「家政士検定」で注目が集まる「家事代行サービス」アプリ3選

silver-angels-homemaker-service

最近、「家政士検定」という言葉をよく耳にして、家政士って何?と興味を持った方も多いのではないでしょうか。

詳しく知りたい方はすでにご紹介した

『話題の資格「家政士」検定を大紹介!』をご覧ください。

ここでは、日本看護家政紹介事業協会による、家政婦の仕事を紹介します。

「家政士」とは… 衣食住に係る家事サービスを中心に、介護や子 育て支援、社会関係維持の支援など、家族に寄り 添って生活全体をサポートし、また、コミュニケー ションやホスピタリティなど、人間関係力にすぐれ た「家族のパートナー」としての役割を担う「オー ルラウンドの生活支援パートナー」です。

そこで、今回は、家政婦の仕事の中でも特に中心となる家事代行サービスを提供する”おススメの”アプリを3つ紹介しちゃいます!

DMM Okan

「DMM okan アイコン」の画像検索結果

正確に言うと、依頼者向けの「DMM Okan-家事代行アプリ」と家事代行スタッフ向けの「家事代行おしごとアプリ-DMM Okan」の2種類があり、依頼者とスタッフをマッチングし、決済まで提供しています

。業界最安水準という1.5時間3600円(消費税・交通費込み)から利用でき、必要に応じて30分1200円単位で延長できます。また、いつでも依頼でき、作業状況がリアルタイムで表示されるので安心でき、専用のチャットで担当者に細かい依頼もできます。

 

サポート体制も充実しており、アプリ内のサポート窓口に相談できます。

CaSy

「CASY」の画像検索結果

交通費は含んでいないものの、1時間2190円からという、業界最安水準を達成しており、申し込みの手順が圧倒的に容易です。

しかし、なんといっても一番の強みは、圧倒的なスタッフの質です。

人柄やコミュニケーション能力を重視した面接や、そのあとの厳しいスキル審査を経て採用された方々なので、気持ちの良い対応で、かつ高い掃除技術でサービスをします。

個人情報の取り扱いに関しても十分研修を行っており、プライバシー保護の面でもきちんとした方ばかりだそうです。

サービス利用後は、利用者がスタッフさんを評価する制度があるので、質が保たれています。

専門ハウスクリーニング&家事代行(ブレス)

「家事代行 ブレス」の画像検索結果

サービスを提供する地域の広さに特色があります。

関東・関西にとどまらず、名古屋や福岡など、またその他の地域も相談に応じるという広さです。

また、ハウスクリーニングの中でも専門的な技術が必要なものまで扱い、清掃やコーディングも行います。

まとめ

いかがでしょうか?

家事代行サービスのおススメアプリを3つ紹介しました。

家政士の仕事の一部とはいえ、中心である家事代行サービスをアプリで簡単にマッチングして受けられる

のは便利ですね。気軽に使えそうです。

qna