「介護リハビリ」って普通のリハビリと何が違うの?

rehab-parallel

介護リハビリという言葉があります。また、医療リハビリという言葉もあります。

普通に会話するときは、単に「リハビリ」というので、なかなか違いがわかりにくいですよね…。

そこで、今回は、その2つの違いは何か、また介護リハビリとは何か、についてご紹介します。

医療リハビリとは?

目的:医療保険でのリハビリとは外来(通院)・入院など病院で行う治療・訓練による身体機能の早期改善(病気別に)を目的としています病気別にリハビリが行われること、リハビリが受けられる日数に制限があることが主な特徴です(医師の判断で延びる場合もあります)。

病院はリハビリの専門職も多く、充実したリハビリを受けられますが、長期にわたってのリハビリはなかなか受けられません。

理学療法士や作業療法士、言語視覚士が中心となって行います。

介護リハビリ

目的:介護保険でのリハビリとは、生活機能を日常生活を通して維持することを目的としており、介護認定を受けている方が受けられます。

大きく分けると3種類あって、「施設に通って行う通所型リハビリ」、「自宅に介護士が来て行う訪問型リハビリ」、「施設に入所して行う入所型リハビリ」の3つです。

ちなみに通所リハビリのことをデイケアと言います。

医療保険でのリハビリとは異なり、日数や症状に制限がなくリハビリの必要性があれば継続して受けられるので、長期のリハビリには介護保険のほうが向いています。

介護福祉士、ホームヘルパー、社会福祉士などが中心となって行います。

医療保険と介護保険は併用できるの?

基本的に同一の病状で医療保険と介護保険の両方のリハビリを提要することはできません。2つとも適用できる場合は、基本的に介護保険が優先されます。ただし、以下の例外はあります。
・一旦介護保険のリハビリテーションを行ったが再度医療保険のリハビリテーションを行う場合、同一月については併用不可だが介護保険のリハビリと、医療保険のリハビリの実施月が異なる場合は併用が可能になります。
必要な場合は診療記録、診療報酬明細書に「医療保険に関する疾患別リハビリが終了する
日」を記した場合、終了日前1か月間に限り同一疾患において介護保険でリハビリを行った日以外の日に医療保険でリハビリを受ける事が可能になります。
・難病患者の場合、医療保険のリハビリと介護保険のリハビリの併用が出来ます。
・介護保険サービスによる訪問看護利用者が急性憎悪等の事由により医療保険サービスによる訪問看護サービスを受ける場合併用が出来ます。

まとめ

基本的にどちらかしか使えませんが、両方使うこともできるんですね。

しっかりと使える条件を理解しておいて、いざ必要になった時に併用できるようにしましょう。

qna