介護福祉士試験の2017年合格発表はいつ?どこで?

今年も介護福祉士を受験された方、お疲れ様でした!!

筆記試験が1/29に実施され合格した方は3/5の実技試験まで長い間の勉強は大変だったと思います。

今回はそんな方々を応援する意味で国家資格「介護福祉士の合格発表」についてご紹介したいと思います。

 

 

合格発表日はいつ?

今年(平成29年)は3/28(火)に合格発表があります。
また参考までに、筆記試験が1/29(日)に、その合格者に対して実技試験が3/5(日)にありました。

 

 

 

どこで発表されるの?

3/28(日)の午後2時に厚生労働省及び試験センター(5階)で合格者の受験番号と、合格基準点及び正答が掲示されます。同時に、ホームページ(http://www.sssc.or.jp/index.html)に合格者の受験番号と、合格基準点及び正答が掲載されます。
また、同じく3/28に結果通知が郵送されます。4/14(金)になっても届かない場合は試験センター(03-3486-7559)に問い合わせが必要です。
試験センターへの問い合わせは全国で対応していて、どの地域の方でも通知が届かない方は対応してもらえます。

 

資格登録

登録の期限はありませんが、登録が完了しないと介護福祉士を名乗れないので、就職活動や転職活動にも支障が出ますので、お早めに登録しておきましょう。
ちなみに、登録免税料9,000円、登録手数料3,320円が必要となります。登録は以下の流れになります。

必要書類を簡易書留で提出

試験センターで受理され、審査を経て登録簿の登録

登録証が1ヶ月ほど(登録申請が集中する3~5月は1ヶ月半ほど)で自宅に郵送

 

介護福祉士試験合格発表は厚生労働省する?

介護福祉士を受験する場合、受験までの準備や確認、試験勉強などで忙しく、受験後の対応についてはあまり意識していないかもしれませんね。

介護福祉士受験から合格後までの流れ、まとめ

まずは、介護福祉士の受験から合格後までの流れについて見てみましょう。介護福祉士の試験には、筆記試験と実技試験があります。実技試験は免除されるかたもいますが、筆記試験は全員が受験します。

筆記試験後、実技試験を受ける必要のあるかたには、筆記試験の結果通知と実技試験の受験票が届きます。そして、実技試験を受けて、3月初旬の合格発表を待ちます。実技試験が免除されるかたは、筆記試験の結果通知が届かないため、合格発表をそのまま待つこととなります。

合格発表はどこが行うの?

介護福祉士の合格発表は、厚生労働省と公益財団法人社会福祉振興試験センターが行います。受験番号で合格者が発表されるため、必ず受験番号を控えておきましょう。ホームページで確認すると簡単です。

合格後はどうしたらいいの?

介護福祉士の試験に合格すると、合格証書や試験結果通知書、介護福祉士新規登録の手引き、介護福祉士登録申請書が届きます。介護福祉士の名称を使えるのは、介護福祉士登録簿に登録してからのこととなるため、必ず申請を行います。

介護福祉士の登録は、手引きに記載されている通りに行います。この登録の際には、登録免許税として9,000円の収入印紙や登録手数料3,320円が必要です。また、戸籍謄本か戸籍の個人事項証明書、本籍地が記載されている住民票のいずれかも用意します。

 

 

まとめ

資格を取った後も手続きが必要なんですね。

合格したら早めに登録することが大切ですね。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら