理学療法士と作業療法士の違いについて教えて!

phy-therapy

皆様は、作業療法士と理学療法士という職業を聞いたことはあるでしょうか?
福祉のお仕事として、比較的に人気があるのがこの二つの職業です。名前もとても似ています。しかしこの職業は、根本的な仕事の目的は同じですが、仕事内容としては大きく変わってきます。名前だけ聞いたことがある方は多いかと思いますが、実際の仕事内容をご存知ない方も多いのではないでしょうか?
今回は、この理学療法士と作業療法士の違いについてご紹介したいと思います。

 

似ているようで違う理学療法士と作業療法士

この二つの職業は名前が似ていることもあり、仕事内容や職種について混合してしまう方も多いようです。
しかし、実際の仕事内容は大きく変わってきます。ここでは、理学療法士と作業療法士を一つ一つ皆様にご紹介していきたいと思います。

① 理学療法士

理学療法士は、英語表記でPHYSICAL THERAPISTと呼ばれ,医療現場においてはPTさんと略して呼ばれる場合が多いです。
理学療法士及び作業療法士法に定められた国家試験を受験し、合格した方だけが職業に就くことが出来ます。基本的に、看護師などと同じく医師の指示を受けながら治療方針などを決定していきます。治療方法としては、患者様に運動的なリハビリなどをしてもらい、日常生活動作がスムーズに行うことができるようにサポートします。他にもマッサージや電気治療を施したりと、患者様に物理的手段使用しながら機能回復を目指します。患者様の中には、病気で四肢が萎縮してしまうことや、歩行が困難になってしまう方もいます。そういう症状の方々が普段の生活に不便を感じることがないようにサポートしていくことが理学療法士の役割です。

② 作業療法士

作業療法士は、英語表記でOCCUPATIONAL THERAPISTと呼ばれ、医療現場においてはPTさんとやばれる理学療法士に対し、OTさんと略して呼ばれる場合が多いです。
こちらも理学療法士と同じ、国に認められている国家資格の一つになります。ことらも医療現場においては、医師の指導の元に行われます。物理的手段を用いて患者様をサポートする理学療法士に対し、作業療法士は応用動作の訓練、または心的部分のサポートが主な仕事内容になります。

患者様に何かを作ってもらったり、日常生活動作(入浴、脱衣など)の指導、時には患者様の周りの環境をサポートすることもあります。

 

 

massage_ojisan

 

 

理学療法士と作業療法士の仕事内容の違い

では実際に、理学療法士と作業療法士では仕事内容としてはどのような違いがあるのでしょうか?こちらでも一つ一つ見ていきたいと思います。

① 理学療法士の仕事内容

理学療法士の仕事内容とは、上記で少しだけ触れたように、患者様が日常を送る上で不便のない運動能力を取り戻すための、お手伝いをすることです。主に運動的なリハビリテーションを行い、身体能力の機能向上を目指します。例えば私たちが毎日の日常で何げなく行なっている、座ること、歩くこと、走ることなどの基本動作は、私たちの体が健康であるからこそできる行為です。
もし何らかの病気や怪我で障がいを負ってしまった場合に、できるだけ以前と同じ生活を送ることのできるようにサポートするのが、この理学療法士の仕事なのです。

具体的な治療方法としては、もちろん動作指導も行いますが、その他電気治療や温熱などの刺激を与えることで改善を目指す、物理療法と呼ばれる治療も行います。職場が総合病院などの大規模の場合では、定期的に開かれる医療カンファレンスに出席し、患者様の状態把握を行います。医師や看護師などの他部署と連携をして、患者様の担任を目指すのも立派な仕事内容の一つです。
また、病院以外にも、訪問リハビリサービスを行ったり、スポーツ分野に特化したリハビリを行ったりと、その働き方は多岐に渡ります。

② 作業療法士の仕事内容

作業療法士の仕事内容は、根本的な部分は理学療法士と同じです。
患者様が快適で安心な生活を送ることのできるようサポートします。異なる点は、理学療法士の仕事より、心理的な部分がプラスアルファされていることでしょうか。作業療法士は、患者様の、入浴することや、食事をとること、服を着替えることなどの、主に日常生活動作がスムーズにできるようにサポートします。
また、それ以外にも患者様に何かを作ってもらったり、レクレーションに参加してもらったり、心的にも満足が得られるようにサポートを行っていくのも作業療法士の大切な仕事の一つです。

例えば、折り紙や積み木遊びなどのレクレーションは、一見ただの遊びに見えますが、実は手先のリハビリテーションにつながるのです。また、何かを作るという行為を通して、何かを生み出すという喜びを知ってもらったり、他の患者様とレクレーションを通して触れ合うことで生活に張りを持たせてくれるのです。特に高齢者の方は、普段の生活に張りがなくなってきている方も多いと思います。生活が単調になってしまうと、全てのことに無気力になってしまうこともあるのです。

それを防ぐためにも、精神的なケアも身体的ケアと同じくらいに重要なものなのです。

 

 

yubisashikosyou_nurse

 

 

理学療法士と作業療法士の国家資格の違い

理学療法士も理学療法士も、理学療法士及び作業療法士法によって定められた国家試験を合格した方だけが得ることのできる、国家資格になります。
理学療法士及び作業療法士法とは、この二つの資格を定め、その業務内容がきちんと運用されるよう、また業務内容の向上などを目指すために定められた法律になります。理学療法士と作業療法士に関係する試験内容や業務などを定めています。
この二つの資格を毎年の受験者数で見ていくと、理学療法士の方が若干多いと言われています。しかしどちらの職種で見ても求人は多く、きちんと勉強をして資格を取得出来れば、就職に困ることはないでしょう。
しかし上記でも触れましたが、作業療法士の方が理学療法士に比べなり手が少ない傾向がありますので求人としては多く就職場所の選択の数も多くなるでしょう。

 

理学療法士と作業療法士の給料・賞与の違い

理学療法士と作業療法士は、給与や賞与的に見てもあまり差はありません。
初任給は、就職先によっても大きく変わってはきますが、だいたい15万円から20万円程度が多いようです。そこから勤続年数を重ねるにつれて20万円、30万円と上がっていきます。どちらかと言うと理学療法士と作業療法士を比べるのではなく、職場によって比較する方が差がわかりやすいのではないでしょうか。もちろん、管理職へ就くことが出来れば給与も賞与も跳ね上がります。
しかし、管理職になるためには相当の努力と技術を身につけなければなりません。近年、福祉系全体で見ていくと、介護福祉士は給与の値上げが検討されているということですが、リハビリテーションの分野については少々ですが下がってきている傾向がありそうです。しかし一番簡単なのは、置かれた環境で自分の持てる力で努力し患者様のサポートをすることです。
そうすれば、たくさんの方に認められるようになり、自ずと給与も上がっていくでしょう。

 

 

medical_rigaku_ryouhoushi

 

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?この二つの職種は、患者様が自分らしく張りのある生活を送るために、重要なサポートをする役目のある職種です。少しでも、理学療法士と作業療法士について興味を持っていただけたなら幸いです。

qna