今後多くなる?介護経営を大紹介!

329c13a

日本は5年後の2025年頃には団塊の世代の人達の高齢化や、認知症の患者の増加等により、今より更なる高齢化が進んでいきます。見方を変えこの状況を商業ベースで考えると「介護・福祉」の市場規模は1000億市場とも言われています。そのような拡大していく市場に「介護経営」を新規参入する企業も増えてきています。

今後の介護経営の新規参入について状況等を紹介致します。

 

どんな場所に作るべき?

介護・福祉の市場は以前より大手企業による新規参入、買収、売却が行われて来ています。例えば以下のように企業間での合併、売却が繰り返される程介護経営は難しものです。

大手企業の介護事業の参入、売却、現状

 

スクリーンショット 2017-11-28 18.38.23

 

は買収、譲渡等
次のページの全国の介護事業所推移データでも分かりますが、 事業所の数は着実に増え続けています。この増えてくる背景には、やはり高齢者の増加による市場性の拡大に注目して新規事業として介護に参入してくるものと思われます。

しかし現実としては上のチャートで大手企業の買収や売却等のように介護の経営の難しさというものに直面して撤退していく企業は過去に多数ありました。 今後も小規模な事業所から大規模な施設まで介護の経営に携わる企業もしくはオーナーは多くなってくると思われます。

 

1128

 

全国事業所数

www.mhlw.go.jp

 

 

98990883735c82b57932c5ac5f121e69

 

 

介護経営の為の条件

店舗でも会社でも経営するとなれば、様々な経営上の条件や問題を解決しなければ成功者というゴールにはたどり着けません 一般的には 経営する為の条件として「人」「物」「金」等と言われています。ここではこれから最も需要が高くなると思われる「特養」「老健」 などの「老人ホーム」を経営するのために必要とされる条件を紹介していきます。

老人ホーム経営の為の条件

■施設(有料老人ホーム )

[介護付有料老人ホーム]
◾介護や食事等のサービスが付いた有料老人ホーム
◾介護介護サービスは有料老人ホームのスタッフが提供
◾特定施設入居者生活介護に指定されている

[住宅型有料老人ホーム]
◾食事の提供など日常生活に必要なサービスを提供することを目的とした施設
◾介護サービスは訪問介護等の外部サービスを利用してもらう
◾特定施設入居者生活介護の指定を受けていない
有料老人ホームを設立し、自治体に届けるにあたっては設備や居室面積、職員配置など様々な基準が設けられています。有料老人ホームを新しく開設するには、都道府県知事に事前の届け出が必要となります。

■設置主体

有料老人ホームを開設する設置主体は、特別養護老人ホームなどの老人福祉施設とは異なり、株式会社でも可能です。事業をしっかりと運営することのできる経営体力があり、社会的信用があるとされれば、「法人格を有する民間事業者」「地方公共団体」「社会福祉法人」「財団法人」「医療法人」などが設置主体となることができます。

■立地条件

有料老人ホームを建てられる場所は、高齢者が長期間暮らすことを考えて「健康で安全な生活を維持」できる環境が求められます。具体的には、住宅地から遠く 離れた不便な地域ではないこと、借地や借家などによって開設する場合は長期間安定契約などを結んでいることが要件として求められます。

■立地基準

有料老人ホームとして開設するためには、高齢者が安心して生活をできる環境を整えるために、下記の表にある設備を備える必要があります。また、下記の表に加えて、車椅子の生活者が入居することができるよう、廊下は1.8m以上(車椅子同士がすれ違うスペースがあれば1.4m以上)あることが求められます。

老人ホームを経営するにあたり 設置に関しての条件で最も重要な点が立地条件です。場所があまりにも悪いと高齢者では通うことができないことにより経営にも負担になってきます。

 

 

business_senryaku_sakuryaku_man

 

 

どんな人が必要

有料老人ホームの中でも、住宅型有料老人ホームでは人員配置に関する基準は特にありません。
これは比較的元気な高齢者を入居対象者として想定しているこ と、提供するサービスが利用者ニーズにより異なることなどから施設が提供するサービスに応じて必要なスタッフが配置されていればいいとされているからです。
一方で、介護保険における特定施設入居者生活介護の指定を受けている介護付き有料老人ホームでは、介護保険法に基づき職員配置に関しては最低基準が設定されています。
次にある通り、要介護・要支援2の高齢者3人に対して最低1名を配置することが求められています。老人ホームを探している際に、人員体制で 「3:1」と記載されているのはこのことを指し、入居者2名に対し1名の職員を配置している場合は「2:1」などと表記されているはずです。最低基準は 「3:1」ですから、この数字が手厚い介護体制が整っているかどうかなどを判断するひとつの基準となっているのです。

■必要人員

◉生活相談員

常勤1人以上 利用者:生活相談員=100:1以上(常勤換算)

◉看護職員または 介護職員

合計して要介護・要支援の利用者数に対して、3:1以上

◉計画作成担当

1人以上(兼務可) 利用者数に対して100:1以上

◉機能訓練指導員

1人以上(兼務可)

◉管理者

専従(支障がなければ兼務可)
有料老人ホームにおける職員の配置に関しては、「施設長、事務員、生活相談員、介護職員、看護職員、機能訓練指導員、栄養士、調理員を配置すること」とされています。
さらに介護サービスを提供するためには、「要介護者等を直接処遇する職員(介護職員及び看護職員をいう)については、介護サービスの安定的な提供に支障がない職員体制とすること」との規定があります。
さらには、「施設の管理者(施設長)及び介護サービスの責任者の地位にある者は、高齢者の介護について知識及び経験を有する者とし、原則として次のいずれかに該当する者としてます。
①社会福祉士、介護福祉士、保健師、看護師等の資格を有する者 ②特別養護老人ホーム等の介護保険施設又は有料老人ホーム等において、2年以上介護サービスに従事した経験を有する者」という規定があります。
つまり、職種については専門の資格が必要ということ。有料老人ホームを開設するにあたっては、設備などハード面の整備とともに、資格を有する人材の確保というソフト面での整備も、同時に必要ということを覚えておきましょう。

 

ITを活用した設備を充実させよう

介護で何故IT化を推進していかなのかな未だに疑問に思っています。
それに大手通信携帯電話会社などは なぜ介護の業界に自ら持っている技術を導入しないか例えば寝たきりの要介護者でもgoogleの音声通話(ok Google)やskypeなど利用して家族や友人とベットでコミュニケーションができ、障害者や重度の要介護者も音声だけで自分の欲しい情報を入手出来ることを殆どの要介護者は知らないようです。
その原因の一つが介護する側の立場の人が大半IT拒絶派でネットを始めとして様々なITツールが障害者や要介護者の残存機能を旨く生かすことができ、家族や友人とコミュニケーションがとれる様になり寝たきりの要介護者もベットサイドに 小さなモニターを設置してskype などで家族やお孫さんに音声と画像で連絡をとれるようなります。システム的にはそんなに複雑で投資もかかるものではないと思います。

現在のgoogle等のコミュニケーションツールは障害者や要介護者にとっても自分の低下した身体機能の代わりとなりえるような、必要不可欠なものになることだと思います。

事務処理でもIT化が進まないその理由とは

介護業界でIT化が進まない最も大きな理由には、職員がIT機器を使いこなせないことが挙げられます。
介護施設で働く世代は20~40歳代が多いといわれているものの、働く世代の幅はかなり広く60歳代の職員もいます。現在ではスマートフォンの普及により、職員がIT機器に触れる機 会は増えていますが、介護現場で使われるIT機器はスマートフォン型だけではなく、パソコン型などさまざまなものがあり、これらのIT機器を使いこなすことが難しいと感じる職員は少なくないのです。

介護業界では紙媒体の記録などが今でも使われており、なかには紙媒体の記録でないと施設間での記録のやり取りを受け付けないという施設もあります。このような業界の特性から、介護業界ではIT関係の知識のある職員が少ない傾向にあります。そのため、施設へのIT機器の導入がスムーズにいかない場合が多く見られます。

また、高額なIT機器およびソフトウェアを導入したものの、介護業界に明るくない企業によるサービスであったため、実際の介護現場では使いにくく、定着にむすびつかなかったという例もあります。

 

利益を出すためのポイント

介護事業は他分野の事業とはことなる点がたくさんあります。特に経営する上で大きなポイントである「収入」は、医療と同じように保険制度を採用しているので、飲食やその他サービス業とは大きく異なります。
そのため、利用者さえいれば経営ば安定しやすいといえます。
しかし裏を返せば、同じような規模の事業所は収入があまり変わらないので、他の事業所と比べて、より大きな収入を得るのは難しい業界です。では、介護業界で何が大事になってくるのでしょうか。
それはずばり経費の見直しです。昔から長期間介護に関わっている方は、他分野の事業から参入した方に比べて経営に対する意識が比較的薄くなっています。そのため、経費に対して鈍感な方が多いように感じます。また逆に、他分野の事業から参入された方で多いのが、経費を削減するポイントを間違えている方です。介護施設などの経営は、黒字化させると言う意識が弱かったり、ポイントを間違えていたりするとなかなかまとまった利益は生まれません。まずは利益を生むという意識と、経費削減すべきポイントを覚えることが大切です。そのためには、介護ソフトや介護システムなどにサポートしてもらい、効率化するのも1つの方法です。
特にこれから事業を拡大する予定の事業者さんは今のうちに介護ソフトや介護システムを導入しておくと、現場や事務の方からも喜ばれます。経営は覚えることがたくさんあり大変ですが、安心して働いてもらうためにも頑張りたいところです。

 

 

salaryman_money

 

まとめ

これから介護の業界は介護職の需要は高くなってくることは間違いありません。そのような状況のなか介護経営を志す人も多くでてくることが予想されます。

現在の介護業界は人材の不足、等問題も山積み状態でこれらの問題を解決する事で安定した介護経営ができるものと思われます。

qna