言語聴覚士の給料ってどうなってるの?年齢、地域での差はある?

doctor talking to her male senior patient at office

言語聴覚士は、生まれつきの障害や脳卒中、脳梗塞などにより、話すことや聴くことに不自由がある人に対して、言語能力や聴覚能力を回復させるリハビリテーションを行う仕事です。言語だけでなく、食べることや飲み込むことができないという問題についても扱います。
英語では、言語聴覚士を「Speech-Language-Hearing Therapist」ということから、略して「ST」とも呼ばれています

 

言語聴覚士の月給

言語聴覚士の初任給の幅は、22万円〜26万円くらいといわれています。年収にして300万円〜400万円くらいが目安となります。同じリハビリテーション関連の職業である理学療法士や作業療法士と比較すると、わずかながら給与は低めの傾向になるようです。年収500万円以上を望むのであれば、管理職を目指す必要があるといわれています。しかしながら、言語聴覚士はまだ人数が足りていないとされる職業であるため、地域や勤務先によってはかなり良い待遇で受け入れられることもあります。言語聴覚士の給料は勤務先によって異なります。病院や施設の規模でも差が出ることが多いため、収入を一番に考えたいのであれば、給与制度や待遇をしっかりと見ておく必要があります。現在、言語聴覚士が活躍できる領域は医療のみならず、福祉や教育などまで広がりを見せています。そうしたなか、勤務先も総合病院や大学病院だけではなく、リハビリテーションセンター、老人保健施設、学校教育現場など多岐にわたっており、雇用体系や待遇も多様なものになっているようです。同じ言語聴覚士といっても、働く場所によって、生活の様子は大きく変わることもあります。しかし、一般的に言語聴覚士の待遇が非常に悪いということはあまり聞かれず、他のリハビリ職と同じように安定した待遇の下に働ける職場が多いようです。とくに、福祉施設などであると「医療職」という扱いから待遇がだいぶ良くなることもあります。また、公的病院に勤務すれば福利厚生が公務員に準拠したものとなり、より安定した環境で働きやすいようです。しかし、この仕事を続けていくのであれば、やはり自分で複数の職場を見比べて、本当に行きたいと思った場所を選ぶことが大切です。待遇以上に「やりがい」が感じられる職場かどうか、という視点で勤務先を選んでいる人も多いようです。

 

couple_setsumei

 

 

言語聴覚士の賞与

賞与は毎月の給料と違って勤務先の業績によって大きく変わってきます。低い時もあればその逆のもあります。一概に賞与は安定した収入とは言えません各施設の規模や経営方針によってかなりの格差があるようです。施設別に月収、賞与を出して見ましたので就活中の方は参考して下さい。

[施設種別][地域][月収][賞与][年収]
介護老人保健施設名古屋21.8万~35.6万4.0ヶ月
345~585万
急性期病院静岡県17.8万~18.9万4.2ヶ月
285~303万
訪問看護愛知県18.5万~25.7万3.8ヶ月280~375万
在宅医療岐阜県25.0万~3.0ヶ月   375万~
クリニック東京26.0万~36.0万2ヶ月350~410万
サービス付き高齢者住宅愛知県24.0万~3ヶ月310~400万
リハビリテーション病院 栃木県26.0万~31.0万5ヶ月400万~
ケアミックス病院埼玉県23.5万~3.4ヶ月 370万~
障害者施設兵庫県21.9万~24.0万4.4ヶ月263~288万
特別養護老人ホーム山口県20.0万~24.0万4.2ヶ月319~384万

ご覧いただいたように言語聴覚士の給与、賞与、年収は施設によって格差があります。それには施設によっては多数の専門職を必要とする施設もあり又病院と介護施設では医療報酬と介護報酬の格差も原因の一つとして考えられます。2015年度厚生労働省の賃金水準調査によると国家公務員の平均年収が578万円、一般企業の平均年収が520万円からみても言語聴覚士という専門職にしては水準が低いように思われます。この状態はこれからの介護保険や医療保険の見直し改正の時に介護報酬、医療報酬がどの様になるかで、待遇改善にも影響してくることです。

 

言語聴覚士の給与の年齢、性別の違い

理学療法士・作業療法士などの複数のリハビリ関係の資格を保有していることと、病院よりも、高齢者の施設などでかなりの求人がでていますので、そこで活躍する事を目指すほうが給与面では良いです。待遇よりも、人間関係の方がストレスがたまるので、職場の人間関係をうまく構築できるかが、長く勤めて昇給する可能性は高いでしょう。
資格所有者の絶対数が非常に少ないため、市立病院などへの就職も、比較的容易なようです。あるいは、大企業と関係のある大きな病院などへの就職が、通常の大学卒よりは、給与面では優遇されるようです。

言語聴覚士年齢別年収

1126                                                                http://heikinnenshu.jp/iryou/gengochokakushi.html
言語聴覚士として仕事に就き、その後、時間が経ってから結婚をする人は多くいます。人によっては、結婚や出産を機に仕事を辞めたり、まったく違う職業で頑張っていったりする人もいますが、結婚・出産を経験してからも言語聴覚士を続けることは十分可能です。言語聴覚士は女性もたくさん活躍しており、職場によっては育児休暇を積極的に取ることが推奨されているところもあります。また長期的な休暇から復職するときに、スムーズに現場に戻れるよう、独自の研修体制が整えられている職場もあります。そのような職場であれば、不安なく仕事に再び挑戦しやすいといえるでしょう。

11261@                                                                    http://heikinnenshu.jp/iryou/gengochokakushi.html

 

1つの施設あたりの求人数は、作業療法士や理学療法士とくらべると少ないですが、言語聴覚士は国家試験に合格する人数が少ないため、門戸は狭いとは言い切れません。また、高齢化にともなって、脳卒中や心臓疾患などをわずらい言語聴覚士によるリハビリを必要としている人が増えています。そのため、介護・福祉施設において言語聴覚士の採用が増えています。とくに、2005年より介護保険での言語聴覚士による訪問リハビリテーションが開始されたことにより、訪問介護分野での求人が増えています。新卒の場合、養成所に指定された専門学校や大学に在学している間に就職活動を行いますが、就職が内定していても国家試験に合格していなければ取り消されることになります。

 

注意点

リハビリ職者の中でも、言語聴覚士(ST)として働く場合、理学療法士(PT)や作業療法士(OT)とは、違った点で注意しなければいけないことがあります。そのことを知った上で仕事を行わないと、言語聴覚士として転職・就職した後に失敗することになりかねません。言語聴覚士の場合、患者さんとの接し方も、理学療法士や作業療法士以上に注意する必要があります。それは、言語聴覚士の対象となる患者さんにおける「疾患の特徴」に理由があります。
言語聴覚士の対象となる患者さんには、脳血管障害の人が多いです。そのため、リハビリを行っても、どうしても後遺症が残ってしまうことがほとんどです。しかし、患者さんやその家族の人の中には、「リハビリを行うことで完全に治る」と考えている人もいます。そのような場合に、言語聴覚士は、専門家として現状や今後の予後に対して説明を行わなければなりません。その時に、「完全に治ることはありません」や「リハビリでは限界があります」など、初めからネガティブな発言をすることは問題です。確かに、後遺症は残る場合がほとんどですし、リハビリによる回復にも限界があります。ただ、患者さんや家族の希望を砕くような発言をしては、モチベーションを下げることになり、リハビリの進行にも影響してきます。そのような場合は、「後遺症は残るかもしれませんが、できる限りリハビリして改善するようにしましょう」や「まずは〇〇という目標を目指して、少しずつできることを増やしていきましょう」など、前向きな発言を行うことが大切です。

 

 

eaaa61771dab47b07552bd1b5ed2a606

 

 

まとめ

言語聴覚士は、「うまく話せない」「うまく聞こえない」といった症状を持つ患者さんが抱え問題の原因を探り、検査などをしながら、一人ひとりに合った訓練プログラムを考え、訓練を行います。

この「話す」「聞く」というリハビリの内容としては、身体的な要素を持つ運動はもちろん、心理的な影響力を持つ運動も含まれます。

qna