「介護職をやめたい」2016年 介護職のやめたい原因を大紹介!

ozp73_zutuugaitaidesu20130707500-thumb-900x600-4593

今年も残すところ1ヶ月ほどとなりました。

2016年は2018年の制度についての国の議論が活発に行われマスコミに「介護職」が毎日の様に取り上げ

 

られました。

 

今回はネット声から2016年の「介護職」のやめたい原因をご紹介したいと思います。

 

Twitter「介護職をやめたい」で調べてみると

 

 

 

 

Twitterで「介護 やめたい」で検索すると以上の様な声が多くありました。

 

夜勤等で利用者の方が「寝てくれない」が一番やめたくなる原因になっている様ですね。

 

「介護職」も人ですので睡眠は大事です。

 

夜勤だと自身の睡眠を確保しながら利用者の方も寝てもらわないといけません。

 

ご存知の方も多いと思いますが認知症の方は夜中々寝てくれません。

 

そんな時は

 

「症状だからしょうがない」とは認識しつつも我慢すぐしかない状況が「介護職をやめる」原因になっ

 

ている様ですね。

 

o0447049513553615281

 

 

介護情報サイトで「介護職をやめたい」と調べてみると

・人不足による負担増

・賃金が安い

・有給消化しにくい

・業務の身体への負担

が上がられます。

どれも構造的なものでありますが

・賃金が安い・有給消化しにくい この二点に関しては介護施設の努力により改善できる余地もありそうです。

来年は外国人労働者の介護職受け入れも始まりますので人材不足でも一定の改善がありそうです。

 

まとめ

 

2016年も「介護職をやめたい」と思い実際にやめた方、やめようと思ってガンバっている方色々いると

 

思います。

 

2017年,2018年は介護業界が大きく変わると思われますので柔軟な姿勢でいたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

qna