高齢者の終の住処!?「サービス付き高齢者住宅」を大紹介

I3PIC-20141212151755

高齢化社会である現在の日本では高齢者にとってより住みやすく日常生活を送ってもらうサービスが様々あります。

その中で、高齢者の居住環境に焦点を向けた高齢者向け住宅が注目されています。

急激に進む高齢化に伴い、「高齢者住まい法」の改正が2011年に行われ、高齢者が安定して居住することができる機能があまり働かなくなっていた高齢者円滑入居賃貸住宅、高齢者専用賃貸住宅の運営状況が指摘されたために廃止され、サービス付き高齢者住宅への一本化が進められてきました。

ではいったいサービス付き高齢者住宅とはいったいどんなものなのか。基本的なことをご紹介します。

サービス付き高齢者住宅とは

サービス付き高齢者住宅は、バリアフリーの構造であり、一定の面積や設備を有し、安否確認や生活相談などの生活支援サービスによって専門家の支援なども受けることができる高齢者の安心安全を守るために設立される居住住宅です。

このサービス付き高齢者住宅は日常生活に支障のない比較的健康な段階で入居することができます。

また、要介護の高齢者なども外部の介護サービスを併用してより快適に居住することができるケースもあります。

サービス付き高齢者住宅にはトイレなどの基本的な設備のある居室の他に、他の居住者たちと共有することのできるフリースペースなどが設けられているところもります。

入居者の条件としては、「高齢者住まい法」に基づき、

①60歳以上の者、

②介護保険法に規定する要介護認定もしくは要支援認定を受けている60歳未満の者、となります。

 

 

shiniamukemansyon_1

サービス付き高齢者住宅の費用はどのくらいかかる?

サービス付き高齢者住宅は一般的にマンションなどと同じように賃貸借契約であるケースが多く、入居する際に、敷金はかかるが、礼金はかかりません。

しかし、サービス付き高齢者住宅の中には、初期費用が0円であったり、前払金が必要なケースがあります。

入居者の状況によってサービス費や生活費が異なるために、費用は入居者個人の状態やニーズによって選ぶサービスや家賃の組み合わせによってある程度の差が出るが、月々最低15万〜30万で居住することができるようです。

 

 

サービス付き高齢者住宅と介護保険の関係

サービス付き高齢者住宅の介護保険の自己負担額は一般的な他の介護施設と同様に、現状1割となっています。

サービス付き高齢者住宅は施設内で生活しながら、食事や排泄などの身体的・生活的なサービスを介護保険の定額ので受けることのできる「特定施設入居者介護」の指定をうけた特定施設と、訪問介護などの外部の事業者を利用した介護保険サービスを受ける一般的な施設にわかれます。

 

ac652ba74dd52cb9decaeb2698fa21e2

 

サービス付き高齢者住宅の住所地特例って?

介護保険制度の原則は被保険者は自らの住所地である区市町村が設けている介護保険を受けるのが原則である。

しかし、住所地特例対象施設であるサービス付き高齢者向け住宅に入居し、施設のある区市町村に住所を移した場合でも、施設居住前の住所地である区市町村の介護保険を受け続けるのが住所地特例です。

これは施設を有する区市町村の財政負担を軽減するために、2015年の介護保険改正によってサービス付き高齢者住宅にも適用されることになりました。

まとめ

サービス付き高齢者住宅の数は高齢化社会に伴って増加してきています。

健康な高齢者でも居住でき、自分のニーズに合わせてサービスを選ぶことができる点からも、需要も高まっています。

サービス付き高齢者住宅では自分の経済状況や生活状態に合わせて家賃やサービスを組み合わせることによって、より最適な生活を送ることができるのではないでしょうか。

今後さらに利用者が増えていくであろうサービス付き高齢者住宅にこれからも注目していきたいです。

qna