白内障の見え方ってどんな風になるの?見え方の色は?

白くかすむだけが白内障ではありません。白内障といってもいろいろな状態があって見え方も違います。また白内障は症状が進むまで自分でも気づきにくい病気でもあります。白内障がどのように起きているのか、白内障の見え方についてまとめました。

 

白内障の見え方とは

白内障とはどんな病気?

通常目が見えるのは、光が物体に当たって反射して目に届きます。光は眼球にある水晶体を通り、映像を網膜に映像映します。その映像を視神経が情報として脳に伝えることで「見えている」という状態になります。水晶体は例えるならカメラのレンズの役割をしています。水晶体の周りにある筋肉によって引っ張られたり縮んだりして厚みを調節して遠くのものや近くのものを見ることができます。白内障はその水晶体が白く濁ることによって起きます。

白内障の原因

白内障の原因として一番多いのが加齢による老化です。水晶体の中のタンパク質が少しずつ白く濁っていきます。それ以外にも目に外傷をおったとき、糖尿病などの病気、ステロイドなどの薬剤による影響、先天性のものなどが原因として挙げられます。白内障の治療は初期であれば内服薬で進行を抑えることができます。病状が進んでくると水晶体を人工の物と交換するなどの手術が必要になります。

白内障の見え方の特徴1:目がかすむ

水晶体が白く濁っている状態はカメラのレンズがくもっている状態に似ています。くもったレンズ越しにみるので白くモヤがかかったように見えます。濁りがはっきりしていればわかりやすいのですがまだ薄い場合は視点の調整がうまくいかずに目がかすみやすくなります。

白内障の見え方の特徴2:眩しい

目は水晶体の前にある虹彩という機関が広がったり縮んだりして入ってくる光の量を調整します。白内障の場合、濁りは均一に現れるとは限らず水晶体の中で点在していることがあります。すると光は虹彩の調整に関係なく水晶体の中で乱反射してしまうため眩しさを感じやすくなります。眩しさは濁りが出ている場所や大きさによって変わるので人によってその状況は違いがあります。

白内障の見え方の特徴3:ぼやけて見える

目が見たいものに視点を合わせられるのは水晶体を引っ張ったり縮めたりすることで厚みを変えて調整しています。濁りの性質によっては水晶体が硬くなることがあり、レンズの機能がうまく使えずに視点が合わせにくくなります。そのためものが二重三重にぼやけて見えてしまうことがあります。

白内障の状態の違い

水晶体のにごり方には違いがあります。よく知られているのは水晶体全体が白く濁った状態ですがこれは水晶体の中全体に濁りが広がっている状態です。それに対して濁りが点在している状態があります。濁っている場所によってかすんで見える場所の違いや視界の隅に影が見えたりします。もう一つは水晶体の核が濁っている状態です。水晶体には水晶体皮質と呼ばれる部分と水晶体核と呼ばれる部分があります。水晶体核は水晶体の中央にあり通常は柔らかく弾性があります。しかし何らかの原因で水晶体核が濁ってくると硬くなり弾性を失っていきます。

 

白内障の見え方の色

白内障と色の見え方

目は水晶体を通して網膜に映し出された映像を見ます。光は水晶体を通るので水晶体の状態によって見える色にも変化が起きます。白内障といってもその症状は色の見え方や濃さなどに違いがあります。

白く見える場合

水晶体皮質が白く濁っていると全体的に白いモヤがかかったように見えます。症状が軽ければ部分的に影が見えたり全体的に白くかすんで見えたりします。症状が進むと白いモヤが濃くなり、真っ白になると見えなくなります。しかし視力を失っているわけではないので水晶体の治療を行うことで改善することができます。

黄色く見える場合

白内障は白く見えると考えるのが一般的ですが、黄色く濁って見える場合もあります。これは水晶体核が黄色く変色しているためです。水晶体皮質が濁る場合は白くなりますが水晶体核は黄色く濁ってくることがあり、症状が進むと茶色くなってきます。白いモヤがかかるのと違い黄色への変色は徐々に起こるためなかなか色の変化に気づきにくいという特徴があります。

白内障の見え方のチェック

白内障かも?見え方チェック

白内障は小さな変化から始まります。初期であれば薬で対応できますが進行すると手術が必要になります。初期症状はちょっとした変化であるためなかなか気がつきにくいので以下のリストでチェックをしてみましょう。

□老眼鏡をつけても見えにくい

老眼ではなく水晶体が濁っていたり水晶体核が硬くなっていたりするために視点の調整がうまくいっていない可能性があります。

□最近眩しいと感じることが多くなった

水晶体に濁りが点在して水晶体内で光が乱反射しているために眩しく感じている可能性があります。

□室内では問題ないが外に出ると眩しさを感じることが多い

濁りは軽く室内の明かりでは大丈夫でも太陽の強い光で濁りによる乱反射を感じている可能性があります。

□最近急激な視力低下が起きている

水晶体が濁ることで視点を合わせられなかったり水晶体核が硬くなって視点の調整がうまくいっていなかったりしている可能性があります。

□両目の視力差が大きい

片方の目にだけ白内障を発症し、その目だけ影響を受けている可能性があります。

□視界の隅に影が見える

水晶体の中で中央部以外に濁りが発生している可能性があります。

□階段を踏み外すなど距離感がつかめないことが増えている

水晶体の濁りや水晶体核が硬くなっていることで視点が合わず距離感をつかみにくくなっている可能性があります。

□目がかすんで疲れることが多い

明らかなにごりでなくても慢性的にかすんでいることで目が疲れやすくなっている可能性があります。

※すべてが白内障だけに当てはまる症状ではありませんが症状の特徴から白内障の可能性があります。気になる場合は眼科へ行き診てもらいましょう

白内障の手術を考えるタイミング

白内障は水晶体が濁るということ以外は特に影響の少ない病気です。白内障だからといって直ちに手術が必要というわけではなく、そのタイミングは人それぞれです。白内障による生活の影響や苦痛、不安などを感じた時がタイミングです。以下に手術を考えるタイミングの参考として上げておきます。

□運転や精密作業の仕事をしている

運転や機械の操作は安全を目視する必要が有り、時には人の命にも関わります。また小さな部品や精密な作業では仕事の成果に影響が出ることもあります。このような仕事に就いている方で白内障の可能性がある場合はできるだけ早く医師に相談し、必要であれば手術をすることも考えましょう。

□目が見えにくくて疲れる

目は起きている間は常に使います。見えないことでイライラやストレスを感じると日常生活でもさまざまな影響が出てきます。家事や趣味でも疲労を感じやすく何事にも気が重くなってしまいます。生活に影響が出ていると感じるようであれば手術を考えるタイミングです。医師に相談してみましょう。

□見えにくいことで危ない思いをした

視界が悪い、距離感がわかりにくいことで階段を踏み外したりつまずいて転びそうになったりする。包丁や重いものを落として怪我をしそうになる。白内障が影響して危ない思いをするようであれば手術を考えるタイミングです。自分や他人も含め大きな事故になる前に医師に相談しましょう。

 

 

まとめ

白内障は発症していても自分では気づきにくく進行してしまうことが多い病気です。日頃から見え方の変化に気を付けることで軽いうちに治療することが可能です。また手術といっても最近では日帰りが可能な場合も多く負担は軽くなっています。自分だけではなく、白内障の人の見え方を知ることは白内障をかかえる人の援助に役に立つことでもありますので参考にしてください。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 
関連記事

眼振について教えて!種類は?どんな見え方?

白内障と緑内障は何が違うの?併発は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら