高齢化社会で需要拡大中の介護美容師を大紹介!給与は?

elderly.salon_

要介護者といえ髪の毛は少しずつでも伸びてきます。特に女性はいくつになっても気になるものだと思います。でも介護状態では美容室に通うこともできず、なかなか身綺麗になれず困っている声をよく耳にします。そのような時に助けになるのが、今需要拡大している介護美容師です。そこの介護中のあなたのために綺麗になる内容を紹介いたします

 

介護美容師とは

身だしなみを整えたり、おしゃれを楽しんだりしたい気持ちは健常者も要介護者の誰もが持っているものです。しかし要介護や障害者が人と違う点は要介護者の場合は美容室まで通うことができない方も多くおられます。そのような時に身近なヘルパーや介護職へ頼みたいものですが、それは不可能です。介護ヘルパーや介護福祉士等は要介護者に決められた「介護支援」の規定範囲内での介助は出来ますが、おしゃれを助ける為の介助項目はありません。例えば最近ヘルパーでも出来るようになった「爪切り行為」も以前は医療行為としてヘルパーは出来ませんでした。「髪の毛を切る」事も要介護者から申し出があってもそれは美容資格をもった専門職の行うことです、要介護者の申し出に対して容易な返事をして「少しくらい切るなら私でもできる」等と安易な行動は絶対にとらなようにしてください。それを補うために今話題の施設などからの出張依頼が多くなってきている介護美容師がいます。この介護美容師の存在で多くの要介護者は気持ちが沈む毎日の生活において介護美容師に身だしなみを整えてもらうことで生活にも明るさがでてきます。

介護美容師の意義

要介護者のいる家庭や施設から依頼を受けると依頼先訪問して美容師としての専門的知識と技術をそなえて要介護者の美容を行います。又別名「福祉美容師」とも言われ自身が持っている専門的なスキルを活かして要介護者が美容によって明るい生活を送れるようにできる事から「影の介護職」と言われても決して過言ではないとおもいます。

 

 

main_03

 

 

介護美容師になるには何が必要か

介護美容師になるには、まず専門学校で勉強して、美容師の国家資格を取らなければなりません。また、介護に関して専門の知識を得るために、初任社研修や介護福祉士(かいごふくしし)の資格があるとより効果的です。
美容師資格があれば介護美容師の仕事ができます。しかし、お年寄りのベッド移動や車椅子介助(くるまいすかいじょ)など、ホームヘルパーとしての介護の知識は必要になります。介護が必要な場合が多くなりますので介護職の資格も必要になってきます。

介護(福祉)美容師の資格方法

介護美容師の資格取得のためには次のような方法ありますが資格取得の前提条件は美容師資格をもっていることです。
NPO法人日本理美容福祉協会
・福祉理美容士養成口座を受講
・自宅学習(レポート形式) ・2日間の実技講習(試験的なものは特にない)
・認定福祉美容介護師の資格を取ることができる
NPO法人全国介護理美容福祉協会
・福祉理美容師養成コースを受講
・4日28時間 高齢者や障害者のための美容理論と技術など受講、又実際に訪問理美容を行うための準備や手続き等の実務面でのサポートもあります。
・福祉美容師の資格取得

美容師資格取得後から福祉美容師まで

始めから福祉美容師を目指す場合は美容師資格を取って、その後福祉美容師の資格をとってその後訪問専門のサロンに就職して自分のスキルあげる方法。
普通の美容室就職してスキルをあげる経験を積み上げながら福祉美容師の資格を取得していく方法。

 

介護美容師の給料と勤務状況の詳細

現在もこれからも高齢者や要介護者は増え続ける事は間違いありません。そのような高齢化の環境の中で、直接的介護を行う介護ヘルパーや介護福祉士等も絶対的に不可欠な存在ですが、施設においては介護美容師、栄養管理士等の間接的な介護職という職種がの位置付けも、介護の重要な支援ではないでしょうか。

介護美容師の諸条件

介護美容師の需要は介護施設をはじめとして様々な所で需要は高まっています。介護美容師は施術を受ける方がいる所へ訪問することが基本です。その中のいくつかを紹介させていただきます。

介護美容師の勤務場所

病院   長期に入院されている方の為に病院に出向き施術を行います。
施設   高齢者や障害者が入所されている施設を訪問して施術を行います。
自宅   自宅で介護を受けられてる高齢者や寝たきりの方、障害者の方々のために直接自宅訪問して施術を      行います。

介護美容師の給料

給料は雇用形態によって異なってきます 一般的には次のような給料が標準的とされています。

完全歩合制   時給1,000円から 1,800円
給与制正社員  15万~35万 自分のスキルや 経験年数が 反映されます。
ボーナス年2回

介護美容師の勤務時間、休日

勤務時間   平均5~6時間
一般的な美容室と比べると福祉美容師は比較的に時間にゆとりがあるようです。
休日 原則週休2日制 場所によってはシフト制で週2日からできるとこもあります。自分の生活ライフにあった勤務時間を選ぶこともできます。

 

 

biyoushi_woman_cut

 

 

介護美容師の今後について

離職率の高い施設の見極めポイント

一般企業の介護離職

 

スクリーンショット 2017-11-17 5.47.25

https://www.npa.go.jp/hakusyo/h17/hakusho/h17/html/G1030000.html

 

上のデータでもお分かり頂けると思いますが、平成27年度を境にして日本総人口が減少してくるのに対して高齢者は右肩上がりで増えてくる超高齢化になってきます。更に寝たきり状態の重度な要介護者の認定区分要介護3~5の方の予測においても平成26年度はまだ190万人でしたが、平成27年度は200万人超えてそれ以降はこちらも右肩上がりの状態で毎年10%~20%、増え続け平成37年度は対27年度比70%増の360万人の要介護者の状態が予想されています。

このような重度な要介護者も人として体の機能は低下しても、自然現象の排泄や髪の毛が伸びてくる事は止める事はできません。その状況に対応できるのが介護美容師の大きな役割でもあります。

資格の共有化

現在も介護美容師の需要は拡大しています。その需要の背景には特養や老健といった老人ホームへ認知症患者として在宅ではケアできなくなり、施設への入所が増え続けている事も要因のひとつとして考えられます
施設への入所者が増えてくる事で、一部の施設では美容師資格をもった介護職が勤務していて、その介護職により理容や美容について対応してきていましたが、入所者の増加で対応できる状態ではなくなり介護美容師への期待と需要が高まっています。

今後は介護美容師も高齢者や要介護者のケアをするときに側臥位(そくがいい)や移乗行為等の介護指導も同時に行う機会が増えてくる事に対して、介護美容師の資格に初任者研修や実務研修等の資格を付加した新しい一つの資格で幅広い範囲までの「ワン+スリー」一つの資格で3つの資格を共有でき今までできなかった行為もできる資格ができれば介護美容師でもヘルパーの代打は勤める事ができるようになり、人材不足対策にも繋がることだと思います。

 

 

hair_cut_wig_biyoushi_man

 

 

まとめ

これから超高齢化を迎える日本は、認知症患者の増加等も含め政府の意向とは逆に施設への入所者が増加してくる事は確実です。そのような中で高齢者や要介護者はいつまでも身だしなみは整えておきたいと常に思っている事だと思います。

その希望を叶えてやれるのが介護美容師で、これから更なる高齢者の「お洒落の為の介護職」として期待される人材です。

qna