訪問看護師ってどんな仕事? 1日の流れは?

Service-Suggestions-Visit-Senior-Citizens-2012-10-08

自宅に点滴やインシュリンが必要な重度な病気で介護をされている家族がおられる時に、手を差しのべてくれるのが「訪問看護師」です。家族を介護する中で介護ヘルパーではできない医療行為を行うような場合に訪問看護師は医療従事者としての知識や技術で要介護者をサポートしてくれる在宅で重要な存在です。

今回は訪問看護師の役割や仕事について紹介させて頂きます。

 

訪問看護師とは

病気や障害を持った人が住み慣れたご家庭で、その人らしく療養生活を送れるように、看護師等が生活の場へ訪問し、看護ケアを提供し、自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。
訪問看護のサービスは ケアプランにより訪問看護ステーションから専門の看護師等が利用者様のご家庭を訪問し、病状や療養生活を看護の専門家の目で見守り、適切な判断に基づいたケアとアドバイスで、24時間365日対応し、在宅での療養生活が送れるように支援します。
また、医師や関係機関と連携をとり、さまざまな在宅ケアサービスの使い方を提案します。

【訪問看護師派遣の流れ】

 

スクリーンショット 2017-12-01 14.50.15

 

訪問看護師の役割

訪問看護師の 最も大きな役割は「患者さんとその家族が、地域の中でその人らしい生活ができるようお手伝いすること」です。
本来であれば病院での治療が望ましくても自らの意志で訪問看護を受ける患者さんもいます。「住みなれた自宅で最期を迎えたい」、「たとえ病気であっても自分らしい生活を送りたい」そんな患者さんの気持ちをくみ、継続した自宅療養を支えるています。
高齢化社会、そして多様化する価値観に対応できる在宅ケアは、ニーズが高まっています。訪問看護師がいることで、病気の方でも、安心できる我が家で、大切な家族と一緒に生活するという選択ができるのです。訪問看護師は、生活と医療の両面をサポートし、患者さんが安心して自宅療養できる環境を作っていきます。

訪問看護においては、病院と違って、患者さん、看護師、医師、それぞれが違う場所にいますが、患者さんと医師をつなぐ役割として、訪問看護師がいます。訪問時に訪問看護師は、医者の指示書に従って医療行為を行い、また、患者さんの日常生活の看護を行います。それだけでは、病棟の看護師と変わりがありませんが、それだけではありません。
「訪問看護師がいないときの生活も、快適に過ごせるようにする」ことも、訪問看護師ならではの大切な役割です。そのために、あらゆる視点を持って、訪問看護師は仕事を行います。

【訪問看護師体験談  医療ミスへの事前防止】

現在筆者も訪問看護師のサービスを週に1回受けています。内容は多種多様な薬剤の管理とストレッチ、健康管理等です、最近訪問看護師のおかげで大きなミスを事前に発見できた事があります。それはけっしてあってはならない一種の医療ミスです。
通院時に処方される薬が訪問看護師の薬剤管理のお蔭で病院担当医のミスで処方されるべく薬がもれている事を発見して、病院に訪問看護師自ら連絡をして確認した結果もれている事がわかりました。もし訪問看護師がいなければこのような薬剤に関して問題の発見などはできなかったことです。

訪問看護師は 病院の医師と直接連絡ができる立場にありその立場を生かした適切な管理の結果だと思います。

 

 

houmon_shinryou_nurse2

 

 

訪問看護師の仕事内容

訪問看護師が行うケアの内容はご利用者によって様々ですが、具体的には、

9つの仕事内容

①医師の指示に置よる医療処置(インシュリン注射・点滴等の施行・血糖測定ほか)
②血圧・体温・脈拍などのバイタルチェック
③医療機器(在宅酸素、人工呼吸器、持続点滴、膀胱カテーテル)
④褥瘡管理
⑤在宅でのリハビリ(拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練ほか)
⑥認知症ケア(認知紹介後の相談、事故防止のための工夫)
⑦低栄養や運動機能低下を防ぐためのアドバイス
⑧療養上のお世話(食事、洗髪、入浴の介助ほか)
⑨終末期の看護(ターミナルケア)
など多岐にわたっています。時にはご家族から相談を受けることもあります。訪問看護師は、利用者さん自身が選択し在宅という療養場所で、自分らしい生活を継続できるよう、看護ケアを提供します。そのため、訪問看護の提供においては利用者様自身が療養生活を送るうえでどのような意思決定を行ったか、ということは最も核になるところといえます。

訪問看護師は看護ケアを通じて利用者様やそのご家族の人生に深く関わりますが、その人の人生を生きるのはその人自身であり、訪問看護師はあくまでも一援助者に過ぎません。この視点を持ち、利用者さんやその家族と関わることが大切であり、利用者さんの意思決定を看護師は尊重しなければなりません。

利用者さんが自己決定するためには、十分な情報が提供、説明されていることが必要です。訪問看護師は、医療専門職として、利用者さんの自己決定の場面で自分の意志で選択、決定できるように正しい情報の提供等の支援を行う役割を担います。さらに、在宅療養の場では、ケアマネージャーなどの担当者が複数関わっていることが少なくありません。各関係機関が利用者さんの自己決定を尊重し、よりよいチームケアが提供できるように調整することも大切なお仕事です。一日で訪問するご利用者は平均4~5件で、1回の訪問につき60分ケアが基本となっています。

基本的に日勤のみの週休2日制なので、長時間の夜勤が求められる病院勤務のように看護師が疲弊してしまう職場ではありません。

 

nurse

 

訪問看護師の1日

訪問看護師は様々な症状や病状の利用者様の自宅に訪問して利用者様の体の状況にあった医療介護サービスを行い利用者様が毎日を快適に生活できるように支援サポートをするための1日が始まります。これから訪問介護師の 一日をみてみたいと思います。

🕝 9:00 仕事開始
ナースステーションに出勤して24時間巡回型ケアを行っている看護師からの夜勤の引継ぎもあります。
前日の携帯当番からの申し送りを受け、定期訪問や臨時訪問を調整します。時間的に無理が無いか、また複数で

訪問した方が良いケースはないかなど意見を出し合って決めています。その間にも、ご利用者様やヘルパー、ケアマネージャーさんからの電話が入りにぎやかです。

🕝 10:00 出発
七つ道具が入ったカバンを手に、それぞれ自転車で訪問先に向かいます(ステーションによっては車移動です)。 一般的なナースステーションでは訪問看護師が交代で必ず1名以上滞在し、医療処置面を中心に、介護職と協力して利用者様のケアをしています。

🕝 10:15 利用者Aさん宅訪問
Aさんの体調をチェック。
Aさんは骨折で入院後、リハビリを経て自宅に戻ってこられた為に退院後の 経過観察に重点を置くようにする。

■Aさんへのケア内容
全身の観察、排便援助(浣腸と摘便)、ご家族の介護相談、下剤の調整、体の動きの確認(リハビリを行なうこともあります
🕝 11:15 利用者Bさん宅訪問
⬛Bさんへのケア内容
状態の確認、ベッドからの移動介助

🕝 11:30 利用者Cさん宅訪問
■Cさんへのケア内容
体調管理、全身の観察、排便援助、おむつ交換、車いす移乗、昼食介助、口腔ケア

🕝 12:45 昼食
ランチミーティング。手作り弁当の人、コンビニ弁当の人、様々です。

🕝 13:30 午後の訪問に出発
午後も午前同様に利用者様宅への訪問とステーションでの打ち合わせ等への参加があります。

🕝 16:30 午後の訪問をおえてステーションに戻ります。
緊急連絡を受ける当番の看護師や夜勤の看護師へ、担当の利用者さんの情報を伝えます。その後それぞれ状態に変化のあった方、処置を変更したい方など主治医や介護事業所、ケアマネージャーに連絡して情報共有します。カルテに本日の記録をしたり書類をはさんだり、看護計画の変更や修正をしたり。利用者さんの悩み事について熱く議論が交わされることもあります。

 

doctor_tehe

 

まとめ

自宅に看護師が訪問してくれるということは利用者にとってこれほど安心な事はありません。更に、訪問看護ステーションは 24時間体制で緊急時の対応も速やかに行ってもらえる所もあります。今後、地域包括支援システム等の開始により在宅での利用者が増えてくるのはあきらかです。

その場合介護ヘルパー同様に看護師の絶対数の不足が心配されます。

qna