「居宅サービス」が増えている!!「居宅サービス」5選を紹介

Female-carer-sitting-with-senior-man-talking-000068074311_Small-848x430

「居宅サービス」とは一体何でしょうか?

在宅サービスといった方が馴染みが深いかもしれません。

 

その名の通り、家にいながらにして、介護サービスを受けられることです。

介護サービスは、この「居宅サービス」と施設サービスの二つに大きく分けられます。

ちなみに、居宅サービスには、有料老人ホームやケアハウスなどに住んでいる人がそこで受けるサービスも含みます。

「居宅サービス」は、訪問サービス、通所サービス、短期入所(ショートステイ)、介護環境を整えるサービス、その他のサービスに分けられます。

訪問サービス

訪問サービスは、居宅サービスの中心的なサービスです。

身体活動や生活の介助をする訪問介護がもっとも一般的に利用されていて、ホームヘルプサービスという言葉でおなじみな人もいるのではないでしょうか。

身体介助は主に食事介助、排泄介助など、生活介助は主に、掃除、洗濯、買い物などがあります。

また、重度の人のための訪問入浴介護があり、寝たままでも浴槽に運び込まれて、体を洗ってもらえます。

看護師の仕事を自宅でする訪問看護では、具体的には、病状観察、脈拍や血圧の測定、点滴や服薬の管理などをしてもらえます。

その他には、家でリハビリをする、理学療法士や作業療法士による訪問リハビリテーション、家で療養上の管理や指導をする、持病を抱えている人のための居宅療養管理指導があります。

 

通所サービス

通所サービスは、施設に通って受けるサービスです。通所介護(デイサービス)、通所リハビリテーション(デイケア)があります。

デイサービスでは、入浴や食事の介助、健康状態の確認などが行われます。

この利点は、サービスにとどまらず、外出することで、要介護者が、リフレッシュしたり、社交的になるなど、精神面で良い影響があり、家族も介護のことを考えず、自分の時間を楽しむことができます。

デイケアも、訪問リハビリテーションでなされることを施設で受けることで、同様のデイサービスと同様の効果が見込めます。

短期入所

短期入所は、施設に短期間滞在して受けるサービスです。短期入所生活介護、短期入所療養介護があります。

どちらのサービスも、家族が病気になったり、何日か家を開けなくてはならなくなったり、介護から離れてリフレッシュしたくなったりした時に利用できるサービスです。

 

介護環境を整えるサービス

福祉用具貸与、特定福祉用具販売があります。

家にいることが多い、要介護のお年寄りに車椅子や特殊なベット、歩行台などを貸し出します。ただし、

腰掛け便座や簡易浴槽など、衛生上販売するのが望ましい場合は、購入費を一部補助します。

特定施設入所者生活保護

特定施設は、介護保険の指定を受けた有料老人ホームやケアハウスのことです。

 

これらの施設の入所者が受ける介護や、機能訓練、療養上の世話などのサービスを受けることができます。

まとめ

居宅サービスにもいろいろな種類がありますね。

他の記事でもそうですが、介護の用語は、たくさんのサービスを含んでいることが多いですね。

それだけ手厚い支援が伺えます。また別の機会に、介護を構成するもう一つのサービス、施設サービスも

紹介したいと思います!

qna