葬儀のメイクはどうすればいいの?葬儀のメイクのマナーはナチュラルで大丈夫!

葬儀にはいろいろなマナーがありますが葬儀の時のメイクもマナーのーひとつとして考えなければいけません、この葬儀でのメイクのマナーは参列者も親族も同じで葬儀の基本的なマナーとして女性は特に注意する必要があります。これから葬儀に参列する際恥ずかしくないメイクの仕方について紹介します。

 

葬儀のメイクとは

葬儀でのメイクについては最も注意する事は参列する所が結婚式のようなお目でたい場所ではなく、悲しみと故人を静かにしのぶ場所であることを再認識することが大前提になります。メイクもこのような場の状況を理解していれば結果は葬儀でのメイクがどのようにしなければいけないか理解できるかと思います。しかしメイクをしないで参列する事は、場にふさわしくないという遺族もいるようですので最低限のメークは必要になります。これから葬儀に参列する時にどんなメイクがふさわしいのかを紹介します。
では葬儀や告別式にふさわしくないメイクはどのようなメイクかは、次のようなメイクは極力避けるようにしてみてください。

■ 眉

太すぎる眉や短すぎる眉は、どうしても活発な印象を与えるので、葬儀のような場にふさわしくありません。あくまでも、形を整える程度に留めておきましょう。

■ 目元

「ぱっちり目」の、派手な化粧は避けましょう。パールやラメの入ったものや、グリーンやパープルなどの明るいアイシャドウは選ばないことです。つけまつげなども控えましょう。

■ 頬

明るい色をのせてツヤ感を出す「ハイライト」は、葬儀にふさわしくありません。血色を良くしたい方は薄めにチークを塗ります。ラメやパールが入ったもの、ピンクやオレンジなどの明るい色を濃く塗るのは控えましょう。

■ 口元

口紅もチークと同様、ラメやパールの入っているもの、鮮やかな色は避けましょう。リップグロスなどツヤ感があるものも、避けた方がいいでしょう。

■ ネイル

基本的にネイルは落としていきます。香典を渡す時や焼香の時に、どうしても目が行くところなので、爪が長すぎるのも違和感があります。

葬儀の時は故人の遺族に対して配慮する事もマナーの一つと言われています。その為に哀悼の気持ちを表すためには、メイクは大切な要素です。「ラメやパールは使用しない」「派手な色は避ける」など、葬儀メイクのポイントを考えてメイクをしてみてください。

 

 

葬儀のメイクは参列者、遺族では

葬儀にふさわしメイクについては、前の項目で紹介しました。では葬儀メイクは参列者と遺族では違いがあるのでしょうか?この問題に回答したいと思います。

■葬儀の時の基本的なメイクは

お通夜や葬儀では、女性のメイクは控え目な薄化粧というのが昔からの作法として言われています。しかし素肌で参列することは避けましょう。
特に、喪主・遺族の立場では注意が必要です。顔色が悪く見えてしまうことがあります葬儀に参列してくださった方々に対して失礼になりかねません

■遺族として葬儀にふさわしいメイクとは?

遺族も参列者も基本的なメイクとしては、ベースメイクや眉毛、リップ、口紅などをつける程度にしたナチュラルに仕上げるメイクが好ましいでしょう。
遺族として葬儀にふさわしいメイクはどうすれば良いかは次のようなメイクがポイントになります。

葬儀にふさわしいメイクのポイント

① ベースメイクは、普段するメイクとあまり違いはありません。しかし、気を付けたいのが質感です。ベースメイクは、ツヤが出てしまうリキッドファンデーションよりも、パウダーファンデーションをおすすめします。
② パールやラメの入ったパウダーファンデーションは、肌をキレイに見せてくれますがその分、艶っぽくなり華やかさが増すので葬儀では避けたほうがよいでしょう。

■参列者のメイクチェックポイント

参列者にふさわしいメイクを意識していても、慣れないメイクは難しいものです。参列する前にもう一度次のような項目を含めてチェックしてみるとよいでしょう。

① ツヤが出すぎていないか?
② 塗りムラは大丈夫?
③ 色味は抑えられてる?
④ ナチュラルに仕上がってるか?

葬儀メイクは参列者と遺族という立場の違いによるメイクを区別することはできませんがこの葬儀メイクには宗教的要素はありません。しかし場所的に故人を忍ぶ神聖な場所ということを考えると派手な演出はもちろんNGということはお判りいただいたことだと思います。

 

葬儀のメイクのマナーは

学生さんや10代の女性は普段あまりメイクをすることは少ないと思いますが、会社勤めのキャリアウーマンと呼ばれるような素敵な大人の女性は冠婚葬祭に出席することも多くなるために女性のたしなみとして知っておくことも知識の一つです。

ここでは大人の女性のたしなみとしての葬儀のメイクを紹介します。

■葬儀にナチュラルメイクで大丈夫?

「葬儀の時は、ナチュラルメイクをして行けば無難」という人がいます。普通にメイクをするより、ナチュラルメイクは色合いが薄いのでそう思っている人が多いようです。

しかし、一般的に言う「ナチュラルメイク」は葬儀の参列時には不向きです。
「ナチュラルメイクと言われているから大丈夫」と思って、普段のナチュラルメイクで葬儀に参列すると浮いたような存在になってしまうので注意しましょう

■素肌は葬儀では不快感にとられます。

葬儀に参列する時、メイクを控えめにしないといけないため素肌で参列という人もいるようです。ネットでも「ノーメイクでも大丈夫」というものをチラホラと見かけますが、
素肌で参列すると顔色が悪く見えてしまい、葬儀で大変な思いをしている遺族よりもやつれて見えるので、あまり好まれません。素肌ということはいわゆる素顔で公の場に出るのは女性としてもマナーがないと思われてしまいます。素肌で大丈夫と勝手に判断するのはやめるようにしましょう。

■素敵な女性のたしなみとして葬儀用メイクも覚えてみては!

葬儀の連絡は職場関係や友人更に身内等から突然訃報が届いきます。そんな時に慌てず対応するための知識として葬儀のメイクも知識として身につけておくのも素敵な女性の条件ではないでしょうか!!

葬儀のメイクをしない場合

女性が葬儀に参列する場合は服装やアクセサリーに決め事があるように。メイクにも服装にふさわしい決め事があることはここまでの説明で理解していただけたことだと思います。参列者の女性の中には大きな誤解をしている人もいます。葬儀に参列するときにメイクは薄めが作法といっても。「それではメークをしない、素肌」で大丈夫という意味ではありません。素肌での参列はレッドカード的な扱いをされても文句は言えないようなことです。葬儀でのメイクは葬儀での決め事としても学ぶべきかと思いますがそれ以前に大人の女性としての振る舞いが必要ではないでしょうか

お通夜、葬儀、告別式などの式に参列するときメイクをしないでも構わない場は「体調が悪く立つことのできない状態など」では考えられますが、それほどの急病は初めから遺族や喪主に申し出参列できない旨を連絡することがベストな対応ではないでしょうか。

葬儀メイク「片化粧」とは

若い方や大人でもなかなか葬儀のマナーを全て知識としてお持ちの女性はそんなにおられないと思います。大人の女性にとっては、メイクをしないのは逆に作法を欠く行動となってしまいます。 葬儀の場にはそれにふさわしい化粧があります。それは「片化粧」と呼ばれるものです

■「片化粧って」

葬儀のときの化粧に使われる表現として、「片化粧(かたげしょう)」があります。
これは、ごく簡単にわかりやすい言葉で言うのであれば、「薄化粧」を意味するものです。
ただ、一般的な薄化粧とは異なり、基本的には口紅は用いません。用いるとしても、派手な赤色ではなく、ほんのり色づく程度のものにしておきます。
ちなみに、「なぜ口紅をひかないのか」については、「悲しみのあまり、紅をひくこともできませんでした」というような由来があると言われています。もちろん、華美な印象を与えるからという理由もあります

 

まとめ

「訃報は時を選ばず」といいます。その突然の知らせに冷静な大人の対応をするためには普段から少しづつでも冠婚葬祭、特に葬祭の作法を学ばれると人もうらやむ対応が可能になります。昔は祖母や母親などから口伝えで学んだものです。葬儀の作法もそうですが家の宗派、家の家紋、香典の書き方など葬祭にはいろいろなマナーがあります。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

 

jojoschatbanner

 

関連記事

法事の髪型が悩みはどうすればいい?種類は?やり方は?

介護の接遇を学んで差をつける!介護の接遇を大紹介!

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら