月末は「介護保険請求」で大変!「介護事務」のお仕事を大紹介!

Business woman using tablet

介護事務とは介護のデスクワーク。

これは介護に携わりたいけど、肉体労働はちょっとな・・・という人向けかもしれません。そんな介護事務を今回はご紹介していきます!

介護事務の仕事内容は?

介護事務とは文字どおり、介護に関する事務全般を行う仕事です。

主な仕事内容は、介護報酬請求業務です。現在の介護保険制度では、介護サービスの9割を国や自治体が負担をし、1割を利用者が負担しています。

そのため、介護報酬請求業務では、国や自治体の負担額を計算し、請求書を作成します。また、利用者に向けても費用の請求書、領収書の作成をします。

この業務は、複雑な自治体ごとの介護保険制度などの専門知識から、利用者の介護サービスの種類や回数も理解する必要があります。その他の仕事内容は、新規利用者の受付けや、電話での問い合わせなどにも対応し、サービス内容や手続きの説明をしたりします。

また、ヘルパーの勤怠管理や、給与の計算、連絡調整などの従業員の管理、介護計画の作成をするケアマネージャーの仕事のサポートも行います。

その他にも、介護用品の欠品や備品の管理や注文、種類の整理などの庶務作業も行います。

 

tusinkouza

 

介護事務の資格!介護事務管理士,ケアクラークとは?

介護事務の仕事につくために必須な資格はありませんが、技術や知識をもっている指標ともいえる資格をもっておくことで、就職において優位となるようです。

介護事務に関する資格は10種類以上あるようですが、今回はその中でも業界での知名度の高い2つの資格をご紹介いたします。

関連記事

介護士だけじゃない!!介護を支える「介護事務」

介護事務管理士

介護事務管理士は、サービス事業所の受付・会計、レセプト業務などを担当する事務スタッフのスキルを証明する資格です。

試験には介護保険制度、介護請求事務の知識などを問うマークシート形式の学科試験10問と、レセプト点検・レセプト作成を行う実技試験があるようです。

学科試験で70点以上、実技試験の各設問ごとに50%以上の得点をし、かつ、合計で70%以上に達すれば合格となります。

受験資格の制限はありません。試験は1月・3月・5月・7月・9月・11月の年6回実施されています。全国の主要都市に試験会場があることに加えて、指定の通信講座の受講者は自宅で試験を受けることも可能です。

ケアクラーク

ケアクラークは、介護事務の仕事をする方に必要な知識と技能のレベルを認定する資格です。

介護事務の知識を問う択一式の筆記試験、介護報酬請求事務・介護給付費明細書作成の実技試験があるようです。各試験の得点率が70%以上に達すれば合格となります。

試験では、介護保険制度・介護事務業務の知識のほか、人間関係(コミュニケーション)や老人・障害者の心理などの分野も審査の対象です。

受験資格の制限はありません。試験は2月、4月、6月、8月、10月、12月の年6回実施されています。各都道府県の公共施設などで実施されています。

 

 

business_ol_woman

 

 

介護事務の求人は多いの?その需要は?

高齢化社会の中、介護職の人手不足が深刻なので、介護事務の求人もたくさんあると思われがちですが、実際には、介護事務のみの求人はあまり多いとは言えません。

すでにその職場に長く勤務しているケアワーカーがデスクワークに転じたり、大半の施設ではスタッフが事務を兼任している場合が多くあります。

しかし、需要は年々高まってきていると言ってもよいでしょう。高齢化は急激に加速し、施設の増加や、介護従事者の人手不足から、介護事務のみの求人も高まってくることでしょう。

 

まとめ

介護職の中では極めて肉体労働の少ない介護事務。

楽そうに思われがちかもしれませんが、介護施設の運営や管理、利用者やスタッフに欠かせない重要な役割を担っているとても必要な職業なんですね。

qna