作業療法士を取得できる大学ってどんなのがあるの?

image

怪我や病気で入院して、退院後日常の生活において自分の体が思ったより機能が低下して、通常の生活に戻れない時にリハビリにより機能回復に努める事だと思います。そんなときに専門的なノウハウをもって指導してくれるのが今回の主人公の「作業療法士」です。

その作業療法士への道のりを紹介させていただきますので、これから資格取得を目指している方は是非参考にしてください。

 

作業療法士の大学とは

作業療法士は、英語でOccupational Therapist(オキュペイショナル・セラピスト)といい、その頭文字をとって「OT」と呼ばれています。 勤務先は病院やリハビリテーションセンター、特別養護老人ホーム、精神神経科病院、肢体不自由児施設などです。 作業療法士の具体的な仕事は、木工や手芸、園芸、絵画などの作業技法により、機能の回復や日常活動動作の維持・改善を図り、自立的な生活ができるよう訓練や指導・サポートを行います。その際、医師や理学療法士たちと力を合わせて治療にあたるため、協調性や患者の状態を正確に把握する能力も必要です。作業療法は*1職業準備訓練という目標を持っており、精神的・心理的な安定を目的としているところが理学療法とは異なる点です。

作業療法士になるには、国家試験に合格して免許を取得しなければなりません。受験資格を得るためには、高校卒業後、国の指定する専門学校や大学・短大などの作業療法士養成施設で、必要な知識や技能を修める必要があります。

一言アドバイス

*1職業準備訓練とは、職業生活に必要な基本的な労働習慣を身に着けたり、社会生活を過ごすために必要な技能を向上させるための訓練を指します。その内容も人によって様々なため、対象者のニーズに合わせて構成さ

れるのが特徴です。就職や復職、職場への適応に向けた準備性を高めるために、実際の職場で働く経験をすなんて場合もあるようです。

 

benkyoukai_kunrenkou

 

作業療法士資格取得できる大学の紹介

作業療法士の資格取得の為には国の指定する専門学校、短大、大学で資格取得の為のカリキュラムをこなして最終的に国家試験に合格しなければ作業療法士にはなれません。ここでは大学情報を紹介させていただきます。

作業療法士資格取得できる大学一覧

ここで全国の地域別の作業療法士学科がある代表校を紹介させていただきます。

【地区:北海道】

【大学名】
北海道文教大学 作業療法学科

【特色】
他学科との連携で在学中から『チーム医療』に触れる環境人間科学部に併設されている健康栄養学科(管理栄養士)、理学療法学科(理学療法士)、看護学科(看護師)とともに学べる環境の中で、医療現場に不可欠なチーム感覚を養い。また、外国語学部との連携も強化し、国際的な視野とコミュニケーション能力をそなえた作業療法士の育成をめざしている。総合大学だからこそなせる複眼教育といえます。

【地区:北海道】

【大学名】
北海道医療大学 作業療法学科
【特色】
医療系総合大学ならではの医学系科目はもちろん、この大学独自の科目も充実しており。他学部でも基礎医学科目の講義や演習を担当しているその道のスペシャリストが、医学系科目を担当。他学部の教育資源を生かした医療系総合大学ならではのカリキュラムで、人体の機能や構造などの知識を深く学ぶことができます。また、チーム医療を実践する多彩な専門職に対する理解を深めるために保健・医療・福祉を幅広く学ぶ「全学教育科目」や、患者さんと接する際の、医療人に必要とされる態度 やマナー、コミュニケーション力を身につける科目など、独自の科目が充実。学部学科の枠を越えて高度な知識と技術を学び、これからの時代に必要とされる豊かな人間性をもつ作業療法士を育成している大学です。

【地区:東北】

【大学名】東北福祉大学 リハビリテーション学科 作業療法士専攻
【特色】
保健・医療・福祉におけるリハビリテーションを包括的に実践し、自立と社会参加による豊かな生活の創造に寄与できる人材を育成します

【地区:関東】

【大学名】日本医療科学大学 リハビリテーション学科(4年) 作業療法専攻
【特色】
患者さんがその人らしく、自立的に生活出来るように支援するため、責任を持って対応できる作業療法士を育てる教育方針です。この作業療法専攻では臨床実習が充実しており1年次に見学実習、2年次から全国にある実習施設で臨床実習を実施。また「地域作業療法学」では、関連機関・施設で現場を実際に見学し、訪問作業療法や自宅指導、ご家族への介助法の指導など体験的に学びます。その他、精神医学やチーム医療についても学びます。
また世界作業療法士連盟(WFOT)に作業療法士教育の基準を満たしていることを認められた認定校です。

【地区:関東】

【大学名】東京医療学院大学 リハビリテーション学科 作業療法専攻
【特色】
作業療法学専攻はより充実した生活を手にしてもらうために、身体または精神に障がいがある方の自立をサポートします。運動機能が回復した人や精神に障がいがある人に対して作業療法を行い、自立した生活を促すのが作業療法士の仕事です。この大学は医学の基礎を学んでから身体・精神・発達の3つの領域における作業療法についての知識と技術を修得するとともに、医療職に相応しい資質と人格を養っています。

【地区:東海】

【大学名】愛知医療学院短期大学 リハビリテーション学科(3年) 作業療法専攻
【特色】
身体や精神に障がいを持った人に、さまざまな作業活動を通して社会復帰することを助ける作業療法士を育成します。世界作業療法士連盟「WFOT」の教育水準審査における認定校としての要件を満たす教育課程を編成しています。

【地区:東海】

【大学名】星城大学 リハビリテーション学科(3年) 作業療法専攻
【特色】
小規模で高度な教育研究能力を持つ大学です。あたたかい雰囲気で楽しく学べる環境で高い研究力を持つ教員による少人数クラス中心の高度な専門教育などを通して、自分で夢を実現していけるチカラを身につけることができる大学です。

【地区:東海】

【大学名】金城大学 医療健康学部4年) 作業療法科
【特色】
この大学では、学生が自ら学ぶ意欲を4年間を通して丁寧にサポートしています。まず1年次の「基礎演習1・2」で、大学の学習に必要な基礎能力を、3年次からの「基礎ゼミ1・2」「卒業ゼミ1・2」「卒業論文」では、自ら問題を発見し解決する能力を養成。4年後期の「総合学習」では、これまでの学習を振り返り、作業療法士としてのスタートラインとなる国家試験合格を目指します。また、専門科目においては、医療はもちろん心理学や社会福祉系の学びも充実。患者さんの心を理解するコミュニケーション力や、福祉専門スタッフとの連携に欠かせない知識を身に付けていきます。

【地区:東海】

【大学名】藤田保健衛生大学 医療科学部(4年) 作業療法専攻
【特色】
医療現場で即戦力となり、生涯成長し続ける作業療法士の養成をめざす「臨床最重視」と考え、全国でも有数の実習の質と時間を提供しています。実習時間は指定規則を上回る1590時間を確保。その6割を3つの教育病院でおこないます。卒業後すぐに即戦力として活躍できる作業療法士の知識、技術、態度を身につけます。

【地区:東海】

【大学名】平成医療短期大学 リハビリテーション学科(3年) 作業療法専攻
【特色】
少人数教育によるきめ細かい指導で作業療法の技能を習得し、コミュニケーション能力も磨きます
実技や演習を多く取り入れているため、臨床実習や実際の仕事に就いたとき、すぐに役立つ技能が身につきます。実技授業では、1学年40人に対して複数の教員がつき、きめ細かく指導。また、実践で求められるコミュニケーション能力を磨き、患者さまの状態を把握し、リハビリ計画を自分の力で立てる能力を養います。

【地区:近畿】

【大学名】大阪河崎リハビリテーション大学 リハビリテーション学科(4年) 作業療法専攻
【特色】
作業活動を通じて、応用動作能力・社会適応能力の回復を目指す施術法を学びます。手工芸、遊び、スポーツ、日常生活活動、職業的活動などの作業活動を主な手段として身体機能の維持・向上・改善を図る力を修得。「こころ」「からだ」の両面からケアできるスペシャリスト、作業療法士を養成します。専門科目のほかにレクリエーション理論・ガーデニング・園芸療法などを通じて幅広く作業療法学を学びます。

【地区:近畿】

【大学名】大阪保健医療大学 リハビリテーション学科(4年) 作業療法専攻
【特色】
WFOT(世界作業療法連盟)による世界教育基準をクリアした教育!即戦力となるセラピストを養成
身体または精神に障がいがある人に対して、社会参加する能力を維持・回復させる作業療法士。対象とする人々は、子どもから成人、高齢者までと幅広く、対象者を援助する方法も様々です。この大学の作業療法学専攻はWFOTの許可校。学内外での多彩な演習・実習に取り組み、医療・福祉の現場が求める実践力を備えた人材を育てます。

【地区:中国】

【大学名】川崎医療福祉大学 リハビリテーション学科(4年) 作業療法専攻
【特色】
多様な分野で社会に貢献できる理学療法士・作業療法士を育成医療や保健、福祉などの分野で貢献し、リハビリテーションを推進するチーム医療の一員として活躍できるセラピストを育成。けがや障がいによって身体機能が低下している人に対して運動療法や日常生活動作訓練、物理療法を行う理学療法士、食事や着替えなどの作業活動を用いて訓練や指導、援助を行う作業療法士をめざしたカリキュラムを行っています。

ここで取り上げました全国の作業療法士の育成に力をいれている代表的な大学を紹介させていただきましたが、ま
だ作業療法士の国家資格は、理学療法士等に比べて比較的に歴史も浅いこともあり学校の数も知名度等広範囲に浸透していない事も現実の問題としてあります。
しかしこれから迎える超高齢化社会において、高齢者にとって衰えていく自分の体の機能をいかに通常も戻せるか、当事者にとって深刻な問題として作業療法士の一言が重要なポイントになってくることだと思います。

 

作業療法士 大学ランキング

全国の地域別の作業療法士の学科を紹介しましたが、ここでは人気度のランキング別の大学を1位から10位迄を紹介させてもらいますので受験を考えておられる方は両方を参考にして頂ければお役に立てる事だと思います。
[順位]  [学 校 名]  [学 課] 1位  国際医療福祉大学 保健医療学部
2位  目白大学        保健医療学部
3位  帝京平成大学 健康メディカル学部
4位  藤田保健衛生大学  医療科学部
5位  北海道文教大学   人間科学部
6位  北里大学        医療衛生学部
7位  日本福祉大学     健康科学部
8位  熊本保健科学大学  生活機能療法学
9位  文京学院大学     作業療法学科
10位 川崎医療福祉大学  医療技術学部

※ランキングは主要予備校入試実積を参考にしています

 

作業療法士 大学の注意点

前のページで作業療法士の専門に扱う大学の情報は理解していただいたと思いますが、これら多くの大学からご自身の進路を決定するためには色々な条件が必要であると思います。
入学してからは大学の作業療法士養成課を4年間で修学して、作業療法士になる資格を得る事ができますが、どこの大学を卒業してもそれで終了ではありません。最終的には国家試験と言う大きな壁がありますので、それを乗り越えられて合格通知が届いてはじめて作業療法士となります。作業療法士の国家試験の合格率は介護関連の介護福祉士等に比べてまだハードルは低いと思いますが、それでも在学中に特に実習も含め日々の勉強を怠ると合格通知は届きません、国家試験のチャンスは年に1度しかありませんので、そのことを十分に注意して国家試験に会わせたスケジュールを組み立てる事が必須ではないでしょうか。 更に作業療法士になるにあたって注意が必要なのは、国家試験を受けたとしても、本当に作業療法士になれるかどうかは、実際に現場に入ってからわかることがほとんどという点です。
というのも、作業療法士の国家試験は最終年次(卒業する年)の2月下旬頃に行われ、合格発表はだいたい同年の4月となっているからです。一般的に、学校は3月に卒業し、4月上旬には就職先で働くことになります。

就職はそれ以前に決まっているケースが多いですから、就職活動のタイミングでは合格発表が終わっていない可能性があります。無事に合格していれば何の心配もありませんが、万が一不合格であった場合、退職を余儀なくされてしまうこともあります。
職場によっては合格するまで働くことができることもあるものの、すべての職場がそうであるとは限らないため、この点には注意して就職先を探したり、合格のために努力したりすることが大切です。

 

medical_rigaku_ryouhoushi

 

まとめ

作業療法士という職業はまだ認知度としては、あまり知られていないと思いますが、これからの高齢者社会にはなくてはならない職業ひなってくる事は明白です。体の機能低下により、「自由」というものを失った高齢者を自分の技術で復活させることができ、それにより自由というものを取り戻せる利用者の喜びは作業療法士としての最高の瞬間ではないでしょうか?

要介護者と直接つながる新しいサービス

事業所を通さない介護で時給2000円が稼げる新しいお仕事をしてみませんか?

登録はこちら