臨床心理士の資格ってどうやってとるの?取得期間は?取得費用は?

residential-home-for-alzheimer-s-disease-elderly-person-bordeaux-hospital-523644722-5853008f5f9b586e022e50fa

臨床心理士と聞くと心理カウンセラーというイメージがあります。心理カウンセラーは国家資格がなくて心理系の仕事をしている人をすべて心理カウンセラーと言います。しかし、臨床心理士は国家資格なので、かなりハイレベルな資格です。臨床心理士の資格について説明していきます。

 

臨床心理士とは

臨床心理士とは、臨床心理士資格試験に合格して臨床心理士の国家資格を認定された人です。様々な悩みや心因性の病を持つ相談者に対して、臨床心理的技法を用いて、相手に共感し、理解して自分で問題を解決できるように導き、手助けを行う仕事です。臨床心理士はつぎのことに精通していなくてはなりません。

種々の心理テストを用いて、心理査定技法や面接査定をする
臨床心理学においての面接援助技法を用いて、適格な対応や処理能力を持っている
地域の人の心の健康を維持するために、地域とその人をコーディネートし、コンサルタントも行う
援助技法や査定技法などの心理臨床について研究したり、調査したりして資質を向上させる

この4つを臨床心理士はしなくてはいけない業務とされています。少しわかりやすく説明します。

臨床心理査定とは

様々な心理テストや観察、面接をして、個々の独自で抱えるものや特徴やその人の抱える問題点を明らかにし、どのように援助することがいいのかを検討します。

臨床心理面接とは

臨床心理面接とは、相談者の状況に応じて行動療法、箱庭療法、臨床動作法、家族療法、芸術療法、認知療法、ゲシュタルト療法、イメージ療法などを行うことで自己を理解し、自発的に物事が行えるようにクライアントに寄り添い、心理カウンセリングを行うことです。

臨床心理的地域援助とは

地域や住民、学校などで生活している中でその人が抱えている問題は自分だけでは解決できないものがあり、環境を改善したり、学校や家族、住民にコーディネートをしたりすることで、その人が抱える問題が解決できるように働きかけることです。

例えば、いじめの問題は、その人一人だけの問題だけでは解決できず、学校やいじめている生徒にも働きかけないといけません。

研究し、調査する

臨床心理士としての資質を磨くために、様々な研究活動や心理的調査を行います。

 

 

ojigi_nurse_man

 

 

臨床心理士の資格の取り方

臨床心理士の資格を取るには、臨床心理士養成に指定された大学院又は専門職大学院を修了することが必要です。

主な受験資格

①指定大学院1種を修了した者
指定大学院は全国に155校あり、そこを卒業すると、臨床心理士資格審査の受験をすることができます。
②指定大学院2種を修了し、1年の実務経験を経た者
10校ある指定大学院2種を修了してから実務経験が1年必要です。・
③臨床心理士養成のための専門職大学院を修了した者
6校ある専門職大学院の臨床心理士になるための専門職学位課程を修了すると、臨床心理士資格審査の受験資格を得られます。
④諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴があり、日本国内で心理臨床経験2年以上を有するもの
諸外国で上記のような大学院を出て経験が2年以上ある人
⑤医師免許を取得していて、心理臨床経験を2年以上有するもの
医師は心理臨床経験があれば、臨床心理士資格審査の受験資格を得ることができます。
臨床心理士国家資格審査について 臨床心理士の場合、資格試験ではなく資格審査と呼ばれています。1次資格審査は100題のマークシートの多岐選択方式問題(2時間半)と論述式記述試験(1時間半)の2種類が行われています。論述試験は1,001~1,200文字以上の範囲でテーマについて論述記載します。
2次資格審査は、2名の面接委員による口述面接試験です。毎年、10月には1次資格審査があり、2次資格審査は11月にあります。合否発表は12月中旬になります。受験する場合の書類は、郵便局の振替用紙で1,500円を振り込んで申請書類を郵送してもらい、8月までに受験申し込みをします。

合格通知が来てから、資格認定証書の交付手続きを所定期日までに完了した人は臨床心理士の資格認定証書と携帯用の身分証明書の資格登録証明書(IDカード)が発行されます。それで、初めて臨床心理士の国家資格が得られるのです。

臨床心理士の資格の取得期間

臨床心理士の場合、大学院を出ていないと受験資格は得られません。そのため、4年制大学(通信でもOK)を終了してから1種の大学院に2年行き、それで受験資格が得られます。2種ならプラス1年の実務経験が必要になります。ですから、実質、資格を取得する期間は高校を出てから、少なくとも6年はかかります。

大学院が2種の場合は、7年かかってしまいます。医師になった人が臨床心理士になるケースはまれでしょう。最短で取る場合は、高校→4年制大学→1種指定大学院2年資格審査受験→臨床心理士という道です。

 

 

counselor

 

 

臨床心理士の資格取得費用

臨床心理士としての資格を取るために取得する費用は、大学や大学院が国立か私立かによってかなり違います。

4年制大学の費用

国立4年制大学の費用
入学金と授業料で2,425,200円です。設備費などを入れて、4年間で250万円ほど費用が掛かります。

私立大学の費用

大学によって異なりますが、4年間で500万円くらいの費用がかかります。

指定大学院の2年間の費用

国立の大学院の費用

入学検定料30,000円、入学金300,000円、年間授業料約500,000円です。そのため、指定国立大学院の2年間の費用は約830,000円です。

私立大学院の費用

大学院によって違いますが、佛教大学 教育学部 臨床心理学専攻の場合は、入学検定料35,000円、入学金170,000円、授業料等920,000円×2、実習日140,000円で2年間の合計218,500円になります。

通信制の大学院の費用

入学検定料35,000円、入学金53,000円、学費(3年分)1,890,000円、実習日140,000円合計2,118,000円
通信の場合でも3年間通うので2年間分の費用と変わりません。

すると、一番安い国立大学→国立大学院は、6年で約1,080,000円かかります。一番高い私立大学→私立大学院の場合は6~7年間で約5,200,000円です。そのため、大学、大学院と私立に通った人と大学、大学院と国立に通った人では随分差があります。

 

臨床心理士の資格取得注意点

就職が見つからない場合がある

臨床心理士の場合、精神健康福祉士に比べて就職率が低いです。そのため、初めは非常勤で掛け持ちを覚悟しないといけないかもしれません。いくつか掛け持ちして忙しく働いている臨床心理士の人もいます。そのため、精神健康福祉士の資格を取り、転向するケースがよくあります。

臨床心理士の資格更新

臨床心理士には資格更新制度があり、5年に一度更新手続きをする必要があります。資格をとってから働いていない人は更新できなくなる場合があります。更新の時に、臨床心理士として働いた成果をポイント換算して基準に達しなければ更新ができないのです。

臨床心理士の現場は生涯勉強

臨床心理士として就職できてからの現場は様々なケースに直面するので、絶えず臨床例を研究し、調査していかないと対応がどうしていいかわからなくなります。臨床心理士の仕事は、学校や病院で相談者と向き合って穏やかに話をしていますが、実際はかなりハードな仕事です。

人間関係に疲れる

個々の人それぞれの心に触れていく仕事なので、人の生活の中にも踏み込んで向き合わなくてはなりません。普通だったらあまり知らなくても良いこととも向き合っていかなくてはなりません。そのため、相談されたことに対して、感情を入れ込みすぎないように客観的に物事を見られるようにしないと、自分が重荷になってしまいます。

 

 

darui_woman

 

 

まとめ

臨床心理士は、4年制大学を卒業して2年間の指定大学院(通信は3年)を修了して受験資格が得られます。長い道のりですが、臨床心理士になると、ニーズが高く、必要とされているのですが、常勤の仕事が少ないのが現状です。

専門性が高く、多様化していく社会の人間関係のはざまで相談者が抱える問題を解決する助けをする重要な仕事なので、広い心で相談者と向き合う必要があります。

qna