介護保険の最新情報はどこから取得すればいいの?

Senior-friends-taking-selfie-on-the-beach

介護保険は多くの人が利用されておられます。
しかし介護保険の内容については、プロの介護職でも難しい内容で更に、3年に一度の介護保険の見直し改正に伴い内容の変更が多くあります。それらの最新の情報をどこから入手すれば良いのか考えたことがありますか?
今回はその介護保険の最新情報の入手の仕方を紹介します。

 

介護保険の最新情報とは

介護保険の最新情報を知る前に少し介護保険について勉強してみましょう。

■介護保険法とは

介護保険法は平成9年(1997年)12月に制定された法律です。
わかりやすく言うと、高齢者または年齢が原因で病気になり一人では日常生活を送れない人に対して、できるだけ不自由なく生活が送れるように介護施設や訪問介護サービスを利用しやすい環境をサポートする為の法制度です。
一人で生活できるように病院での病気の治療や、病院や福祉施設でのリハビリを行いやすい環境を作るために、介護保険制度を設けて全国民で高齢者の生活をささえる為の法律のことを介護保険法といいます。

■介護保険ができた背景

介護保険法が制定される前までの高齢者の介護に対する制度やサービスは主に健康保険(老人保健)にて賄われていました。昭和48年(1973年)には老人福祉法(1963年制定)改正に伴い高齢者(70歳以上。条件付で65歳以上)の医療費自己負担額は無料で行われていた時代もありました。しかし、高齢化が進むと共に、無意味な診療や複数の病院での診療(はしご受診)等の増加や、怪我や病気による長期に渡る入院にともない親族や身寄りがなくなるなど、一人での生活が困難なため治療自体は終わっていても退院後の受け入れ先が無く入院し続ける(社会的入院)といった問題等により、高齢者の医療費が増加してしまいました。一例として1973年の無料化から10年で高齢者にかかる医療費は10倍近くまで膨れ上がる等があります。その後1983年医療費定額負担を皮切りに、2002年には1割負担と、高齢者に対する負担額が増加しているのが現状です。また、昭和38年(1963年)制定の老人福祉法も高齢者を対象とした公的制度で、医療費の負担(後に老人保健法に引き継ぐ)や老人福祉センターや特別用語老人ホーム(介護老人福祉施設)等の老人福祉施設の設立等が行われましたが、利用者が施設やサービスを選ぶことができず、また受け入れ施設が足りない等の問題もありました。

介護保険の制定

高齢者が増加し医療費増加(財源不足)に伴う制度持続の難しさや、地域や施設によるサービスの格差、絶対的な施設不足等を解消するために、新たな法律が定められております。その内容は、わかりやすい負担金の納付方法と制度持続のための社会保障制の導入、社会的入院を防ぐための介護施設や介護支援サービスの充実等を行い、高齢者が本当に必要としている介護、支援サービスを受けることができるような制度を作るために必要と判断され制定されたのが介護保険法なのです。
介護保険法はその時代背景により悪法にもなりえる可能性も含んでおりますが、3年で見直し(改正)を行うよう規定されており2000年に施行されて以降2015年迄に5度見直しが行われて次の改正は来年2018年行われます。

その改正を基にして介護保険制度も内容も変更されます。しかし、全国一律の制度に基づいて各施設で適切な介護、支援を行うことの難しさや、介護業界全体の人材不足、高齢低所得者の保険料負担の重さ等、様々な問題を抱えているのも事実です。今後も改正により介護保険法はその時代に合った良い法律になっていくと思われますが、全国民に関係する法律ですので関心を持ち見守っていかなければいけません。

介護保険法の誕生から介護保険の見直し改正までの流れについてご理解頂きましたか 介護保険法の一連の流れに基づいて最新の介護保険の見直しは2015年に行われました。 過去5回の改正での大きなポイントは利用者負担が増額の改正になってきていることが最も重大なポイントです。

介護保険最新情報

■介護保険最新情報Vol 611平成2919年11月7日(厚生労働省)
書面による請求に係る経過措置に関するQ&Aの改正について
【修正点】6ページ目 問12
(誤) (答)問12の場合を除き、原則認められない。
→(正) (答)問13の場合を除き、原則認められない。

■介護保険最新情報Vol 611平成2919年11月7日(厚生労働省)
書面による請求に係る経過措置に関するQ&Aの改正について

 

 

PIC-20141001001451

 

 

介護保険の情報の更新頻度

2000年4月に開始された介護保険制度。開始以来どのような改定が行われてきたのでしょうか?ここでは、これまでの介護保険制度の改定の動きを見てみましょう。介護保険制度は3年ごとに改定が行われることになっています

■2006年改正ポイント

①介護保険外の補助事業(税100%)として実施されていた「介護予防・地域支え合い事業」が介護保険の中に取り込まれ、その事業費には一部介護保険料も充てられたこと。
②「要介護1」を「要介護1」と「要支援2」に分け、要支援の対象者数を増やし要支援の介護報酬を引き下げたこと③地域の調整機関としての地域包括支援センターを創設したのは大きな変革でした

■2012年

「自立の支援」をより強化するために、自立支援型ケアマネジメントや地域包括ケアシステムが提起されました。訪問介護や通所介護の中でも、「機能改善」志向が打ち出されるようになったのです。

■2015年

医療・介護一体改革に向けた制度改革の第一歩として、「医療から介護へ」「施設から在宅へ」の方向を踏まえた改革とされています。2025年を目標年度とした「地域包括ケアシステム」の完成に向けた第一歩として、「自分でできることは自分で行うこと」を原則としています。公的サービスに頼る前に、地域の「互助」の推進、その上で「共助」、それでも対応できない場合には「公助」という、「自助・互助・共助・公助」の考え方を基本とし、要支援サービスの本体給付からの除外や利用者負担の変更などが行われる見込みとなっています。

■2015年改正の影響

2015年度にも前倒しで介護保険の一部改正が行われました。実質的な介護報酬の引き下げにより、2016年度は小規模な新規参入事業所を中心に、介護保険制度施行以降最大の108件が倒産しています。

また特別養護老人ホームの入所要件が変更、一部の利用者負担が1割から2割になるなど、大きく変更が図られたことにより待機者も減少し、調査対象の13%の施設に空きがある状態が発生しています。人材不足にも歯止めがかからず、入所希望者がいるにも関わらず介護職員の不足により利用を制限したり、すべての事業を閉鎖する事業所も出ています。
2018年の介護保険の制度改正が、今後どう影響するのか。十分に対策を考える必要があるでしょう。

 

 

介護イラスト(車いす誘導)-1-270x300

 

 

介護保険の最新情報サイト

介護保険の最新の情報としては次回の見直し改正2018年度が どうなっていくのか 今一番関心があるところ
ですついてのその情報を得るためのサイトは多数ありますのであります。

2018年改正ポイント

1.要介護状態の改善などに応じた保険者への財政的な支援

2018年以降の介護予防・日常生活支援総合事業などは、全保険者に完全実施されます。介護サービスにかかる費用を抑制するためには、要介護状態にならないよう介護予防に力を入れる必要があります。
国は実績などに応じた交付金を出すなど☕インセンティブを用意し、市町村の保険者の機能強化を図ることを予定しています。また地域密着型通所介護が介護保険事業計画で定める見込量に達している場合は、市町村が指定を拒否できることを法案に盛り込んでいます。
☕ちっと一息☕
☕企業や代理店等が目標を達成した時の与えられる褒賞金

2. 介護療養病床などに代わる介護医療院の創設

「社会的入院が、医療費を圧迫している」という理由により、2006年の医療保険制度改革及び診療報酬・介護報酬同時改定により、2011年度末までの介護療養病床の廃止が決定。
しかし、特養などへの転換がスムーズに行えず、廃止は2017年度末まで延長されることになりました。現在の介護療養病床は新たに「介護医療院」として創設され、さらに6年間の移行期間が設けられています。

3. 障害福祉サービスを一体的に行う共生型サービスの創設

現行の制度では、市町村が認めれば介護保険事業所は障害福祉サービスを提供することができますが、その逆は認められていず、利用者が65歳を迎えると介護保険優先原則により介護保険が優先され、障害福祉事業所を離れて介護保険事業所に移らなくてはなりませんでした。

4. 2018年8月から現役並み所得のある利用者の3割負担導入

現行での第二号被保険者の介護保険料は、協会けんぽまたは健康保険組合が、第二号被保険者数に応じて負担する「加入者割」を採用しています。協会けんぽも健康保険組合も保険料負担額は同額であるため、実質的には所得の低い協会けんぽの負担割合は多く、大企業に所属する健康保険組合の負担割合は少ないといえます。

5. 40〜64歳の保険料計算に総報酬割を段階的に導入

現行での第二号被保険者の介護保険料は、協会けんぽまたは健康保険組合が、第二号被保険者数に応じて負担する「加入者割」を採用しています。協会けんぽも健康保険組合も保険料負担額は同額であるため、実質的には所
得の低い協会けんぽの負担割合は多く、大企業に所属する健康保険組合の負担割合は少ないといえます。

2018年改正の本当の狙いは

来年8月に改正される上記の改正は現在話題の中心が保険料の負担率の増加に着目されているようですが、本当の目的は別の部分あると思います。それは1の国が市町村に支払う「インセンテイブ」で簡単に言うと保険料を節約したら「ご褒美」をあげます。ともいえるような事と思われます。

■問題点

国は莫大な社会保障費の赤字解消の目的のために取る方は高齢者から保険料の増額、自己負担を2割から3割等強制的とも言える値上げで、支払う方は要介護者から要支援へ移行させる事で自治体が要介護度を改善できたらインセンテイブを与えられると言うことです。

■要介護認定の地域格差

国のインセンテイブ方式により全国の自治体介護認定の審査での認定調査をはじめとして認定基準に統一性がなくなり自治体は認定を従来の基準より軽く(要介護2➡要支援2)することで国からの褒賞金を支
給されることになります.介護に携わる家族は、1ランクでも上の認可を得て幅広いサービスが受けれる事を願っていますが、実際は家族の思いとは逆になっていきます。この認定基準の見直しで、最も深刻になる
のが介護保険の更新の時で更新前までは、要介護2のサービスを受けていましたが更新後体の状態は変わらないのに要支援2になったりすることも多いにあり得ます。財政の厳し自治体ほど認定は厳しくなるようです。
介護保険の細かな情報の通達は 厚生労働省からその都度流されますが、現在最も注目されている最新情報は2018年介護保険改正法に対しての様々な影響について多くの専門のサイトに掲載されるようになってきました。

 

介護保険情報をと取る時のポイント

介護保険の情報については色々なサイトや新聞報道、専門誌で紹介されています。そのような状態の背景には、高齢化社会となっていく環境のなかで介護保険は多くの人が他人事にできない身近なことな為、介護保険の動向や改正は非常に興味があることです。しかし最新の介護保険の情報を取る時の為にはどのような方法があるかは一般の方はなかなかわかりません。又最新はいつの流れて来ている事がわかるか等、介護保険は理解するのにはかなり勉強の必要性があります。そこで今までに利用してきた情報の取る方法を紹介します。

■ 厚生労働省介護保険事業報告書

http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/toukei/joukyou.html

■介護保険BANK

http://www.kaigobank.jp/
今まで介護保険のデータの入手は厚生労働省のデータが最も多く内容も充実してデータとしての活用もエクセル等に直接取り込める点がよく利用価値は大いにありまりすが、様々な方面の データではなく厚生省独自のデータです。そのために他との比較はなかなか難しい面もあります。その点最近利用してます介護データバンクの資料は介護保険に関するいろんな業種のデータ、ニュース 、統計 、コメントなど様々な方面からの解析掲載されており、かなり細かなとこまで把握できます。また情報量も豊富で出るタイミングも 各媒体の出されるタイミングと同時に掲載されているようです。今までに利用したデータのツールでは主にこの二つが活用しやすいまたアップデートのデータも集めることが可能です。

注意点

「介護サービス情報の公表」の調査に関する不明な研修案内が最近全国の市町村にう差し出されているようですのでご注意してください。それは介護サービス事業所あてに、「介護サービス情報の公表」対応講座と称する研修の受講案内書が送付されているようです。 このような介護サービス事業所を対象とした研修は、全く存在しません。このような詐欺的な勧誘の広告は出回るということは介護保険の情報は知りたい人が多く、ニーズが高いというだと思います。これからますます介護保険の需要は高くなります。しかしながら介護保険そのものを理解することは 一般の方にはなかなか難しい内容です。その辺を詐欺の集団としてグループが今後振り込め詐欺のように、高齢者を狙った介護保険詐欺的なものが出てこないとも限りません。

不信な案内には十分に気をつけてください

 

 

kaigo_family

 

 

まとめ

これからの介護保険はますます 危機的な状態になってくると思われます 高齢者の増加 認知症患者の増加など 介護保険を利用する 対象者は 年々増えてきます そのための介護保険の財源確保は 国としては大きな問題の一つです この影響を国民一人一人が 背負っていくような形になってくるような 状況が 明確に見えてきました来年度の介護保険の改正では きっとそこの点が事実になっていく様に思われます。

qna