アニマルセラピーが介護で注目されている!?種類は?効果は?

皆さんの家族の一員に何か動物も一緒に暮されたことがありますか?犬や猫が家族の中にいると気持ち的に何か落ち着いたり人には話せない事もペットには話せることありませんか?そうですそれがアニマルセラピーです。今介護が必要な高齢者にアニマルセラピーが注目されています。今回は癒し系のアニマルセラピーについて紹介します。

アニマルセラピーとは

アニマルセラピーの定義としては、アニマルセラピーは、動物を使ったセラピー手法のことです。日本では造語になっています。正確には動物介在療法と動物介在活動の2つを総称しています。

■動物介在療法(Animal Assisted Therapy=AAT)

医学的治療を目的とする補助療法として医者や看護師、ソーシャルワーカーなどの医療者、作業・心理・言語療法士などが、動物ボランティアと協力して行う。

■動物介在活動(Animal Assisted Activity=AAA)

特別な治療効果を目標にはせず、病院や施設などの入所者とペット動物が触れ合う活動。教育、ふれあいという意味合いが強い。AATが既に一般的な療法として普及している欧米に対し、日本の場合は、日本動物病院福祉協会や日本アニマルセラピー協会、その他ボランティア団体などがAAAを中心とした活動を行っています。
アニマルセラピーは、動物と触れ合わせることでその人に内在するストレスを軽減させたり、あるいは当人に自信を持たせたりといったことを通じて精神的な健康を回復させることができると考えられています。
不登校や引きこもりといった問題、あるいは小児がん(→悪性腫瘍)などで自分の気持ちを強くするように目指す技術の1つとして知られ、馬(乗馬)やイルカなど、癒しの効果が高いと言われる哺乳類との交流を通じて、他者を信頼できるようになるという。馬を通じたアニマルセラピーは、モンゴル国で盛んに行われている。日本でも近年、乗馬療法、治療的乗馬、ホースセラピー、障ガイ者乗馬などの名称で行われています。

他にも高齢者医療(→高齢者福祉)や重い病気などで長期間の入院を余儀なくされている患者の気晴らしに犬や猫などペットと触れ合わせたりといった活動も知られています。

 

アニマルセラピーの種類

アニマルセラピーの種類としては大きく分けて前の項目で紹介しました動物介在療法(Animal Assisted Therapy=AAT)と動物介在活動(Animal Assisted Activity=AAA)に加えて動物を用いた教育は「動物介在教育(AAE=Animal Assisted Education)と呼ばれる3種類に分けられます。

■アニマルセラピーの種類

●動物介在療法(Animal Assisted Therapy=AAT)

医学的治療を目的とする補助療法として医者や看護師、ソーシャルワーカーなどの医療者、作業・心理・言語療法士などが、動物ボランティアと協力して行う。

●動物介在活動(Animal Assisted Activity=AAA)

特別な治療効果を目標にはせず、病院や施設などの入所者とペット動物が触れ合う活動。教育、ふれあい的な意味合いが強い。

●動物介在教育(Animal Assisted Education=AAE)

「動物介在教育」は、教育計画や学習計画に基づき、教員や専門家が動物を介して行う教育のことです。
正しい動物との触れ合い方や命の大切さを子供たちに学んでもらwうことを目的としており、生活科や総合学習などのプログラムとして取り入れる学校も徐々に増えています。

■アニマルセラピーと感染症

アニマルセラピーは動物と直接ふれあうセラピーです。動物の清潔を保つことはもちろんですが、人の心身が弱っているときは免疫力が低下しており、思わぬ感染症を引き起こすことがあるので注意が必要です。

■アニマルセラピーの資格

◆動物介護福祉士

動物介護福祉士とは、文字通り、知識・実技ともに、高齢となったペットたちの介護に携わる力がある、と認められた人に与えられる資格です

◆アニマルセラピーコーディネーター

アニマルセラピー・コーディネーターの正式名称は「アニマル・アシステッド・セラピー」(AAT)といいます。
動物介在療法士と呼ばれ、犬や猫はもちろん、ウサギやモルモットなどいろいろな種類の動物と一緒に、高齢者や心身障ガイ者の方たちの心身を活性化させ、機能回復のサポートをすることが仕事です。

アニマルセラピーの効果

動物は一度飼うとそれは家族であり時には友人であり又恋人のような存在になる時もあります自分の相手になってくれるよき理解者でもあります。特に一人暮らしの人には仕事から戻った部屋で待っているペットは何をおいても癒される事です。
アニマルセラピーは、心の癒しから病気の治療にまで、幅広い効果があると言われています。どんな場面でも基本となるのは、犬という動物だからこそ与えてくれる安ら
ぎと信頼。犬達が人間に与えてくれる素晴らしい力は飼育してみて家族として生活すると実感します。荒れた心を穏やかにし、寂しさから引きこもる人の心を開き、心の
傷を癒し、生きる希望を引き出して体の問題を改善できるようになります。犬は人間より忠実ですが飼い主の気持ちは犬には伝わり飼い主が穏やかであればペットも穏や
かな家族で癒してくれます。 アニマルセラピーは、そうした犬の持つ“癒しの力”を積極的に利用するセラピーなのです

犬・猫飼育現状調査

2017年にペットフード協会が全国の犬、猫の飼育現状調査を2013年から5年間行った結果2017年時点で犬、猫の全国飼育頭数は犬892万頭、猫952.6万頭合計1,844.6万頭飼われています。その他の動物も含めれば相当数の動物が飼われている事が分かります。

■調査結果

■飼育のきっかけ

生活に癒し・安らぎが欲しかったから          32.6%
以前飼っていたペットが亡くなったから         24.3%
家族や夫婦のコミュニケーションに役立つと思ったから 16.3%

生活に癒し・安らぎが欲しかったから          30.3%
以前飼っていたペットが亡くなったから         22.9%
子供にせがまれたから                   10.0%

●犬の飼育の心得

毎日、欠かさずペットの世話ができるか        56.7%
近隣に迷惑をかけないような飼い方ができるか   44.3%
ペットを飼うことによる費用を負担できるか      42.6%
そのペットの飼い方をきちんと知っているか      39.0%

以上の結果から判断できることは半数の人はペットを飼うための知識や環境があり飼い主になりたいとの意向があり、ペットに生活での癒しを求めたい人が多くいると言うことですが高齢者や障ガイ者の場合は治療としてはアニマルセラピーはできますが飼い主には本人の気持ちだけではかなえられない環境にあると思います。

アニマルセラピーの問題点

アニマルセラピーは人に良い効果を与えてくれる療法ですが、その反面、動物に負担がかかることが問題点であるともいえます。動物はセラピーという目的を持って多くの人と接する必要があるため負担やストレスがたまりやすくなります。特に次の項目については問題点として注意するする必要があります。

■無理にアニマルセラピーをすすめない

高齢者のなかには、動物が苦手な方や動物アレルギーのある方もいます。高齢者の気持ちを何よりも尊重し、動物との触れ合いを望まない場合は無理にすすめないようにしましょう。また、高齢者と動物に負担をかけないために、長時間のアニマルセラピーは避けることが重要です。

■衛生面を配慮する

抵抗力が低下している高齢者が動物と触れ合うときは、人獣共通感染症(ズーノシス)の予防対策が必要です。動物の健康診断や予防注射の接種、寄生虫の駆除などを行い、定期的なシャンプー、ブラッシング、爪切りなどで不衛生を防ぎましょう。また、動物が高齢者の口をなめないように注意し、動物に触れた後は必ず手洗いをするように心がけしましょう。

■万が一の事故に注意しましょう

アニマルセラピーに参加する動物は適性があり、基本的なしつけや行動のコントロールができていることが前提です。ハンドラー(飼い主)は動物の習性や特徴を理解し、動物にいつもと違う表情や行動がみられたら活動を中止するなど適切な対処をします。また、高齢者が動物に対して暴力をふるうなどのリスクも考えられるため、事前に施設の方とよく話し合っておきましょう。

■動物の安全と健康に配慮しましょう

動物に過度なストレスや身体的な負担がかからないように気をつけることも大切です。生後8ヵ月以内の仔犬や、高齢犬の参加は好ましくありません。また、動物には与えてはいけない食べ物(犬の場合はチョコレート・牛乳・魚介類など)があります。人間の食べ物を動物に与えないように注意しましょう。
動物は「痛い」「つらい」と思っていても話せません、アニマルセラピーの時は人も動物を理解してやり何て言っているのか理解すると動物も人を理解してくれます。

 

まとめ

アニマルセラピーとして専門の所から派遣されて来る犬などは飼育の心配はしなくても構いませんがもしも自宅でペットとして飼われている犬は長い間家族として飼われてきてペットが介護を必要になる老犬になっていくので犬も動物介護士などに相談して最期まで責任を持ってみてあげるようにしてください。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら