グリーフケア(悲観ケア)ってどんなこと?終末期が始まった時からグリーフケアは始まる!

もし自分の子供や両親、配偶者が亡くなった時の悲しみの深さは計り知れないものがありしばらくの間生活への復帰もできないような状態になることがあります。そんな悲観の状態から1日でも早く立ち直るようにお世話してくれる方法のひとつがグリーフケア(悲観ケア)です。ここではグリーフケアについて詳しく紹介します。

 

グリーフケア(悲観ケア)とは

人はいつの日か自分の一生という命の火が消えていく時が必ず来ます。それは自分かもしくはまだ幼い子供か年老いた親か誰か予測ができるものではありません。例えば身内で亡くなられた場合その悲しみは他人より深いものです。しかしその悲しみの度合いは一般的には子供、配偶者、親と言われています。特に親より先に子供が亡くなることは親としては悲しみは言葉で表現できません、中には母親が悲観のどん底から立ち直れないことに、なるようなこともあります。そんな時に救いの手を差し伸べてくれるのがグリーフケア(悲観ケア)です。

グリーフケアに求められるもの

グリーフ(griefは悲しみ)ケア(careは世話)の意味があり自分に近しい人を失くした場合に悲しみの深さに日常生活への復帰ができないような状態になることもあります。その状態が続くとうつ病や他の疾患を発症する可能性が出てきます。そんな悲しい状況から精神的に立ち直り、社会に適応できるようにするためにグリーフケアでお世話することで立ち直りを図りますます。

「愛別離苦」という言葉があります。愛しい人を亡くす苦しみということで その悲しい苦しみは他人が言えるほど簡単な状態ではないようです。 通常深い悲しみには過程というものがあり、それはショック期 → 喪失期 → 閉じこもり期 → 再生期の過程を経て復帰の道があります。その復帰の過程を世話するのがグリーフケアです。

 

グリーフケア(悲観ケア)方法

グリーフケアが必要な状態(症状)が単なる落ち込みとどう違うのかそれを判断するための方法を紹介します。

グリーフケアが必要な症状

どんな病気でも原因や症状というものがあります。深い悲しみから立ち直るために
グリーフケアがお世話しますが、そこにもグリーフケアを必要とする原因や症状が必ず存在します。そこでグリーフケアが必要な症状について紹介します。

① 情動的症状

激しい悲しみ、怒り、うつ、不安、無気力感、罪悪感、孤独感など

② 身体的症状

睡眠障害、食欲不振、疲労感

③ 行動的症状

混乱、動揺、集中力の低下

このような症状が現れて放置しておくと最悪次のような疾患を発症する恐れがあります。

悪化の疾患

① うつ病性障害
② 外傷ストレス障害(PTSD)
③ 不安障害
グリーフケアが必要な症状を紹介しました。ではその症状をケアするための方法のポイントを紹介します。

■グリーフケアを行う時の重要なポイント

① 悲しみを肯定する

特に日本人は自己表現が苦手だと言われていますが、悲しみに対しても同じことがいえます。 とりわけ男性の場合、体裁が気になるということで悲嘆感情を強く抑え込む傾向があります。
グリーフケアを行う際、最初にこの悲嘆感情は人として自然な感情であることを示し肯定してあげることからしましょう。

② 悲嘆を表現させる

故人について会話したり、故人への手紙などを書いたりなどで、自己表現してもらうのが最も一般的な方法です。
この際 写真や遺品など故人を連想しやすいものを手元に置いておくとスムーズに感情表現できることがあります。

③ 儀式を利用する

葬儀やお別れ会、偲ぶ会などの儀式は故人の死を受け入れる良いきっかけになるため、積極的に参加しましょう。これら儀式を利用するのもグリーフケアに必要な1つといえます。

④ 専門家に相談する

自分や家族、友人だけでキチンとグリーフケアができない場合はグリーフケアの専門家や団体に相談することができます。

専門的な知識をもった相談員が在籍している機関や死別経験者が互いに寄り添う団体があります。

同じ境遇の人と寄り添うと精神的に楽になるため、グリーフケアに役立つと考えられます。

グリーフケアを行うには資格者のグリーフケア・アドバイザーやグリーフカウンセラーなどの専門家に依頼するのも一つの方法ですがその結果については 絶対というものはないようです。次の項目で資格について紹介します。

 

グリーフケア(悲観ケア)資格がある?

現在グリーフケアの資格にはグリーフ・カンセラーとグリーフケア・アドバイザーの
資格があります。両方共に公的資格ではなく、民間の資格になります。

■ 資格の内容

グリーフアドバイザー2級グリーフアドバイザー1級
講習時間1日2日
受験資格18歳以上の誰でもグリーフアドバイザー2級取得
学  科・グリーフケアの基礎・悲観のプロセス・遺族の心得・注意点・グリーフケア経緯・予期による心痛・自助目標と演出法・グループケアの実施と注意・グループ療法
グリーフアドバイザー特級グリーフカウンセラー(入門)
講習時間2日3時間、隔月一回
受験資格1級講座の修了認定を受けた方一般及び支援者のどなたでも
学  科・知識をもとに演習を徹底する。

・グリーフケアのワークショップのワークの実際・トレンディ

その対処法

グリーフ・カウセラーの資格には基礎編、上級編、トレーニング編があります。いずれも規定時間講習を受けることで資格を得ることができます
資格発行先日本グリーフケア協会グリーフ・カンセリング・センタ

現代社会において生命の危機に遭遇することは何も病院だけではありません。交通事故また今年の夏のように豪雨、地震、台風等の天災で亡くなられ方が多くおられます。そ

の中には、まだ世の中にでて数年の命が奪われた家族は数知れない事だと思います。 グリーフケアを病院の入院時以外の災害現場でも使えるような改善策が必要ではないでしょうか。

グリーフケア(悲観ケア)と看護

看護師が行なうグリーフケアは、療養生活から終末期、臨終時、看取り後を通して、継続的に関わることができるという特徴があります。この継続的な関わりによって、看護師は、看取りの経験を家族と共有し、信頼性の高い心理的ケアや適切な社会的支援を提供できる可能性があります。

さらに看護師は、継続的な関わりによって培われた家族との関係性から、より効果的なグリーフケアを提供できるようになります。では終末期、臨終時、看取り後に分けて、具体的にみてみましょう、

看護師よるグリーフケアの流れ

看護師は介護職などと違って患者の療養生活から人生最期の看取り迄ケアすることが可能でその結果として以下のようなことが明確になります。

療養生活開始から終末期のグリーフケア

① 家族対し死の受けとめ方の促進および看取りの体制の説明

家族が、療養者の病状悪化や死期が近づいたことを受け止め、自宅で看取ることができるように、看護師が説明を行う。

・死が近づいてきた病状を説明する。
・家族に療養者が会いたい人に会わせるよううながす。
・着物の準備など、看取りの準備を確認する。
・死亡時の対応、看取りのサポート体制を知らせる。

② 家族の意向を尊重した介護の継続の支援

・家族が納得のいく医療の選択や看取りのあり方を決定できるように専門職と話し合い、
また、家族が仕事や趣味を維持しながら、悔いを残さない日々の介護の継続を支援する。

③ 家族の思いへの共感

家族の不安や思い出に耳を傾け、家族の思いをありのままに受け止める。

 

まとめ

人が亡くなることは友人でも家族でも悲しみは同じように思えますが、実際は自分に近い子供や両親が亡くなるとその絶望感は図り知れない悲しみに襲われます。そんな悲しみの深い状態から立ち直るようにすることは家族が努力しても不可能な事態も多いにあります。
グリーフケアはそのような時に救世主になれれば真の救世主の存在となります。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら