これだからやめられない!介護の魅力あるある

elderly woman and care worker enjoying a tea break

介護の仕事のプラスの面、マイナスの面が議論に上がる中、みなさんは介護の魅力ってなんだと思いますか?

「これがあるから、介護の仕事が続けられる!」「いろいろあってもこれだから介護の仕事は辞められない!」「介護の仕事をやっててよかったなあ」など、

今回はそんな介護の魅力あるあるをtwitterからの声を参考にご紹介させていただきます!

達成感、喜びを得られる

介護者が工夫したり、努力したことによって、普段世話をしている利用者さんができないことをできるようになったり、改善していく過程を見るのはとても嬉しく、感動するもの。

それは自分の仕事への達成感とともに、純粋に利用者さんのことを思いやって喜びを感じることにつながるようです。

 

自分を必要としてくれる人がいる

自分がいることによって、自分の力によって、誰かが今日も無事に生きられる。自分はここの施設の人間にとって必要な存在であると再確認する場面が多々あるようです。

誰かに必要とされることはとても嬉しいですね。

 

自分のしていること、努力が認められる

自分ががんばっていることを見てくれている人がいる、評価してくれる人が少なからずいるということは当たり前なことではありません。

人と人とのふれあいがある介護だからこそ、自分の行動を近くで見てくれてる人がいることが励みになりますね。

感謝の言葉やグッとくる言葉を投げかてもらえる

感謝されたいからやってるわけではないとは言いつつも、やはり、感謝の気持ちを素直に伝えてもらえたり、言葉にしてもらえることは嬉しいことですね。

介護の仕事から得るものを実感する

介護の仕事を日々通して、自分が与えているつもりが、実は利用者やまわりの人たちから与えられていた、ということに気づくようです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

人と人とのつながりや温かみを直接的に感じることのできる数少ない仕事である介護職。

確かに、うまくいかなかったり辛いことも仕事をしている中であるかもしれませんが、介護の仕事をしている人はやりがいを感じている人も多いようです。

疲れや辛いことが吹き飛ぶくらいの感動や喜びなどを感じられるのも介護の仕事ならではのことかもしれません。

介護の仕事が持つこれらの特有の魅力ややりがいなどをよりたくさんの人に知っていただきたいですね!

qna