ソーシャルワーカー(SW)ってどんな資格?年収は?

shutterstock_eseniors

を退いて、リタイヤされ毎日の生活に生き甲斐や希望といったものを無くし、年と共に気力や体の機能の低下により、何らかの病気を発症する事にも成りかねません。
そんな両親の病気や生活での悩み等を「誰打ち明け相談しますか?」そんな時に相談する相手が「ソーシャルワーカー」です。
社会福祉のスペシャリストについて紹介させて頂きます。

 

ソーシャルワーカー(SW)とは

ソーシャルワーカー(Social Worker)とは、社会福祉士や精神保健福祉士という国家資格の有資格者の総称です。
ソーシャルワーカーは、病気やけが、あるいは高齢や障害などを抱える人やその家族に対し、日常生活を送るうえでのさまざまな不安や困りごとに対する支援(ソーシャルワーク)を行う仕事です。医師や看護師といった直接治療に関わる人とは異なる立場から相談者に対してのアドバイスや指導を行ったりすることで、早期の社会復帰や参加等を支援していきます。なおソーシャルワーカーという名称は、もともと社会福祉事業に携わる人の総称として使われていました。現在では国家資格である「社会福祉士」時には「精神保健福祉士」の資格を持つ人の事を呼ぶことが多くなっています。

実際ソーシャルワーカーとい職種名で仕事をしている人はあまり多くありません。
1.公立の施設や役所において同様の業務にあたる人のことは「ケースワーカー」と呼ばれています。
2.社会福祉施設であれば「生活相談員」です。
3.児童福祉施設では「児童指導員」です

と呼ぶことも多くなっています。いづれのソーシャルワーカーと呼ばれる職種には生活保護関係で「ケースワーカー」に、特養、老健などの施設に関しての情報、相談は「生活相談員」に児童虐待等は「児童相談員」にされている事だと思います。

ソーシャルワーカーの仕事の意義

ソーシャルワソーカーは、高齢者福祉施設や障害者福祉施設のほか、病院などの医療機関、学校などの教育機関、行政機関、さらには民間企業等の多様な場所で活躍しています。
施設によっては子供から高齢者まであらゆる人を支援します。勤める施設ごとに専門的な知識や経験が求められますが、ソーシャルワーカーは福祉や医療サービスに関わる、様々な人と連携をとりながら仕事を進めていきます。たとえば、作業療法士、理学療法士、などの福祉サービス関係者、あるいは病院の場合は医師や看護師、リハビリテーションのスタッフ等と調整を図りながら、相談者のそれぞれの事情に合った福祉サービスを提案しています。

いずれの職場においても、各職種の専門家と密に連絡をとりながら、地域に暮らす人々の相談援助をすることが、ソーシャルワーカーの基本業務となっています

 

 

1

 

 

ソーシャルワーカーの仕事内容

ソーシャルワーカーとは、社会生活における様々な問題を抱えている人たちの相談を受け、解決のために適切な助言や援助を行なう仕事のことです。
必要に応じてホームヘルパーや介護福祉士などの福祉サービス関係者や医療関係者などとも連携しながら、相談者の状況に適したサービスの仲介やアドバイスを行なっていきます。一般的にはソーシャルワーカーと呼ばれますが、高齢者福祉施設や障がい者福祉施設、行政機関などの相談窓口では「生活相談員」「生活支援員」、病院では患者をサポートする「医療ソーシャルワーカー」、学校で児童や保護者の相談援助を行なう「スクールソーシャルワーカー」など、勤務先によって名称が異なります。

ソーシャルワーカーを目指す資格

ソーシャルワーカーとして働きたいのなら、社会福祉主事の資格については最低限取っておくことをオススメします。社会福祉主事は、法が定める指定科目の中から3科目以上を修めることで取得可能。該当科目は福祉系の大学や短大、専門学校はもちろん、それ以外の学校や通信教育でも修得可能です。

 

ソーシャルワーカーの役割

ソーシャルワーカーの仕事の場は医療、福祉機関と多岐に渡りますが、主に自治体や病院、福祉施設となり。ソーシャルワーカーの種類も後の項目で紹介致しますが、職種によりいろいろとあります。しかしソーシャルワーカーとしての基本的な役割はほ同じです。ここで代表的な事例として「医療ソーシャルワーカー」の役割について紹介します。

■医療ソーシャルワーカーの役割

1.療養中の心理的・社会的問題の解決

調整援助、入退院の調整、外来患者や患者家族からの相談に応じ、問題の解決を図ります。退院後の在宅療 養生活を整備し、在宅で受けることのできるサービスの情報を提供したり、各関係機関と連携をとり支援します。

2.退院援助

医療機関の退院後の生活について共に考え、退院時に必要であれば各関係機関と連携し、退院時支援を行います。高齢者の場合、退院時には介護保険制度を活用することが多いです。退院後に在宅での介護サービスがスムーズに受けることができるように、ケアマネージャーへつなぎ、退院後も生活が安定するように支援します。

3.社会復帰援助

退院後スムーズに社会復帰(復職や復学)できるように支援します。

4.受診・受療援助

患者、患者家族に対して受診や受療の補助を行います。生活と身体状況に合った医療について説明したり、病院や診療所へ情報提供を行います。病院が提供している様々な支援情報を患者へ提供し、参加促進します。(リハビリテーションや、アルコール依存症の会、糖尿病指導など)

5.経済的問題の解決、調整援助

医療費や生活費について悩んでいる際に、各関係機関と連携を図りながら、福祉の支援や保険などの諸制度を活用し、不安感がなくなるように支援します。

6.地域活動

患者のニーズと合ったサービスが地域で提供されるように地域福祉のシステム作りや地域福祉の促進を図ります。このようにソーシャルワーカーの役割としては医療、福祉、教育社会へ高齢者や利用者が旨く順応できるように最善の力を発揮して、地域社会へのパイプ役としての重要な役割を担っています。

 

 

soudan_madoguchi

 

 

ソーシャルワーカーの待遇、年収

ソーシャルワーカーは多種多様な職場で働いており、勤務先の規模や地域、実務経験、勤続年数、年齢などによって給料には差があります。
ソーシャルワーカーの多くは「社会福祉士」あるいは「精神保健福祉士」の国家資格を取得したうえで働いています。そのため、基本給に資格手当がプラスされたり、基本給自体が専門職扱いとして若干高めに設定されているケースもあるようです。
初任給は、だいたい17万円~23万円程度、年収は270~350万円程度が相場といわれています。
ただし、ソーシャルワーカーは大卒の人もいれば、短大卒、あるいは専門学校卒の人もおり学歴によって基本給に差がついていることも多いようです。福祉事務所などで公務員として働く場合は各地方自治体の公務員給与規定に準じた給料が支払われます。民間の施設でも、だいたいその地域の公共機関と同水準の給与設定となっているようです。
日本のいわゆるソーシャルワーカーも含む専門職という職種についての待遇、年収面で世界の先進国家と呼ばれている国と比較しても、その評価が低いのは歴然としています。国家資格を取るために費やした時間、費用、労力、に対する評価が低すぎると思います。
表面的には「お金の為だけではない」と言う人もいますが、資格取得までの評価を報酬で表すのも評価の一つではないでしょうか?

 

ソーシャルワーカーのメリット、デメリット

先の項目で紹介いたしました。医療、福祉、教育の各現場に所属して、総称こそ各業界によって違いはありますが、基本的にはその業界のソーシャルワーカーの持つ知識、情報力は正に「情報のエキスパート」と言っても決して過言ではない存在です。

ソーシャルワーカーは社会福祉の立場で患者や家族の相談に乗り適切な判断や助言を行う役目を担っています、医療ソーシャルワーカーは多くの病院で、医療とは違った社会福祉的な立場から、患者さんの相談に乗ってくれる職員としています。介護や福祉にもそれぞれケースワーカーや生活相談員等のエキスパートの存在で日常生活の上で必要とされる。

社会福祉、医療、教育の3本柱のエキスパートの存在には次のような問題を解決する場合の相談窓口として大きなメリットになる事です。

メリット

■まずは話を聞き、心配の内容をはっきりさせるお手伝いをする

相談相手の心理症状や社会的問題の解決、調整、援助をサポートします。何か心配事がある時って頭の中がもやもやして、なんだかすごく大変な事態に直面してしまった!という風に考えがちですが、いざ誰かにその心配事を話すと実はさほど大変な悩みではなかった、なんてことはありませんか?人に話すと問題点が整理され、大切なポイントが見えてきますソーシャルワーカーは相談を受ける際、まずは相談に来られた方のお話をじっくりとお聞きします。

■自立や早期社会復帰を目指します

相談相手が社会復帰出来ない状態や自立が困難になっている状況の場合様々な連携先からの情報を集めて総合的に判断を行い最も最適な自立や社会復帰の援助方法をサポートしていきます。介護でのケースワーカは生活困窮者への生活保護の適正な給付により生活困窮者の一時的生活の援助を行い早期の自立を目指しています。

デメリット

ソーシャルワーカーのデメリットとして、考えられるのがワーカーとしての職務をまっとうする為に相談者へのプレッシャーを与えてしまうことで、世間でよく言われる「上から目線です」相談者の為のワーカかワーカーが相談に乗ってやってるような存在に思われ事がないようにしてもらいたいものです。

 

 

soudan_setsumei_business1

 

 

まとめ

ソーシャルワーカーは生活上で重要な福祉、医療、教育で我々の為に様々な支援、援助の為の相談先として、今後少子高齢化がもっと奥深く深刻な状況になってきます。その時にはソーシャルワーカーが持つ情報力や判断力がどれだけ多くの相談者の支えになる事だと大いに期待されると思います。

qna