臨床検査技師の仕事について教えて!仕事内容は?将来性は?

50

皆様は、臨床検査技師という職業をご存知でしょうか?
名前だけ聞いたことがあるかた、実際に病院などで働いている様子を見たことがある方、どんな職業なのか検討もつかない方など様々だと思います。また、なんとなくわかるけれど、詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか?今回は、この臨床検査技師の職業について皆様にご紹介したいと思います。

 

臨床検査技師とは

では実際に、この臨床検査技師という職業は具体的にどのようなことをする方々なのでしょうか?
皆様は、検診や検査のために病院へ行く機会が多かれ少なかれあるかと思います。または、職場の健康診断や、個人的に行う健康ドッグなどを体験したことがある方も多いのではないでしょうか?
その検診や健康ドッグの中で、血液検査や尿検査、また心電図検査などを行ったことのある方も多いのではないでしょうか?

この臨床検査技師という職業は、この血液検査や尿検査などに深く関係する職業になります。
臨床検査技師は、皆様から採取した血液や尿を詳しく検査して病気の有無を調べてくれるのです。これを、検体検査と言います。要するに、皆様が血液検査や尿検査を行なった後の検体は、看護師や看護助手の手によって検査技師の元へ運ばれます。その後、臨床検査技師の手によって、血液中の細胞の数を調べたり、がんなどの病気がないか詳しく検査した後に医師の元へ検査結果を送ります。

担当の医師は、この検査結果を元にして私たちに健康診断や健康ドッグの結果をお話しするのです。つまり、病気の早期発見に大きく関係する職業と言えます。また、臨床検査技師は、生理学的検査と呼ばれる検査も行います。生理学的検査とは、生理的反応と言われる心臓や腹部、脳や耳などの検査を行うことです。心電図検3>査や聴力検査、超音波検査などがこれにあたります。

 

 

250d8af00a7ad29981b268cc50c3998b

 

 

臨床検査技師の仕事内容

では次に、臨床検査技師の仕事内容についてご紹介していきたいと思います。主に、病院などの医療機関に勤め一日を検査に費やす臨床検査技師。医師の指示のもと、検診のための検査や、患者様の病気や怪我の進行具合を確認します。
まず、検体検査として

① 尿検査・便検査

尿や便の状態、成分を分析し、糖や血液などの混入がないかどうかの検査を行います。肝臓や腎臓に異常がないかの確認を行うことができます。

② 血液検査

血液検査からわかることも多いと言われています。例えば、貧血はないかどうか、肝臓や腎臓に異常や疾患などは見られないか、コレステロールや中性脂肪、高脂血症などの病気はないか確認できます。
この他、患者様の体を直接調べる生体検査として

① 聴力検査

おそらく、ほとんどの方が経験したことのあるかと思います。ヘッドフォンをして、聞こえたらボタンを押すものです。低音域から高音域までそれぞれ音を流し、検査を行います。

② X線検査

こちらも、ほとんどの方が経験したことがあるかと思います。レントゲン検査を行います。肺や心臓などの病気や、実際に出来上がった撮影されたもので確認をすることが出来ます。

③ MRI検査

こちらでは、体の中の臓器や血管などの確認ができるものです。また、MRとはMAGNETICRESONANCEの略称となっており、日本語訳にすると磁気共鳴診断と言う、磁気を利用した検査です。

④ 超音波検査

エコー検査とも呼ばれるものです。超音波を利用し、体の内部の状態を検査していきます。腹部エコー、心臓エコーなどがあります。

⑤ 心電図検査

こちらの検査も、実際に行ったことのある方が多いのではないでしょうか?体の表面に電極をつけて、心臓の働きが正常に行われているかどうかの確認を行います。

 

臨床検査技師の待遇と年収

臨床検査技師は、患者様の病気や健康状態を確認するのに、なくてはならない職業だと思います。そのため、一度資格を取ってしまえば、就職先には困ることはないかと思います。
しかし、年収や給与面については、どの職業でも言えることではありますが、就職先によって差が出てくるでしょう。一般的には、就職して1年目に関しての給与は大体16万円、17万円から20万円が多いようです。そこから経験を積み、スキルアップをすることでだんだんと高くなっていくようです。また、年数を重ねていき、病院側から認められるようになれば、ゆくゆくは役職につける場合もあります。
そうなると、給与や年収も自ずと上がっていきます。最終的に主任クラスになることができれば、給与は30万円代になることも多いようです。自分の努力次第で、大きく変わってくると言えるでしょう。

 

 

kenkyu_woman

 

 

臨床検査技師の就職場所

では次に、臨床検査技師の方の就職場所について見ていきたいと思います。
まずはやはり一般的な就職場所として、総合病院などの医療機関があげられます。医師の指示のもとに、検体検査や生体検査を行います。また、総合病院などの場合は、このような検査を行うだけとは限りません。定期的に病院内で行われるカンファレンスに参加し、様々な形で患者様のサポートをする必要があり、また看護師や栄養士、薬剤師などと連携をしていかなければなりません。
病気や怪我などの早期発見をするために検査を行うことは大切ですが、それで終わりではなく、患者様に生活の助言や指導を行うことや他部署と協力していくことも重要な仕事の一つでしょう。またその他に、検査センターなどもあります。病院から検体が運ばれてきますので、その検査を行うことが仕事になります。この場合は、夜勤がある場合がありますので、就職場所として考える場合は確認が必要になるでしょう。

また、病院勤務の場合も場所によっては夜勤がある場合があります。夕方に出勤し、帰宅するのは次の日の午前中となりますので、体調管理をしっかりと行う必要があるでしょう。しかし、夜勤勤務をする場合、夜勤手当がつきますので、給与的には多くなっていきます。自分の希望に合わせて選んでいくと良いかと思います。
また、医療器具のメーカー会社や製薬会社に就職する方もいるようです。病院以外にも、臨床検査技師は様々な機関で必要とされています。

 

臨床検査技師の将来性

今現在は、様々な分野や場面で機械化が進んできていると言われています。この臨床検査技師が行う検査も、ほとんどが機械で検査するものです。将来的には、最初から最後まで機械が検査するようになるだろう。そう言う方も多いようです。しかし、患者様の立場で考えた時に、それで納得できるものなのでしょうか?もちろん、今の機械は正確なものですので、安心する方も多いかと思います。しかし、人を相手にする仕事で一番安心感があるものは、やはり人の言葉や人の手によって仕事をしたものなのではないでしょうか?そう言う意味では、臨床検査技師の仕事の仕方によって、受容が大きく変わってくると思います。

最終的には、検査の技術ももちろんですが、患者様との信頼関係が一番大切になってくるのではないでしょうか?

 

 

job_nurse_man

 

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?私たちが健康な日々を過ごせるように、また、病気や怪我などをいち早く治療するために、臨床検査技師は様々な検査を行っています。もちろん自分で予防することも大切ですが、もし自分が検査を行ってもらう場合には、どういう検査をしているのか、また自分の数値はどうなのか知ることも大切だと思います。

qna