「要介護」と「要支援」の違いを大解剖!!

GS3486477

介護で働いていると「要支援」、「要介護」などを良く耳にしますが違いはあるのでしょうか。

今回はそんな「要支援」と「要介護」の違いについてご紹介したいと思います。

 

「要支援」も「要介護」介護には絶対必須

介護が必要になる対象は、65歳以上の方、もしくは40~64歳の方で、加齢が原因と思われる特別疾病

の方に限られます。

どちらも、介護保険を適用してサービスを受けるのに必要ですが、支給される額や受けられるサービスに

差があるので、違いを理解しておきたいところです。
一言で言うと、要支援は、介護を受ける必要がない人、要介護は介護を受ける必要がある人のためのものです。

kaigo_tesuri1

 

「要支援」とは?

介護を受ける必要がないのであれば、要支援認定は、何をサポートするのでしょうか?

要支援とは、将来的に要介護の状態になる可能性がある人に、身体機能の現状維持や向上(介護予防と言います)を提供するためのものです。歳をとっても健康を維持するのをサポートします。

要介護1と要介護2の2段階があり、要支援1よりも要支援2の方が、よりサポートを必要とします。

具体的なサービスは、自宅型、通所型、入所型の三つに分けられます。

自宅型では、入浴の手伝いやリハビリ、看護訪問などです。通所型は、デイサービスや通所リハビリ、ショートステイ(施設に短期間入所すること)など、入所型は、老人ホームに置ける食事サポートやリハビリなどを提供します。

介護予防を主眼に据えているので、リハビリなどは、個人にあった形を選択できます。

4b6be17e7cf9bd3c56d1bdf821e86bc5

 

 

「要介護」とは?

「要介護」では、介護を中心としたサービスを提供します。

要支援の人よりもサポートの必要が多い人向けですが、身体機能の現状維持や向上にも積極的に取り組みます。

要介護1から要介護5までの5段階があり、番号が大きくになるにつれて、より多くのサポートが必要となります。

要支援と同様に、具体的なサービスは、自宅型、通所型、入所型の三つに分けられます。

自宅型ではホームヘルプ、要支援より負担の大きい入浴などです。

通所型は、デイケア(リハビリ)、デイサービス(身の回りの世話)、短期入所療養介護(リハビリ)、短期入所生活介護(身の回りの世話)などです。

入所型は、施設における介護や機能訓練、車椅子の貸し出しなどです。

 

スクリーンショット 2017-01-31 15.55.27
厚生労働省 『公的介護保険制度の現状と今後の役割』より

スクリーンショット 2017-01-31 16.40.16

厚生労働省『要介護認定の仕組みと基準』より

まとめ

いかがでしょうか?

支援の段階に7段階も設けられているんですね。

支給額や受けられるサービスの内容が、各段階で異なるので、各段階の違いをしっかりと理解しておくことが必要です。

もし、行政に指定された区分が不服だった場合、再審査を求めることもできますから。

関連記事

【要介護特集第2段】「要介護4」はどんな状態!?

qna