法事の香典返しについて教えて!品物の種類は?相場は?

8fc6f7000dce86058e022ddda7e7fee1_s

法事・法要とは、故人の冥福を祈り、供養をするために行われる仏教行事です。忌明けの日までの間、七日おきに例えば初七日(しょなぬか)、二七日忌(ふたなぬk)〜四十九日(しじゅうくにち)といった具合に法要がありますが、忌明けまでの間の法要は、初七日と四十九日以外は遺族のみで行なわれることが多いようです。
四十九日が忌明けとされ、この日を過ぎると年忌法要となります。法事はお客さんを招いて行われ、しきたりに沿って様々な準備が必要となります。
遺族が準備するものの一つである香典返しについて詳しく見ていきましょう。

 

法事の香典返しとは

■香典返しの予算

典返しを贈る場合は、それぞれいただいた香典の半額を目安にした品物を用意するのが一般的とされています。
葬儀当日に香典返しを贈る場合は、香典の額にかかわらず、数千円程度の同じ品物をお渡しすることが多いようです。
もしも、高額の香典をいただいた場合は、忌明けの後に改めて「香典の半額」から葬儀当日にお渡しした「香典返しの額」を引いた程度の予算で、お礼の品を用意するとよいでしょう。

■香典返しの熨斗(のし)について

・水引は「黒白」が一般的

ごく一般的な香典返しの熨斗(のし)は「黒白結びきりの水引」が描かれています。
地方によって違いがあるようで、関西~西日本では「黄白の水引」を用いることもあります。「結びきり」の意味は、弔事が何度も繰り返されないようにという意味で結び直せないように結びきりになっているとされています。
一方、「ほどけそうでほどけない」ことから、末長いおつきあいの意味を込めて「あわじ結び」を用いることもあります。「あわじ結び」は慶弔どちらにも使われます。

・熨斗の表書き

香典返しの熨斗の表書きは仏式では「志」と書くのがよいでしょう。
関西~西日本では「満中陰志」とすることもあります。
神式、キリスト教式では「偲草」と書くことがあります。ただし、本来神式やキリスト教式には香典返しの習慣はありません。神式では「五十日祭」、キリスト教式では「三十日目の追悼ミサ」(カトリック)、「一ヶ月目の召天記念日」(プロテスタント)にそれぞれ香典返しにあたる品を用意することが多いようです。表書きは「志」に加えて「偲草」(偲び草)が使われることがあります。

 

法事 香典返しの品物の種類

香典返しは、「不祝儀をいつまでも残さないように」という考え方から「すぐに使ってしまい、消えてなくなるもの」を送ることが一般的です。
香典返しとしてよく使われている品物についてみていきましょう。

■定番の食品~お茶、海苔、お菓子のなど~

お茶、海苔、干し椎茸、砂糖、お菓子などは香典返しとしてよく使われる定番の食品です。「食べてしまえばなくなる」のですが、送られた人が急いですぐ食べなくてもいいように、ある程度「日持ちがする」ことが心づかいのポイントです。

■日用品~石鹸や洗剤、タオル、寝具など~

食品同様、「使ってしまえばなくなる(消耗)」という意味合いから、石鹸や洗剤、タオルや寝具類などの日用品も香典返しの定番です。普段購入するには少し高いと躊躇してしまうメーカーの石鹸や洗剤、日本製やオーガニックなどの素材にこだわった品を選ぶのもよいかもしれませんね。

■カタログギフト~カタログギフトなら肉や魚もあり~

香典返しでは一般的に「四つ足生臭もの」と呼ばれる肉、魚などは避けられるのが一般的です。しかし、カタログギフトであれば直接お渡しするのではないので最近では大丈夫とされています。お酒などの嗜好品も同じようにカタログギフトであれば掲載されています。
カタログギフトは、贈る品物の選択肢も増えますし、なにより相手の好きな品物を選んでいただけるので、現代の暮らしに合った新しい香典返しの方法として、人気を集めています。
また、相手の好きな品物を送りたいという意味では、「相手に選んで好きな物を買っていただく」という主旨で金券や商品券も考えられますが、香典返しでは金額がはっきりわかるものはふさわしくないとされていますので、なるべく避けたほうがよいでしょう。そのような意味でも、金券や商品券の代わりとしてカタログギフトであれば、金額は分かりにくくなっているので利用しやすいですね。

 

法事の香典返しの相場

香典返しの相場はどのくらいなのでしょうか。よく、いただいた香典の2分の1から3分の1程度が目安ということを耳にします。
しかし、2分の1と3分の1では、贈り先の数が多い場合には、大きな差が生じますので看過できませんね。ここでは、香典返しの相場や考え方、金額の決め方などについてみていきましょう。

■半返しの由来

いただいた香典の半分程度を返す「半返し(半分返し)」という考え方は。一説によると、昔は葬儀を終えるといただいた香典の半分程度が残ったため、その分をお世話になった方にお返ししたり、菩提寺に寄進したりしたのが半返しの由来とされています。
地域によって考え方が異なることもありますが、半返しの考え方が全国的に広まっているといえます。地域差を単純に東と西とで分けて決めることも難しいようです。
基本的には半返しと考えておけば、問題ないでしょう。

■「3分の1返し」でよい場合

親族や身内から5万円や10万円といった多額の香典をいただくことがあります。これは「葬儀の足しに」という意味合いが込められているので必ずしも半返しにこだわらなくてもよいとされています。
四十九日法要後に3分の1から4分の1程度の香典返しの品をお贈りするとよいでしょう。ただし、この考え方も地域や親族内の慣習が存在するケースがありますので、一概に決まっているわけではありません。親戚同士、近所同士で「お互いさまの気持ち」で日頃から取り決めているということも意外とよくあるようです。

 

法事の香典返しのお礼状

香典返しには、品物だけではなく挨拶状(お礼状・奉書)を添えるのが一般的です。忙しい中、故人のためにお供えをくださった方へ謝意を伝えるためであり、また、故人の法要が滞りなく行なわれたことの報告も兼ねています。

■文面は文例を参考にアレンジ

挨拶状(お礼状・奉書)の文面には様々な種類があり、どの文面や言葉遣いが好ましいかも場合によって違います。葬儀を行なった地域の習慣に詳しい知人や、贈答品の業者に相談しながら、既製の文例を参考にして書いてみるのもいいでしょう。

■「、」「。」を使わないように

既製の文例をアレンジしたり、自分で挨拶状(お礼状・奉書)を書く場合には、文中で「、」「。」(句読点)を使わないようにくれぐれも注意しましょう。なぜタブーになったかには諸説ありますが、「法事もお礼状もつつがなく進むように」、「句読点は『相手に読解力がない場合の補助』とされるから」などのいわれがあります。

これも知っておきたいマナー

~香典返しに対する礼状は不要~

一般的に香典返しに対する礼状は「不祝儀が繰り返される、後をひく」という意味
で昔から忌み嫌われ、失礼とされてきました。しかし、先方に受取ったお礼を申し上げたい場合には、葉書などでお伝えすることもあるようです。

 

まとめ

元々「香典」は仏事において香(お線香など)を供えることから、昔は香典は故人にお供えする為の香料を金銭、もしくば米などの物品を差し出していました。香典は今の時代だと、お金を包んで遺族の方に渡しているのが一般的ですが、昔はお金より葬儀で必要とされる食品が多く、最もお米を供えることが一般的となっていました。また、戦後の切迫した生活から葬儀や香典にあまりお金をかけないような考え方も広まったとされています。
時代や地域によって香典や香典返しの考え方も違い、そして変化していると言えそうです。

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら