慌てないための介護入門 : ライター紹介

1

私は都内の大学生で、発達障がいのある子どもを対象としたフリースクール・イノベーションスクールでインターンをしています。

福祉系のイベントでCARERを運営しているスタッフの方と知り合い、インターンとして数回に分けて記事を投稿させていたくことになりました。

 

近い将来、日本の認知症患者が1000万人にも達するというニュースを見ました。

日本は高齢化社会と呼ばれて久しいですが、現実として私たちの世代は高齢化社会に対してどのように向き合っていいのかというイメージが持てないでいるように思えます。

病気になるまで医療や健康についてあまり知識がないのと同じように、介護も、親の介護が必要になったりして、はじめて向き合う問題であるように思うのです。

自分の身体や健康についての正しい知識が普及していれば、病気を予防したり、よりよく対処することができるよに、介護についても、そうであってほしいと思います。

これから介護と向き合う人たちのために、少しでも役に立つことができればと思い「介護入門」というテーマで、私も学びながら記事を書いていこうと思います。

qna