訪問看護ステーションはどんな役割?施設の基準は?

is_!61115_nurses_station_800x600

皆様は、訪問看護という言葉を聞いたことはありますでしょうか?若い方の中には、聞きなれない方も多いのではないでしょうか?
私たちの身近には、このような福祉サービスがたくさんあります。しかし、自分が利用する立場になってみないと、どういう役割なのか把握することは難しいと思います。いざ、自分や周りの方が必要になった時に、適切なサービスが受けることの出来るよう、また、正しい助言ができるように、今からでも福祉サービスのことを知っておくことは大切なことと思います。
今回は数ある福祉サービスの中の、訪問看護ステーションについてご紹介したいと思います。

 

訪問看護ステーションとは

では実際に、この訪問看護ステーションとはどのようなものなのでしょうか?
まず訪問看護とは、看護師などの医療従事者が利用者の方の自宅を訪ね、医療的ケアなどを行うことを指します。同じように、利用者が施設を訪ねるのではなく、こちらから直接利用者の方の家を訪ね福祉サービスを提供することを、在宅サービスと言います。代表的なものの一つに、訪問介護サービスがあります。

訪問介護サービスとは、高齢者の利用者の方に対して自宅を訪問し、介護サービスを提供することです。また、特徴の一つとして、提供するサービスは介護だけではありません。利用
者の方の家の掃除を手伝うことや、洗濯のお手伝い、また、利用者の方のために食事の提供を行う場合もあります。つまり、高齢者の方の生活全般のお手伝いをするのです。

また訪問介護以外にも、訪問理リハビリテーションや、訪問入浴サービスなどのサービスもあります。訪問リハビリテーションは、訪問看護サービスと同じようにリハビリの専門職員が利用者の自宅を訪ね、リハビリ治療を行います。訪問入浴サービスは、入浴介護に特化したサービスとなります。寝たきりの高齢者の方のために、機械浴を自宅へ持ち込み入浴をしてもらうサービスです。
自宅介護を行う際に一番大変なのはこの入浴介護です。特に、体の大きい高齢者の方が寝たきりになってしまうと、介護を行うことはより一層難しくなってしまいます。そのため、入浴を拒否してしまう高齢者の方がいらっしゃるのも事実なのです。
訪問入浴サービスは、そういう高齢者の方が増えてしまうのを防ぐため、自宅にいながらも入浴サービスが受けられるものになります。これらが在宅サービスの一例となります。

 

 

houmon_shinryou_nurse2

 

 

訪問看護ステーションの役割

では、訪問看護ステーションとはどんな役割を持っているのでしょうか?

① 高齢者の方のための医療的ケア

高齢者の方の中には、自分で直接医療機関へと出向くことが難しい方もいらっしゃいます。それは、病気的な理由や身体的理由、また環境的な理由もあるでしょう。そのような方のために、住みなれた在宅でケアを行ってもらうというのが、この訪問看護ステーションの役割となります。医師からの指示のもと、医療的ケアを行うことはもちろんですが、そのサービス内容は多岐に渡ります。

② 高齢者の方の体調管理

高齢者の方の体調は、様々な環境などの理由により大きく変化しやすいものです。そのため、その日その日の体調を把握し、管理していくのも訪問看護の役割となります。そのため、まず看護師などのスタッフは自宅に到着した際、バイタルチェックをすることから業務が始まります。バイタルチェックとは、高齢者の方の異常状態が見られないかどうか、体温、血圧、脈拍などを測定することを指します。また、最近変わったことはないか、異常はないか、聞き取り行うことも大切になります。ここで異常が見られた際は、医療ケアを行い、医師の指示を仰ぎます。

③ 看護や介護についての指導や相談を受ける

看護や介護を提供するだけが、訪問看護の仕事ではありません。高齢者の方が快適に在宅療養生活を送ることができるよう、家族や本人に指導や助言を行うこともあります。その内容は、様々です。例を挙げると、寝たきりの高齢者の方に多いもので、褥瘡というものがあります。これは、同じ体位で寝ることによって起こる症状です。しかしこの褥瘡は、食生活を改善することや、定期的に体位交換を行うことで予防することができるのです。しかし、介護をしたことのない方にとっては、予防策を知らない方も多いでしょう。また、そもそも褥瘡という言葉自体知らない方も多いのではないでしょうか?褥瘡とは、同じ姿勢で寝続けることによって皮膚が圧迫され、血液の巡りが悪くなり、皮膚が壊死してしまうことです。悪化してしまうと皮膚に穴が空いてしまい、骨が見えてしまうこともある恐ろしいものです。これらの知識を提供し、改善に努めるよう指導することも訪問看護の仕事の一つです。その他、認知症のケアや家族の付き合い方についても助言することもあります。高齢者の方やその周りの環境に応じて、臨機応変に対応することが求められるでしょう。

 

 

ketsuatsu_sokutei

 

 

 

訪問看護ステーションの施設基準

では、この訪問看護ステーションに施設基準はあるのでしょうか?
まず、看護師の設置人数が決められています。事業所が存在しても、肝心のケアを行う看護師がいなければ話になりません。常勤で勤務できる看護師や保健師が2.5人以上配置する必要があります。また、この時管理者も配置する必要があります。管理者は、看護師または保健師の資格を持つ者しか認められませんので注意が必要になります。またこの他、きちんとした事務室の設置や面談室の設置、訪問看護に必要な備品を揃えておく必要があります。業務としては、看護計画の作成をすることや医師への緊急連絡体制を作っておく必要があります。医療ケアの最終判断を仰ぐのは、医師になるからです。

 

訪問看護ステーションを利用できる人

① 医療施設へ出向くことが難しい方

病気や身体的理由で医療ケアを受けたくても、環境的に難しい方や身体的に難しい方も多くいらっしゃいます。しかしケアを受けなければならない状態にあるとき、この訪問看護サービスを受けることが出来ます。

② 介護保険の利用者

介護保険を利用している要介護、要支援認定を受けている方であれば、介護保険から訪問看護を利用することが可能です。

③ 医療保険からの利用

医師が訪問看護の利用を判断した場合、医療保険から訪問看護サービスを受けることのできる場合があります。介護保険が65歳以上、または40歳以上の特定疾病を持った方に対象が絞られるのに対して、医療保険であれば被保険者全員が対象者になります。

 

訪問看護ステーションの注意点

訪問看護を受ける際の注意点として、訪問看護スタッフは高齢者の方の自宅に直接伺うことになります。高齢者の方にとって、自宅はプライベートな空間になりますので、いつも以上に気を配る必要があるでしょう。また、仕事中に話をした内容などを他人に話すことなども禁じられています。この仕事に一番重要なのは、信頼関係です。その信頼関係を失墜させてしまうような行為を、看護スタッフはしてはいけません。お宅にお邪魔させていただいているということを、決して忘れないようにする必要があります。

 

 

medical_houmon_iryou_woman

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
訪問サービスは、訪問看護以外にもたくさんあります。その時に応じたサービスを選択できるように、福祉サービスのことを把握しておくことも大切なのではないでしょうか?

qna