臨床心理士の給料ってどうなの?場所、年齢によって違うの?

stk99527cor_XS

社会が多様化する現代、心の問題を抱える人が私たちの身近にも多くなっていると感じることはないでしょうか。ストレスが溜まったり悩みや不安から逃れられ巣に、心が不健康になってしまうということは誰にでも起こり得ますね。
こうした問題を解決する為に相談や支援を行うのが臨床心理士です。
「臨床心理士」は文部科学省認可の財団法人・日本臨床心理士資格認定協会が認定する資格を持つ専門職のことです。民間の資格ではありますが、そのニーズは高まりつつあります。
臨床心理士について詳しくみていきましょう。

 

臨床心理士の待遇

臨床心理士は、病院や学校、児童相談所、企業など、さまざまな場所で活躍しています。
勤務形態は「常勤」として働いている人もいれば、「非常勤」で働く人もいるため、その待遇や収入には大きな幅があると考えられます。
例えば常勤で働く場合は、会社が用意している各種保険に入ることができたり、福利厚生を得られることもあり仕事を続けていきやすいというメリットを感じることも多くなるでしょう。それは臨床心理士に限らず、どのような職種にも当てはまることです。
臨床心理士の待遇はその資格に対して異なるというよりも、どのような場で、どのような勤務形態で働くかにより異なるのです。

 

 

medical_seishinka_woman

 

 

臨床心理士の給料の月収、年収、賞与

臨床心理士の一般的な賃金についてみていきましょう。

■月収

20万から40万円前後と言われています。
但し、勤務形態によって大きく異なります。

■年収

300~500円万程度
公共施設などで公務員として働く人の場合は、公務員の俸給表に沿った給料が支払われます。

■賞与

月収に応じて職場の規定に準じます。

~臨床心理士は時給制のことも多い~
実は、非常勤の臨床心理士の給料は、時給制となっていることが多いようです。
臨床心理士の資格を取得しても、臨床心理士は現場経験が求められる仕事でもあるため、すぐに常勤の勤務ができることが少ないようです。
実際の求人情報からもスタートは時給1,000円からとなっているケースもあります。経験や実績によって賃金がアップしていくことが一般的です。
~臨床心理士の資格維持にはお金がかかる~
臨床心理士を取り巻くお金の話として、参考までに臨床心理士の資格取得前後にかかる費用について触れておきます。

①臨床心理士受験資格取得のためにかかる費用

臨床心理士資格の受験条件には、日本臨床心理士資格認定協会が指定する大学院を修了することとあります。これらの大学院を受験するためには、4年制大学を卒業していなければいけません。最終学歴が短期大学卒業や高校卒業の方は、まず4年制大学を卒業したとみなすだけの単位を取得するための費用がかかります。(通信教育や放送大学なども可)

②臨床心理士の受験、合格時にかかる費用

受験申込時の資格申請書類:1,500円+資格審査料3万円
合格後の登録料:5万円

③資格維持のためにかかる費用

臨床心理士資格を取得したら、5年おきに更新が必要になります。
更新費用:2万円
それ以外に、更新までの5年間に必要な経費としては例えば以下が考えられます。
日本心理臨床学会では年度学会費が9000円なので×5年分で4万5千円
日本臨床心理士会では年会費が8000円なので×5年分で4万円
その他に更新までに必要なポイントを取得するために研修会などの費用がかかります。

 

 

14695

 

 

臨床心理士の給与は働く場所、年齢で違うの

臨床心理士の給与は働く場所や年齢で異なるのでしょうか。
先ずは臨床心理士がどのような場で働いているのかをみていきます。

【働いている場】

■教育分野…小・中・高校のスクールカウンセラー、各種教育相談機関等。
■福祉分野…児童相談所、女性相談センター、身体障害者福祉センター、児童福祉施設、更生相談所、高齢者施設等。
■医療・保健分野…精神科・心療内科・小児科等の臨床心理室、保健所、精神保健福祉センター、リハビリテーションセンター、保健センター等。
■司法矯正分野…少年鑑別所、少年院、家庭裁判所、刑務所、警察関連の相談室、保護観察所等。
■労働・産業分野…企業内相談所、ハローワーク、障害者職業センター等
■民間機関…開業心理相談室、カウンセリングセンター等。

実に様々な分野で活躍していることが分かります。
では、働く場や年齢で給与は異なるのでしょうか。それは一概に言えませんが先に触れてきたように働く場と勤務形態、経験年数で異なると言えるでしょう。
臨床心理士は今や社会の様々分野において必要とされる場面が多くなっています。しかし、ある事業をする、会社を経営するにあたって必須となる資格保持者ではありませんので、専門職種としてその資格に対して給与を払って配置されることは少ないのです。
そのような観点から、常勤の臨床心理士になれたとしても臨床心理士として年収1000万円前後を目指すことはなかなか大変なことで本業のカウンセリングだけでは厳しいでしょう。安定して稼いでいる臨床心理士の多くは大学教授や医師の資格を持ちながら働き、臨床心理士として兼務している人が多いのです。
また、経験と実績を重ねるという意味では徐々に評価を得て本の執筆や講演を行うまでになれば、大きな収入が得られる可能性もあります。

最後に、今ではよく社会に認知されているスクールカウンセラーという仕事について紹介します。

~スクールカウンセラーとは~

スクールカウンセラーは不登校の児童や生徒に対して保護者や教師と連携しながら心理的な相談を行う相談員の事です。

①スクールカウンセラーになるための主な要件

・臨床心理士
・精神科医
・大学教員で臨床心理に詳しい者

②スクールカウンセラーの募集にあたって

基本的都道府県や市区町村の教育委員会などが毎年募集することが多いです。
任用期間は1年間で4月から3月までになります。

・給与の一例としては、
スクールカウンセラー:時給5000円
但し、時給5000円とあっても勤務日数が週1回など働ける合計時間が少ない場合
があります。

 

kiku_woman

 

 

まとめ

臨床心理士の活躍の場は多岐にわたりますが、実際にはその待遇や賃金は様々で安定収入を必ずしも得ることができるわけではありません。
しかし、心的ストレスの多い現代社会においての活躍の場やニーズはこれからも増えていくことでしょう。とりわけスクールカウンセラーにおいては当初はいじめ自殺や不登校の増加などを背景として心理臨床の専門家を配置するという意図で開始されたものでしたが、十数年を経た現在では非行や発達障害といった問題にも対応する存在となりました。また、突発的な事件や事故、災害などが生じた際の緊急配置も多くなっています。

臨床心理士の役割は社会の変化と共に変化しています。そして今後益々そのニーズも高まっていくことでしょう。

qna