精神保健福祉士の年収はどうなの?将来性は?

Young smiling doctor consoling patient sitting on wheel chair outdoor

精神科や総合病院、グループホーム、自立訓練事業所、保健所、ハローワークや介護関連施設などの配置されている、「精神保健福祉士」1997年にできた国家資格であり、心の病気や障害を抱えた方の社会復帰や社会参入支援を行う専門職ですが待遇や年収について紹介したいと思います。

 

精神保健福祉士の待遇

病院や車騎復帰施設などに配置がされており、PSW(医療ソーシャルワーカー)と呼ばれています。
雇用形態は正職員雇用です。さまざまな期間での活躍されており、給与形態や勤務体制は勤務する施設や病院によって違いがあるようですが、基本的には国家公務員に準じた額が多いとされていますが、基本給自体はあまり高くはありません。が賞与や手当などの優遇がされているようです。

手当の内容は資格手当、夜勤手当、住居手当や当直手当、交通費などがあるようです。また精神保健福祉士は、責任が大きい仕事であるが、処遇は良くないといった意見も多くあるようです。
施設などによっては、当直や夜勤などがあり、雑務が多いと感じている方も多いです。勤務体制はその職場によって違いがあるようです。

 

 

58674

 

 

精神保健福祉士の年収や月収

精神保健福祉士をメインとした相談員の立場の場合、正社員(大卒)であれば初任給で月給17万円程度です。
非常勤職員での募集もありますが900円に満たないところもあるようです。平均年収は250万円〜400万円程度となっており、国家資格ではありますが、あまり給与面での待遇はされていないようですね。
初任給は低いですが、キャリアを積んで役職へ着くことで、年収がアップする可能性はあります。管理者、施設長クラスまで行くと、年収500万円ほど稼いでる方もいらっしゃるようですね。企業規模が大きいところでは平均年収は446万円。平均月収は27万円。中企業では平均年収は369万円。平均月収は23万円。小企業では平均年収は335万円。平均月収は20万円程度となっています。精神保健福祉士になるには、福祉系の大学を卒業するなお、基本大学卒業をしなければならないのですが、大学を卒業してこの金額は納得いかないという方も多いでしょう。国家試験の合格率は60%前後と、厳しい試験を乗り越えて取得した資格です。また専門職ですので、資格を持っていない人ができることではないので、もう少し優遇されてもいいのではないでしょうか。

年収についてはあくまでも平均ですので、勤務する医療機関や施設によっては平均を上回る場合もあるとは思いますので、就職先を選ぶ際には求人をよく見て納得がいく金額の機関を探すべきですね。

 

精神保健福祉士の賞与

賞与は勤務する医療機関や施設によって倍率も違いはありますが、平均賞与は約77万円となっているようです。
手当などがあり、月収は多少多くなっても基本給が引くことで、賞与もあまり金額は大きくならないようですね。医療機関ですとボーナスの倍率が高いため、2〜4ヶ月分といったところですが、施設では2〜2.5ヶ月分と大きく違いが出てくるようです。(年に2回の倍率です)賞与の倍率が上がることはあまりないので、基本給が上がらないことには賞与も納得した金額とはならないですよね。多くの精神被験福祉士が不満を抱いているようですね。

基本給だけではなく、賞与についても働く場合確認が必要ですね。精神保健福祉士は相談業務のみといった事業所は少ないようで、業務の兼務があり多忙である場合もあるようです。業務の内容と仕事量を考慮した待遇が必要かと思います。

 

精神保健福祉士の将来性

精神保健福祉士は以前精神障害者やその家族とのやりとりを中心に仕事を行ってきましたが、現代社会では「心の病」などで苦しんでいる方も多くいらっしゃいます。ですから、精神保健福祉士は精神障害者のみにとどまることなく、社会全体で必要とされる存在となっています。

高齢者施設や医療機関、児童養護施設など多岐にわたる場面での活躍が期待されています。このような社会福祉機関にとどまらず、一般企業での「メンタルケア」としてハローワークなどでも精神保健福祉士は活躍されています。ストレス社会ですので、働く側の精神面でのサポートも重要な役割となっています。専門性を生かしてこれからの社会では活躍の場は広がっていきでしょう。将来的にも、専門性が高く評価され、なくてはならい職業であることは間違いありません。

非常勤では収入は安定してるとは言えませんが、正社員での雇用も多くありますので、長く勤めることができれば安定した職業でしょう。また、必要な専門職ですので、就職先に困るといったこともないでしょう。ですが、このようにニーズが高まっていくと、精神保健福祉士の資質も問われてきますので、精神保健福祉士の個々の力も求められることも多くなってくることでしょう。

精神障害者に特化した支援ではなく、社会全体のストレスに対しての課題解決といった大きな役割があるのではないでしょうか。

 

 

116

 

 

まとめ

今回は精神保健福祉士について説明させていただきました。精神保健福祉士の方々は各機関で大きな役割を担っています。家族や利用者の悩みに親身になって考え、社会復帰に向けて取り組んでいます。決して簡単な仕事ではありません。「優しさ」だけでできる仕事ではありません。精神保健福祉士自体も大きなストレスを抱えて仕事をしているのも事実です。これからの社会に必要な専門職を確保していくためにも、待遇の見直しを行っていくことも必要となってくるのではないでしょうか。

社旗保健福祉士の皆さんは自分の希望条件にあった医療機関や施設を選び頑張っていただきたいです。

qna