葬式の花輪について教えて!どんな種類があるの?料金相場は?

皆さんは葬儀の花についてお通夜や葬式などで花の種類や違いがあるって事、ご存じですか?お寺の門前や斎場の入り口に華やかに飾ってある花に驚きさえ感じることもあります。しかしその花の意味やどんな花がいいのか分からないことが多いと思います。そこで葬儀の花を贈る時に困らないように詳しく紹介します。

葬式の花輪とは

まず葬儀や通夜に用いられる花、生花には様々な種類があります。種類が多いので花輪を贈る前には必ず先方の宗教を確認しましょう。
花輪とは下の画像のようなものを言います。花環と書くこともあります。飾るのは葬儀会場によって異なり中には飾ることができない斎場もあります。

 

花輪の中には造花で作られたものもあり、 そういうものはキリスト教では使用できません。 京都のような一部の地域では花輪自体を用いない地域もあります。

■花輪は誰から贈られるものですか?

最も多い送り先は企業からです。故人の勤務先や取引先などからも多く飾られます。他にはその他団体、組合からも贈ってきます。
http://www.k-ikuta.jp/wreath.html

■花輪の地域による特徴

花輪は白を基調にした造花で構成され、地域により色合いが異なります。地域(主に関西)によっては、花輪を飾らず樒(しきび)という植物を花輪のようにして飾るところがあります。

■ 花輪の目的

1.花輪は、主に慶弔の意を表すために用いられます
2.花輪には供花としての役割だけでなく、魔除けの意味合いもあるようです。
3.花輪一つを1基といい、2基を1対として表します。
4.花輪は白を基調にした造花で構成され、地域により色合いが異なります。

■ 葬儀において花輪のお供え場所

花輪は、葬儀場の入り口など建物の外に飾られます。
花輪は大がかりな供花なため、葬儀場によっては飾ることができない場合もあります

花輪は葬儀を行う葬儀社に連絡をして手配をして頂くのが一般的です

 

葬式の花輪の種類

葬儀用の 花輪の種類としては枕花(まくらばな)をはじめとして4種類あります。それらの花輪特徴やいつお供えすればいいかなど紹介します。

種類とお供え時期

花輪の名前  お供え時期花の特徴
枕花(まくらばな)通夜の前から飾る花枕花とは、亡くなった人の枕元に飾る花のことをさします。故人のすぐそばに、通夜の前から飾りますただし、枕飾りの花瓶に飾る花やしきみをさすのではありません。
(枕飾り=まくらかざり。遺体の枕元にしつらえるかざりのこと。僧侶に枕経をあげてもらう際に用意する
供花(きょうか)通夜と葬儀供花とは、故人の供養のためにお供えする花のことをさします。お供物などと同じように、祭壇に供えます。通夜に間に合う場合には、通夜の日の午前中までに。葬儀葬式に贈る場合には、できるだけ前日までに届くよう手配します。
花輪(はなわ)通夜と葬儀地域によっては、葬儀の際に葬儀場の周辺に花輪を飾る地域があります。葬儀の式場によっては飾ることができないこともあり、注文手配の際には注意が必要です。
供花スタンド通夜と葬儀花輪と同じような役割を果たすものとして、供花スタンドがあります。但し、花輪は式場の外に飾るのに対し、供花スタンドは入り口もしくは祭壇の左右に(広い会場の場合)飾ります。
献花(けんか)葬儀・告別式葬儀告別式では、参列者が焼香をする代わりに、お花を1本ずつ祭壇に捧げるかたちがあります。この時の花を献花と言います。

■キリスト教の花輪はどんなの?

キリスト教飾る時期    花の特色
枕花(まくらばな)通夜の前から飾る花●キリスト教の場合の枕花では、教会に持ち運ぶことができるように小ぶりの籠に入れたものなどが多いようです。
●仏教で良く用いられる白い菊は、キリスト教ではあまり用いられません。百合、小菊、スプレー菊はアレンジの中に取り入れられることがあります。なお、バラの花は棘があるため用いません

 

葬儀で使う花ついて紹介しましたが ここで紹介しました花輪を使用する時に「作法が」あります。次の項目で花輪の更に必要されている事を紹介しますのでしっかりと覚えて自分の知識としてください。

葬式の花輪代

訃報の知らせはところ構わずいつ来るかわかりません。親しい友人などの葬儀には香典以外にお花も備えたいものですが花も生花であればいい価格はします。そこで事前に花の価格をチェックしていると注文の時不安が少なくなることだと思います。

■花価格の相場

  花の種類  相場価格   花の種類
あ枕花(まくらばな)斎場などに送る場合

5,000~20,000円

フラワーアレンジメントでユリ、菊、ランキュラスなど
献花(けんか)7,500円~15,000円献花に使われる花は白い花で、生花です(造花はNG)。花の種類は問いません
供花スタンド15,000円~25,000円スタンドにアレンジメントした大きめの花
花輪15,000円~20,000円デザインは地域によって異なる
供花(きょうか)7,500円~15,000円仏教で良く用いられる白い菊は、キリスト教ではあまり用いられません。百合、小菊、スプレー菊はアレンジの中に取り入れられることがあります。なお、バラの花は棘があるため用いません

 

花は誰が贈るの?

花輪の種類と相場の金額など紹介しましたがではこの花輪は誰から贈るのが作法なのかわかりますか?その疑問にお答えします

花輪の名前        贈る人
枕花(まくらばな)故人と特にゆかりの深い人や、故人と特に親しかった人が、亡くなってすぐに枕元に飾る花をさします。
葬儀が終わるまでずっとご遺体のそばに飾る花ですので、大げさなスタンド花や花輪ではなく、故人と遺族の気持ちに寄り添う花として贈ります
献花(けんか)故人と親しかった人が贈るほか、遠方のため通夜葬儀に参列できない人が贈ることがあります。
また、子供一同、孫一同、親族一同といった形で遺族が贈り、会社など職場から供花を贈ることもあります。
花輪企業から贈るケースが最も多いようです。故人または喪主の勤務先もしくは取引先などです。社葬の場合などは、数十〜百本以上ズラリと並ぶこともあります。他には団体、組合、議員なども出します。
もちろん個人が贈っても構いませんが、個人の場合には最近は花輪よりも供花スタンドや一般的な供花(フラワーアレンジ)を贈る方が多いようです。
供花(きょうか)葬儀告別式では、参列者が焼香をする代わりに、お花を1本ずつ祭壇に捧げるかたちがあります。この時の花を献花と言います。

 

 

葬式の花輪のマナー

最後に作法やマナーが多いと言われている葬式での花輪のマナーについて紹介したいと思います。

花輪の名前      マナー
枕花(まくらばな)お通夜の前に届くように贈ります。 「亡くなってすぐに贈る」と言っても、あまり早すぎるとかえって失礼となります。訃報を受けてから贈るのがマナーです
献花(けんか)香典の代わりとして、通夜葬儀に参列できない人が送ることもあります。
また一方で香典もお渡しし、それとは別に、更に供花やお供物を贈る事もあります。
花輪香典の代わりとして、通夜葬儀に参列できない人が送ることもあります。
また一方で香典もお渡しし、それとは別に、更に花輪を贈る事もあります。
故人もしくは喪主の勤務先や取引先などが贈ることもあります。
葬式に贈る場合には、できるだけ前日までに届くよう手配します。但し、葬儀の会場によっては飾れないこともあるので、葬儀社に必ず確認してください。
供花(きょうか)香典の代わりとして、通夜葬儀に参列できない人が送ることもあります。
また一方で香典もお渡しし、それとは別に、更に供花やお供物を贈る事もあります。
以下のいずれかのタイミングで届くように手配をします。
(1)お通夜に間に合う場合には、お通夜の日の午前中までに届けます。
(2)葬儀葬式に贈る場合には、できるだけ前日までに届くよう手配します。

 

ここまでは花輪と葬式での花についてマナーや金額的な心配事を紹介してきましたが葬式のマナーではほんの一部だと思ってください葬式の作法には香典、法事、お布施の書き方やさまざまにあります。次回も幅広く冠婚葬祭についてのマナーを取り挙げて紹介したいと思っています。

 

 

まとめ

訃報が届いてお通夜や告別式等に参列する時に服装やお供えの花などで「これでいいのだろうか?」と出かける時悩み事は多くの人が経験されていることだと思います。

この心配事は学校でも習わないものです。しかし人生の中では必ず身内も含め経験します。そんなに時悩みの元にならないためにも知識として何かで学ぶ必要が大人の常識としてあると思います。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 

 

関連記事

葬式の焼香のマナーは?焼香やり方、仕方は宗教によって違う!

納骨の費用ってどのくらい?納骨費用は課税財産から差し引くことができる!

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら