機械浴って何?種類は?メリット、デメリットは?

Portrait_of_senior_couple_standing_by_mirror_in_bathroom

病気や病気の後遺症、加齢による衰えで歩行や座位が困難になると、多くの介助が必要になります。自宅で介護するにあたって特に困るのが入浴介助です。自宅で入浴ができない状況になったことをきっかけに施設介護に切り替えていくということも多く、入浴をどのようにして行うかが自宅での生活を継続できるか否かの分かれ目になることも多いです。
入浴介助では介助される本人にとっては、心臓や身体への負担、さらには事故リスクなどの安全上の問題が考えられるだけでなく、介助者にとっても介助負担は小さくありません。
入浴介護の現場では、身体の状況に応じていくつかの浴槽が準備されています。
今回は機械浴について詳しく見ていきましょう。

 

機械浴とは

機械浴とは、歩行や座位を取ることが不自由な利用者に対し、特殊な浴槽を使用して入浴の介助を行うことです。 浴槽へ入る動作が困難な場合でも機械浴を利用することによってお湯に浸かることができます。身体をしっかり暖めることができ、介助者は負担を最小限に抑えながら安心・安全な入浴介助を行うことができます。

~機械浴の歴史~

機械浴槽も時代ともに変化してきました。
介護保険が始まる以前の時代は介護と言えば主に特養での介護が主流で当時設置されてた機械浴槽のタイプは横になったまま入浴するタイプが主流でした。
現在も横になったまま入浴する機械浴槽は使用されていますが、その当時は特殊な機械を使った大型浴槽がメインで、ガチャガチャッと金属音を響かせながら、作業的に介助していくという状況にありました。利用者が快適に入浴できるような造りというよりは入浴介助者の負担を減らす上で必要な機能を搭載した機械というようなものでした。
当時はQOL(生活の質)という言葉もあまり浸透しておらず、勿論入浴の質への意識は低い時代でしたので、現代のように見た目にホッとするような外観や付属品の肌触りやフィット感を考えると「快適」というには遠い物でした。

 

機械浴の種類

機械浴の種類は身体状況によっていくつかの種類に分けられ、大まかには座って入るタイプと寝た状態のまま入るタイプがあるといえます。

■座って入るタイプの機械浴~チェアー浴~

チェアー浴はキャスターの付いた椅子に座った状態で浴槽の正面または製品によっては横を開いて入り、お湯を溜めていくタイプ。
足を上げて浴槽をまたぐことができなくても、座る姿勢を取ることはできるという方に適しています。
多くの製品でチェアーにリクライニング機能がついているので、肩までお湯に浸かることが可能です。

■座って入るタイプの機械浴~リフト浴~

リフトに座った状態で既存の浴槽に浸かるタイプ。チェアー浴同様にリクライニング機能により方までお湯に浸かることができます。

■寝たまま入るタイプの機械浴~ストレッチャー浴~

ストレッチャー浴はストレッチャーに寝た状態で体をベルトで止め、横から浴槽に入りお湯を溜めるものや、あらかじめ溜まったお湯にストレッチャーごと浸かるものなどがあります。座位を取ることが難しい寝たきりの方に適しています。

 

機械浴のメリット、デメリット

次に機械浴のメリット、デメリットについてみていきましょう。

■機械浴のメリット

最大のメリットは、浴槽に浸かれるということ

入浴は日常生活において清潔を保持するためや、快適さを得るための大切な行為です。足が上がらなかったり寝たきりになってしまった時に、シャワー浴や清拭だけで満足できるでしょうか。
浴槽に浸かるという行為ができるだけで、気持ちがだいぶ変わります。体を自由に動かせなくなったときでも入浴できるということは快適に過ごすことにつながります。

健康の維持、促進につながる

また、浴槽に浸かり、ゆっくりと体全体を温めることができることで血行促進にもつながり健康の維持、促進にもつながります。

介護者の負担軽減

入浴介助は介助者にとってかがんだり、中腰になったり、支えたりと身体的に大きな負担となります。無理に介助を行うと介助者も介護される側にとっても疲労と恐怖、事故の危険を伴います。
身体の状況に適した機械浴ができることで介護負担がかなり軽減できます。

■機械浴のデメリット

尊厳をそこなわないように

機械浴を行う場合、介護される側(以下※利用者さん)の尊厳に関わることに気を付けなければいけません。チェアー浴もストレッチャー浴も、服を脱いだ状態で椅子に座ったりストレッチャーへ横になります。特にストレッチャー浴の場合は自室にて準備をし、浴室まで行くということも多いでしょう。全裸の状態でいる時間は不安や恐怖を感じるものです。たとえわずかな時間であっても浴室までタオルや布団を上にかけた状態で移動しましょう。
利用者さんの気持ちに沿った声掛けや対応ができるように注意しましょう。

不安や不満、恐怖心が生まれやすい

機械浴では利用者さんは全裸になり、その身を無防備な状態で介助者に任せることになるので常に不安や恐怖心があります。介護者が安心できるような声かけや適切な対応を行うことが重要です。対応に不安や不満を抱いてしまうと入浴すること自体が億劫になってしまったり、入浴拒否につながってしまいます。

事故防止~機械の取り扱いに注意をしよう~

機械浴では、機械の取り扱い方を熟知し慎重に作業しましょう。誤った操作は事故につながりかねません。利用者さん自身も慣れない機械操作を見ると不安や恐怖を感じてしまうでしょう。
事故防止~湯の温度に気をつけよう~
機械浴に限らず、介護における入浴介助ではお湯の温度の確認を必ずしましょう。特に機械浴では過去にも湯温が熱すぎたための事故の報告などがあります。
機械浴の対象となる方は重度の意識障害の方や、感覚が麻痺している方も多く意思を表すことが難しい場合もありますので、介護者の対応がとても重要です。

 

機械浴の注意点

機械浴で注意が必要なことをまとめておきます

■機械、機械操作関連の注意点

・機械浴槽が正常に作動するかの事前確認
・機械浴槽に付随した物品の安全確認(チェアーの破損やシートの状態)
・清潔であるかの確認

■入浴介助における注意点

・湯の温度確認
・ストレッチャーの角度の確認(身体への負担、耳に湯が入ってしまわないか)

■利用者さんに対しての注意点

・入浴前の健康チェック
・皮膚状態の確認
・無理な体勢になっていないかの確認
・精神面の確認(不安や恐怖、心地悪さがないか)

以上の注意点は全て事故のない安全な機械浴につながります。

まとめ

入浴をして身体を清潔に保つということは、身体機能の健康を維持するだけでなく精神的な安定ももたらします。
介護量が多くなって思ったように入浴ができなくなると、入浴に何らかの介助が必要になります。シャワーや清拭などは心地よいものですが、やはり湯に気持ちよく浸かりたいものです。機械浴の対象になっても身体の状況に応じた必要な介護の方法であると捉え、安全で快適に継続的に入浴できることが大切です。

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら