会葬の意味ってどんなこと?会葬で使う用語、マナーを大紹介!

会葬という意味を理解できる人はそんなに多くはおられないと思います。一般的には主に葬儀や告別式に参列する事を言います。ちなみにお通夜は弔問といいます。このように日本には古くから様々な行事や儀式に作法というものがあります。そんな伝統的な作法が必要とされる会葬について詳しく紹介します。

 

会葬とは

会葬(かいそう)とは葬儀、告別式に参列する事をいいます。別名ご会葬参列とも言い葬儀に参列する人のことを会葬者と呼びます。また勘違いする言葉に「会葬」と「弔問」
があります。

[会葬]

本来の意味としては通夜の翌日に行われる葬儀に参列することを言います。しかし現在は弔問と同じ意味で使われることも多いようです。

[弔問]

通夜の席に参列する場合に使います。

これら個々に意味を持つ言葉でも会葬者として儀式に参列する場合に知っておくべき会葬者としてのマナーは共通していて、告別式、葬儀の色々な場面においてマナーがあることを理解することが会葬者としての心得でもあります。

会葬の歴史的背景

会葬や会葬者が参列する葬儀や告別式の歴史的背景は、古くは明治時代までさかのぼり明治34年中江兆民の葬儀の際に行われたのが最初とされています。これは中江が「死んだらすぐに火葬場に送って火葬にしろ」と遺言したために葬式を行わなかったために、彼の死をくやんだ人たちによって青山葬会場にて現在の告別式にあたる無
宗教葬が行われたのが始まりとされ、大正時代に告別式は普及しましたが、宗教性を排除した告別式として「仏式告別式」「神式告別式」といった告別式が行われました
それまでの告別式は家庭から寺院や葬儀所まで会葬者によって配列が行われていましたが、関東大震災以後葬列を廃止し、現在のような自宅告別式が行われていました。
今では「会葬」「会葬者」などは一般的に使われる言葉ではありませんがそれでも専門用語として葬儀、告別式へ参列する伝統的な「葬儀用語」として使われています。

 

 

会葬で使われる用語集

会葬者として葬儀や通夜に参列する際にはその場面でのマナーが葬儀用語としてありますので一覧にして説明します。

■用語集

用語        用語説明
会葬者葬儀に参列する人のことを指します。 参列者の中でも遺族側ではない人を指します。 親しい間柄でない場合は玄関でお悔みの言葉を伝える程度で失礼します。また、家族葬などの場合は会葬者の弔問を辞退される場合もあります
葬儀マナー葬儀マナーには、服装や香典、焼香のやり方など作法が決められているものがほとんどです。また、宗教や宗派によっても葬儀マナーは変わってくるので、ちゃんと確認しましょう
弔辞弔事とは、身近な人の死去・葬儀などのお悔み事全般のことを指します
香典香典とは、現金を不祝儀用の水引を結んだ袋(香典袋)に包んだものです。香の字は、昔故人に対して線香や花を供えていたことを現しています
葬儀葬儀とは、故人の冥福を祈って成仏を願う宗教儀式のことを言います。
葬儀は通夜の翌日に執り行われます。
式次第式次第と、会議やパーティ、結婚式といった催し物の開催から閉会までの進行を事前に記したプログラムに相当します。式の進行の順番を決めたり式次第を掲示したり出席者全員に配られ、主宰者、司会進行係、出席者全員に周知するために使われます
13回忌人の死後満12年、数えて13年目の忌日です。また、その日に行う法事のことです。13年忌とも言います。
会葬会葬とは主に葬儀・告別式に参列することを言います。
一般に通夜に参列することは弔問と言われます
ご令室かしこまった場面で使われる敬称で、令室=第三者から見た場合の配偶者(妻)のことをさし、御令室とも書きます。葬儀や弔電・訃報の中で使用されるのは「ご令室」が多く、結婚式の招待状では「令夫人」が多く用いられているようです。
神棚封じご家族がご逝去された場合、家庭内の神社と言える神棚を死から遠ざける必要があります。日本古来の宗教である神道では、死のような平常ではないものを「ケガレ」として忌避し、神さまに近づけてはならないという習慣があるためです。ケガレが去る忌明けまでは、一時的に神棚を封印しておかなくてはいけません。
香典返し香典返しとは、通夜や葬儀で故人にいただいた香典に対する遺族からのお礼の意味と、四十九日の後に無事法要を済ませることができたという報告も兼ねて、お返しをすることをいいます

 

代表的な用語を取り上げましたが葬儀用語としてはいろいろな場面でかなりの用語がありますので特に必要性の高いものを知識として覚えられると会葬者になったときに
困ることはなくなると思います。

会葬状

会葬礼状とは、葬儀(または通夜)の会葬者にお礼状としてお出しするものです。葬儀(または通夜)当日に会葬者にお渡しするものであり、忌明けの頃に香典返しに添えて送る「忌明けの挨拶状」とは別ものとなります。最近は形式にとらわれない自由なものを用いるご遺族もおられるようです。

■会葬礼状のマナーとポイント

会葬礼状とは喪主が、参列者ひとりひとりにお礼を申し上げる代わりにお礼状にしてお渡しするものです。ほとんどの場合、お清めの塩を入れた小袋やハンカチなどの会葬御礼品と一緒に、会葬礼状をセットにして手渡すことが一般的です。
社葬や比較的大きな葬儀では、葬儀後にあらためて会葬礼状を送付する場合もあります。

■会葬礼状の内容

会葬礼状は、会葬予定の人数より多めに手配します。文面は、喪主から見た個人との続柄で作成し、宛名は書きません。
文面は印刷を依頼するところにいろいろな実例のテンプレートがありますのでその中から選んで作られる方がほとんどですが、最近は自分たちのオリジナルの文面や体裁の会葬礼状をつくるケースもみられるようになっています。
写真やメッセージなどを組み込んで、故人がしのばれる内容にするのも方法の1つです。
葬儀に参列していない方で、香典、忌電、供物や御花をいただいた方には、会葬礼状とは別に、手書きでお礼の手紙を出すと丁寧です。

■会葬礼状を準備する方法?

会葬礼状は、一般的には葬儀社が用意してくれます。葬儀社が自社スタッフで作成する礼状と専門業者に依頼する場合があります。多くの場合は決まった形が多いようですが、中には業者が遺族に取材をして、エピソードをまとめるものがありオリジナルの令状ができます。最近はあまり多くはないですが、自分でオリジナルなものを作成することも流行っています。

会葬の返礼品

会葬の返礼品つまり会葬御礼とは、通夜や葬儀に足を運んでいただいた弔問客に対して、お礼として差し上げる品のことです。最近では会場で手渡しすることがほとんどです。香典の有無に関わらず、弔問客に同じものを用意します。
よく香典返しと間違うようですが香典返しとはお香典に対する御礼です。それに対して会葬御礼は、わざわざ時間を割いて参列いただいた行為に対する御礼となります。
「香典返し」は四十九日の法要が済んだら発送することになります。無事に四十九日の法要が済んだことや、故人への思いに対しての感謝などを書いた挨拶状も添えてお返しとして送ります。
香典返しはお香典のだいたい半分の金額で、定番の品物としては、「消えもの」があります。「消えもの」とは、飲食料品や調味料、消耗品のことです。不幸があったことに対しての贈り物なので、後に残らないようにするのです。
通夜や葬儀の際に会葬御礼のみをお返しする場合は、後日あらためて香典返しをするのが一般的ですが、最近は地域によっては会葬御礼と一緒に香典返しを差し上げる「即日返し」が広まりつつあります。

■会葬御礼はどんな品物がいいのか?

会葬御礼は、一般的にハンカチやお茶、のりなど500円〜1,000円程度の品物と清めの塩にあいさつ状を添えて渡します。あいさつ状は、会葬へのお礼と書面でのあいさつになることへのお詫びのみを手短にまとめた葉書や二つ折りのカードを添えます。

会葬御礼は、通夜や葬儀までの間に用意しなければなりません。ほかにも決めること、考えなければならないことが多いため、葬祭業者に頼み、すぐに用意できるものから選ぶことがほとんどのようです。

会葬のマナー

ここまで会葬についていくつかの項目について紹介してきましたがわかって頂きましたか?最後のここではご存じのようで意外と知らない「会葬のマナー」について紹介したいと思います。

■会葬でのマナー

① 服装

突然の訃報の場合、会社帰りに弔問するケースも多く、通夜の弔問に駆けつけるときは平服でも構いません。それでも可能な限り、男性の場合はネクタイと靴下は黒地のものに替えたほうがよいでしょう。
葬儀や告別式に参列するときは、原則として喪服を着用します。男性ならダークスーツに黒のネクタイ、黒の靴。ワイシャツは白無地を着用します。ネクタイピンはつけないのが通例ですが、カフスボタンは構いません。
女性の場合は黒または地味な色のスーツかワンピースと靴、ストッキングは黒か肌色のものを選びましょう。
アクセサリーは光らないものをつけるのがマナーです。但し、パールのアクセサリーはつけても構いません。いずれにしても、礼服や数珠などはふだんから用意しておくと何かと好都合です。

② どうしても通夜や葬儀に参列できない時はどうすれば?

葬儀は故人の人生を締めくくる大切な儀式。できるだけ出席するようにしたいものですが、どうしても無理な場合は、
・弔電を打つ
・代理人に名刺を持たせて参列させるか、または後日お悔やみ状に香典を添えて現金書留で送るようにする。
・先方も準備などに追われているはずですから、電話でのお悔やみはなるべく避けたほうが無難です。
・郵送の場合、宛先は喪主か自分の知り合いの親族名にすること。間違っても故人宛にしてはいけません。また、お金は必ず香典袋に入れるようにします。
・後日に弔問するつもりなら、遺骨が自宅に安置されている可能性が高い四十九日前までに伺いましょう。故人に対する哀悼の気持ちを誠実に伝えたいものですね。

③ 焼香でのマナー

焼香の回数は宗教・宗派によって1~3回と違いがあります。順番がきたら親族や僧侶、正面に向かって一礼し、ゆっくりと丁寧に焼香します。数珠は左手にかけ、右手の親指、人差し指、中指で抹香をつまむようにしましょう。合掌したあと、霊前に対し深く一礼、親族や僧侶に再び黙礼して終わりです。
線香で焼香するときは1本ずつ立てるようにし、必ず手で払って火を消すこと。息を吹きかけるのはマナー違反です。

キリスト教の葬儀の場合は焼香の代わりに献花を、神式では玉串または榊を奉奠するが通例です。
それぞれ決められた方法やマナーがありますが、あまり堅苦しく考えず心を込めて故人を見送る気持ちを大切にしたいものです。

 

まとめ

葬儀の形も昭和から平成にかけて大きく様変わりしてきています。今は密葬、家族葬さらに樹木葬などお墓を持たない葬儀が取り入れられ従来からあった「先祖代々の墓」へ入るという考え方がなくなりつつあるようも思えます。今後世代交代でますます、ライフスタイルが変わっていくようになった時にはお墓をもたない形の世界が葬儀の考え方になるようになることが有り得るかも知れません。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 

関連記事

葬儀に参列する時のマナーについて教えて!挨拶は宗教によって異なる!

葬儀は仏滅に行ってもいいの?葬式と六曜の関係は?

葬式の焼香のマナーは?焼香やり方、仕方は宗教によって違う!

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら