CPR心肺蘇生法について教えて!手順は?資格は必要?

日常生活の中でCPRを使うことはあまりないことと思います。しかしいつCPRを使うような事態に出会うかわかりません。突然通行人が倒れて意識をなくす時や、家庭で身内
が倒れることもあります。そんな時にCPRができるか、できないかで緊急時の救命率が大幅に違ってきます。そんな知っておくべきCPR(心肺蘇生法)について紹介します。

CPR(心肺蘇生法)とは

CPR(Cardio Pulmonary Resuscitation) 日本語的には心肺蘇生法と言います。何らかの要因で呼吸が止まり心臓も動いていない人の救命の為の循環補助法です。
人間の脳はダメージを受けて2分以内に心肺蘇生を開始さした場合の救命率は90%と高くそれが 4分から6分経過すると低酸素状態になり5分で救命率25% と低くなります。

一次救命措置の重要性

今貴方のそばで突然人が倒れて呼吸もしていない状態であったら、どのような措置をとりますか?まず119番に連絡して救急車の要請をします。しかし救急車も同時に来る
ことは出来ません消防局の資料によると平均的に6分~10分とされています。その救急車到着迄の10分間が重要な一次救命措置になります。
つまり、救急車が来るまでの間に私たちが何をするかによって、その後の生死が大きく左右してきます。

■BLSとAEDでの一次救命措置

BLSとは、Basic Life Supportの略で、日本語では一次救命処置といいます。
一次救命処置とは、呼吸が止まり、心臓も動いていないと見られる人への救命の可能性を維持するための処置の方法です。
心臓が止まってから短時間で低酸素に陥ってしまう脳への酸素供給維持を目的とし、胸骨圧迫と人工呼吸、またAEDの使用により心肺蘇生を行います。

そのためには心肺蘇生法を関係省庁が定期的に行っている講習会でCPRをしっかりと学ぶことで緊急時に対処できるようになります。

CPR(心肺蘇生法)のガイドライン

JRC蘇生ガイドラインは5年ごとに見直しが行われて最新版が平成27年10月発刊の2015年度版蘇生ガイドラインになります。総ページ数が600ページにも及ぶため中から重要ポイントを選んで紹介します。本ガイドラインは次のような構成です。
第1章 一時救命措置 (BLS)
第2章 成人の二次救命措置(ALS)
第3章 小子の蘇生(PLS)
第4章 新生児の蘇生(NCPR)
第5章 急性冠症候群(ASC)
第6章 脳神経蘇生(NR)
第7章 ファストエイド(FA)
第8章 普及教育のための方策(EIT)
このガイドラインは日本蘇生協議会(JRC)の会員である学会員から構成するガイドライン作成委員会が、国際蘇生連絡委員会(ILCOR)による2015 Consensus on Science with Treatment Recommendations (COSTR)に基づいて作成した救急蘇生のためのガイドラインです。

また、このガイドラインは心肺蘇生法の基本となり、消防署や赤十字が行う心肺蘇生法やAEDの救命講習の内容はこのガイドラインに従って作成されます。

■2010年版からの変更点

    変更点 2010版ガイドライン 2015年ガイドライン
胸骨圧迫の深さ5cm以上 5cm~6cmを超えない
1分間のリズム100回/分以上100回~120回/分
胸骨圧迫時の胸の位置押したら胸を元の位置に戻す圧迫と圧迫の間力を入れすぎないようにまたもたれかからないよう注意しましょうか
胸骨圧迫の中断最小限中断の時間を最小限中断の時間を10秒以内

 

 

 

CPR(心肺蘇生法)の手順

現在日本赤十字や消防局で実施されているCPRの定期講習会で使用されている手順は日本蘇生協議会(JRC)作成のガイドラインに基づいたもので実施されています。

実際にCPRを必要とする現場にいた場合、救急車が来までの一次措置として非常に重要な事です。日本赤十字社や消防署で定期的に開催している心肺蘇生の講習会で習ってからではないと生死につながることですのでその点は十分注意してください。次の項目で資格について紹介しますので参考にしていただければと思います。

 

 

CPR(心肺蘇生法)をするには資格が必要?

AEDや心肺蘇生を行う場合基本的に資格は必要ではありません。しかしAEDを設置している所の設置管理者の立場としては従業員などを指導することになればやはり資格は取得されたほうがいいのではないでしょうか。そこで緊急時、AEDや心肺蘇生を速やかに行えるように救命の資格について紹介します。

■緊急救命関連資格

[救急救命士]

救急救命士は国家資格です。そのため、救急救命士として働くうえでは救急救命士国家試験に合格することが必要ですが、この試験は誰でも受けられるわけではありません、決められたルートをたどって「受験資格」を得なくてはなりません。
受験資格を得るための代表的な方法のひとつが、救急救命士法34条で定められた「救急救命士養成所」で、所定の単位を習得することです。
国家試験は年一回行われ、受験資格を得るには「救急救命養成学校」に2年以上通うか消防署で5年間の勤務+半年間の研修を終えることが条件になります。合格率は比較的に高く例年では80%以上になっています。

[救命技能検定証]

心肺蘇生やAED、異物除去、止血法などを学ぶ普通救命講習やAEDの知識確認と実技の評価を加えた自動体外式除細動器業務従事者講習を受講すれば発行されます。講義は実技中心になります。3時間くらいあるうちで座学は1時間程度。あとは胸骨圧迫、人工呼吸、AEDの実技を学んでいきます。

[上級救命技能検定証]

救命技能講習で学んだ内容に加え、乳幼児の心肺蘇生法や傷病者の管理、大出血時の止血法、搬送法といったより幅広く、専門的な内容の救命講習を修了した人には、上級救命技能認定証が交付されます。

各自治体の市役所や消防署で講習が実施されています。受講資格の年齢制限や実務経験などは特に定められていませんが、基本は受講する地域に在住している、通勤・在学している人を対象にしています。講習時間は8時間です。

<h4<[応急手当普及員]

応急手当普及員は消防機関が主催する24時間の応急手当普及員の講習を受講して、基礎医学や模擬講習などの実技課程を修了して、かつ筆記と指導実技の効果測定に合格したら消防長より認定されます。応急手当普及員に認定されることで一般の人に対して緊急時の応急処置の方法やAEDの取り扱い、心肺蘇生等の指導できるようになります。

CPR(心肺蘇生法)の成人、高齢者で違う

心肺蘇生を必要とする状況で成人と高齢者では応急処置の段階から違ってきます。成人の場合は通常のCPRの手順で措置を行う事が出来ますが、高齢者の場合は加齢によるも

の、いろいろな疾病によるものなど体の状態が成人とは条件が違っているために緊急時の処置や対応も違ってきます。又最近では緊急時の心肺蘇生を家族から「蘇生拒否」の申し出があります。その理由として終末期の高齢者に延命治療となる心肺蘇生を望まない家族があり、いま高齢者の緊急時対応は難しい局面になっています。

心肺蘇生拒否の現状

高齢者の緊急時の搬送で心肺蘇生措置を施す際、家族からの申し出で「蘇生拒否」を求められ救急の現場で救急隊員が判断に、苦慮するような事実が新聞社の調査で明らかになっています。調査の対象として政令都市や県庁所在地の消防局、消防本部52機関で行いすべての機関から回答を得たものです。その調査によると

Q1.過去に蘇生中止の有無について・・・「ある」4割の20機関
Q2.誰から蘇生中止申し出があったか・・・「家族」「介護施設の職員」半数以上
Q3.利用者の意思は・・・・「中止の意思を書面で残していた」

現在高齢者の緊急搬送については要請時の高齢者の状態が心肺蘇生を必要な場合
もし家族から延命治療にもなる心肺蘇生の中止の申し出があった場合は家族の要望は緊急隊員独自の判断では中止することはできません。医師の指示書に基づいた処置をとることになります。家族としては終末期の高齢者にこれ以上の延命措置は望まないようですが、救急隊は119番で緊急要請された場合、消防法に基づいて死亡が明らかな場合を除いて傷病者の応急処置を行い病院へ搬送するものと定められています。現状では緊急搬送の要請時に心肺蘇生を必要とされる状態の患者に対して家族からの要望でも患者が死亡していない限り救急隊は生命の確保のために蘇生や医療行為を行う事が緊急搬送の前提となっています。その結果で家族からの訴訟になこともあるようで、今後ますます高齢化が深刻な環境になっていく中でこの「終末期の高齢者の措置に関する国の統一見解」を打ち出す事を多くの救急隊員は望んでいることです。

 

 

まとめ

CPR(心肺蘇生)AEDが必要になる事は日常生活の中であり得ることです。その為公共施設を始め駅やショッピングセンター等にAEDの設置が目立つように置かれて緊急時に誰でも対応できる環境になってきています。心肺蘇生が必要な状態になる事は乳児から高齢者まで可能性はありますので、消防署で講習を受けてその時に備えてみては!!
なお、救急救命士の勤務先のほとんどは消防署であるため、そこで働くためには、消防官採用試験にも合格しなくてはなりません(消防署以外に、自衛隊、海上保安庁、警察などで活躍する救急救命士もいます)。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら