをおすすめします。
また、帽子や眼鏡などは目に影ができたり、反射したりして写らなかったりするので注意しましょう

以上のような点を重点的に考え、素敵な表情の写真を選んで遺影にしてみてはいかがですか。

 

遺影の素材のアプリ

スマホが世の中に出てから写真に関して考え方、扱い方が大幅に変化してきて、プリクラでも言えるように写真を撮る事に加えて「加工」する楽しみができ、最近では「イースタ映え」等の流行語も出来るほどSNSを利用して自分独自の画像に加工して発信するという楽しみ方に変わって、それと同時に加工するための画像アプリの豊富な種類と無料という便利さもあり年代を超えて写真に興味をもつ人が増加してきています。そんな従来は専門家が行うものとして扱われていた写真の加工もアプリの登場で一般の家庭でも簡単に遺影用の素材としての写真の準備ができるようになりました。

代表的なアプリを紹介しますが、アプリに関して使う方の相性というものや持っておられるパソコン等の端末のOSによって違いがありますが一般的人気の画像加工アプリを紹介します。

遺影に適したアプリトップ10

アプリ順位・開発元   特徴
 

 

 

第1位 pics art 無料
Pics Art Photo Studio: コラージュメーカー & 画像加工
開発:Pics Art
フィルタ、エフェクト、文字、コラージュなど、あらゆる加工機能を網羅建物が散っちゃった⁉ 他にはないアプリ独自の加工で個性的に他の人が加工した写真を見られる。新たなインスピレーションを貰える
 

 

第2位Adobe Photoshop Fix無料

開発:Adobe

 

 

なぞって写真の邪魔者を自然に消去。高い完成度を誇るレタッチツール顔の輪郭を細くしたり、デカ目にしたり。本来の美しさを蘇らせる機能も選択箇所は自動認証。でも精度が高く、スマホでも質の高い加工を実現
 

 

 

第3位 Pico Sweet – 1タップでかわいいデコ かわいい写真加工 ピコスイート
開発:ANDG
フィルタ、フレーム、スタンプを使ったデコが作れる写真加工アプリCUTE、LOVE、FUNなどシチュエーションに合わせて雰囲気を演出もちろん時間のあるときは自分で編集も可能。細かい部分にもこだわれる
 

 

 

第4位17 Live(イチナナ) – ライブ配信 アプリ
開発:17 Media (H.K.) Limited

モデル、歌手、俳優などが生配信。気軽に会話できる中国やアメリカのユーザーも多く、国際交流にもなるギフトアイテムを贈り、好きな配信者を支援する機能も
 

 

 

第5位Buzz Video(バズビデオ)-暇つぶし・GIF・面白動画・映画・恋愛・アニメ
開発:Top Buzz Japan

動画&GIFを無料配信。YouTubeのエンタメ動画が集約されている3分程度と短めの動画が多め。スキマ時間に楽しむのにピッタリ!画面が薄暗くなる「夜モード」。寝る前に視聴するときに役に立つ
 

 

 

その他おすすめアプリ
GMIPソフトウェア
使ってみて加工の精度の高さに驚きます。
GIMP は、無料とは思えないほど本格的な画像編集、加工ソフトです。そのため、有償の Adobe Photoshop の代わりに GIMP を使い始める方が多いでしょう。

 

以上使ってみて写真の加工を行うアプリとしてベストのものを紹介しましたが、Googleプレイを開くといろいろな目的によって違うアプリが用意されています。遺影の素材として一度お手持ちのスマホでチャレンジしてみてはいかがですか?

遺影の素材の注意点

前の項目でも紹介しましたように豊富な種類のアプリも含めて、写真の加工はかなりの品質の向上でいい遺影をつくることができるようになりました。しかし加工の技術が向上しても素材の根本的質がピンボケや原版の劣化などは注意するべき点でほかにも注意点を紹介します。

■注意する状況

①素材の写真がいくら素敵な笑顔でもサイズが小さいなどの問題がある場合には、一応候補として写真屋にもっていき、加工出来るかどうか確認してみてください。
②サイズ的にみると、1人で映っているよりも2人から3人で映っている写真のほうが加工しやすいかもしれません。
③遺影写真として使用するには本人が大きく映っているほうが、遺影写真に適しています。
④きれいに仕上げたいのであれば、集合写真は選ばないほうが無難かもしれません。

■デジカメ・スマホなどのデータの使い方

現在は写真を撮るには、デジカメやスマホが主流となっています、多くの人が手持ちのもので撮影してもある程度の品質のものは撮ることは出来ます。

しかし、ここで注意するのが、元のデータの画素数とサイズが大きいものを素材として選ぶという点です。

① デジタルカメラから紙へ印刷

素材として写真屋へもっていく場合には、インクジェットプリンターを使わずに、写真屋にて印画紙にプリントしてもらったほうが良いです。

② 遺影写真に加工する時に拡大します。

拡大の加工が終わった後でもきれいに仕上がるのは印画紙なので、写真屋へ持参するときは、なるべくデータでもっていきましょう。

 

まとめ

昔の写真はほとんどが旅行や家族の成長など「思い出」として撮ることがほとんどでした。しかし現在はインターネットの急速な進歩とラインなどのSNSが身近に使え、画像を情報として楽しむようになり遺影も白黒からカラーへまた画像処理により素敵な遺影をつくることが出来ます。今後は作品的な独自性の遺影になっていくのでは!?

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

遺影について詳しく教えて!近年に撮影したものを選んだ方がいい?

仏壇って買い取りしてもらえるの?買取手順は?店の探し方は?

葬儀の費用ってどのくらい掛るの?平均は?安く済ますためには?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら