今注目の「混合介護」いいトコロ,悪いトコロ大解剖!

Homemaker-Services

介護といってもかたちは様々。
どのような介護、介護サービスが存在するのでしょうか。
今回は、新しいかたちの介護として注目されている「混合介護」についてご紹介いたします。
「混合介護」ってそもそもどんなもの?「混合介護」を用いることによって生じるメリット、デメリットは?など、「混合介護」に関する様々な疑問を徹底解剖していきます。

関連記事

混合介護が始まる!?混合介護の最新情報を大公開!

「混合介護」ってそもそもなに?

「混合介護」は介護保険で1割負担をすることによってうけられる介護保険内でのサービスを利用することにプラスして、介護保険を利用せず、自費で「介護保険外サービス」を利用する、文字通り「混合」する介護のことを言います。

介護保険で受けられるサービスはとても限られたものです。 介護保険内のサービスは、被介護者自体に直接関わる必要最低限のサービスしか受けることができません。

しかし、「混合介護」では、介護保険内のサービスでは賄いきれない、不足したものを「介護保険外サービス」で補うというもので、より高品質な介護を受けることができます。

ただし、介護保険外のサービスを受ける場合は、全額自己負担、自己責任でサービスの選択を行う必要があります。

 

yjimage

 

 

「混合介護」のメリットって?

「混合介護」によって介護保険外のサービスがプラスされることによって、生活の質は向上します。

介護保険内のサービスでは「直接本人の援助に該当しない援助」、「日常生活の援助」に該当しないサービスを受けることはできません。

例えば、介護保険内のサービスでは、庭の手入れや、ペットの世話、イベント時の特別な料理などは本人の生活上必要な援助とは認められないために、受けることができません。

しかし、介護保険外のサービスはこれらのプラスの部分のサービスを提供することができ、利用者がより快適な生活を送る手伝いをすることができるのです。

ヘルパーの役割だけでなく、家政婦のような役割もしてくれるのです。介護保険内のサービスによってマイナスの部分をゼロに持って行き、「介護保険外サービス」によってゼロからプラスに持っていくことができるのです。

サービスの多様化によって、被介護者は自分のニーズにあった介護を組み合わせることもできるのです。

「混合介護」のデメリットって?

「混合介護」のデメリットとしてあげられるのは、「介護保険外サービス」をプラスすることは全額負担を自費でしなければいけないために、利用者の経済的負担が大きくなってしまうことです。介護保険内ではたったの1割負担であることから、余計に割高く感じられます。 経済的に厳しい状況である被介護者は「混合介護」をうけることは困難です。

また、「介護保険外サービス」は事業主によって価格の設定が自由に行われるために、介護保険外サービスの料金が高騰してしまう可能性もあります。

それに加えて、地方自治体の「介護保険内」と「介護保険外」のサービスの線引きがうまくできておらず、バラバラであるため、利用者にとって、分かりにくく、複雑であることなどがあげられます。

 

oosouji_mado

 

 

「混合介護」の特区って?

東京都は、規制を緩和することができる限定された地域のことを「国家戦略特区」とし、そのなかに「混合介護」も含まれることとなりました。

利用者のニーズに応える便利な家事サービスを、給付費で賄われる既存のケアとセットで同時かつ一体的に提供し、「介護報酬プラスα」の料金を取る制度の導入を目指しています。

弾力化して、柔軟に対応する制度へと既存の制度を見直しています。現在では豊島区への導入が想定されています。

まとめ

いかがでしょうか。「混合介護」は高齢者、被介護者の快適でより良い生活を営むために最適なかたちの介護です。

それにもかかわらず、あまり普及されていないのは、「混合介護」をスムーズに受けることができる制度などが十分に整えられていないことなどがあるのではないでしょうか。

「混合介護特区」がどのようにこの仕組みに影響してくるのか、期待が高まっています。

qna