鼻腔栄養はどうしたらいいの?やり方は?注意点は?

TubeSAFE-Nasogastric-Tube-Holder

鼻腔栄養と言う言葉をご存知でしょうか?
ご飯が口から摂れない人が利用するこの鼻腔栄養ですが、どんな人が鼻腔栄養を受けているのでしょうか?なぜ、口からでも胃に直接でもなく鼻腔から栄養を注入するのでしょうか。当然ながらメリット・デメリットもあります。
それらも踏まえた上で今回は「鼻腔栄養」についてご紹介させていただきたいと思います。

 

鼻腔栄養とは

鼻腔栄養とは、「経腸栄養法」の1つであり、細いチューブやカテーテルを鼻腔から通し、胃または十二指腸まで挿入し必要な栄養を直接注入することです。挿入したチューブを通じて、水分や栄養、薬などを投与します。

経鼻経管栄養の目的

嚥下障害で誤嚥性肺炎などの危険が高く、消化管の機能には問題ない人が栄養を補うために行います。胃ろうや腸ろうよりも短い期間で口から栄養摂取が出来ると見込まれる場合に行うことが多いのです。また、何らかの理由によって胃ろう・腸ろうが出来ないという人にも適しているのです。
細いチューブを鼻から挿入して食道まで通して栄養を送り込みます。また、チューブ交換時には苦痛を伴う可能性があります。

鼻腔栄養を行う人、行ってはいけない人

鼻腔栄養はどんな人がやっているのでしょうか?また鼻腔栄養にも「行った方が良い人」「行ってはいけない人」がいます。まずは行った方が良い人からご紹介いたします。
・ 意識障害があり口から栄養が摂取できない
・ 麻痺などで嚥下機能に問題がある
・ 全身衰弱の強い人
・ 口腔外科手術後
・ 上部消化管に通過障害がある
以上などがあげられます。また、行ってはいけない人は以下があげられます。
・ 消化管出血のある時
・ 消化管穿孔のある時
・ 消化吸収機能が低下している時
・ 炎症性腸疾患の活動期
以上があげられます。行っていけない場合、無理に行うとさらに炎症などを起こしてしまうため、気を付けた方が良いでしょう。

鼻腔栄養のやり方

鼻腔栄養にもしっかりとした手順や必要物品があります。始める前にしっかりと準備してテキパキとした手順で行い、利用者が不安感を抱かないように配慮することが大切です。

必要な物品

経鼻経管栄養チューブの挿入時に必要な物品についてご紹介いたします。始める前にしっかりと確認して準備しておきましょう。
・ 経腸栄養カテーテル
・ 潤滑剤
・ カテーテルチップ
・ 固定用のテープ
・ 聴診器
・ ガーグルベースン
・ タオル
・ 手袋
・ エプロン

手順

ここからは手順についてご紹介します。
当然のことですが、最初に手洗いとディスポ、エプロン装着は必須です。
① 体位を整える
※ ベッド上であれば45°にギャッジアップする。
軽く前屈することによって気道が閉じてカテーテルが食道に入りやすくなり、嘔吐の予防にもなります。
② 顔の下にタオルとガーグルベースンを準備
③ カテーテル先端に潤滑剤をつける
④ カテーテルを鼻孔から咽頭まで挿入
抵抗があるのに無理に挿入すると鼻出血の原因となるため、狭窄がある場合は反対から挿入する。
⑤ 嚥下のタイミングに合わせてカテーテルを胃まで進める
誤って気道に挿入された場合は咳き込む事があるためすぐに抜去する
⑥ 鼻翼と頬部2か所固定テープで固定
⑦ 挿入の深さを記録
簡単にご紹介させていただきました。

ポイント

嚥下のタイミングに合わせて胃まで進めたのちに鼻翼と頬部の2カ所を固定することが大切です。

 

 

medical_keikan_keibi_eiyou

 

 

鼻腔栄養のメリット、デメリット

ここからは鼻腔栄養のメリットとデメリットについてご紹介させていただきます。口から栄養を摂取するための仮訓練ともいえる段階で行います。また、PEGとは異なり身体にも負担が少なくメリットは多くあるように感じますが、実際はどうなのでしょうか?

メリットとデメリット

口から栄養を言えないことにより、メリットもあればデメリットもあります。ここからは鼻腔栄養のメリットとデメリットについてご紹介いたします。

【メリット】

・ 穴を開けるための手術が必要ない
・ 口から栄養摂取が可能になれば、すぐにやめることができる
・ 自分で引き抜いてしまっても重篤な合併症の心配がない

【デメリット】

・ 装着時の不快感から引き抜いてしまうおそれがある
・ 装着しているときの見た目があまりよくない
・ 管理が難しいため、人手不足の施設では受け入れてもらえない場合がある
・ 鼻にチューブを固定するためのテープでかぶれやすい
・ 気道に唾液が入りやすく誤嚥性肺炎を起こしやすい
・ チューブが細いため詰まりやすい

経鼻胃管の挿入は看護師にも実施出来るだけではなく、PEGのように腹部や胃に穴を開けなくて済むのでメリットは多いと思います。また、胃管が確実に胃内に挿入されていれば重篤な合併症の危険は低くなるのです。

 

 

5d0c88736211b24a12b1ee1b4cacbc6f

 

 

鼻腔栄養の注意点

鼻腔栄養には注意しなければならない点があります。メリット、デメリットはお伝えしましたが、困難なケースもあるのです。

困難なケースとは

チューブが通る部位に悪性腫瘍などの病変があると、危険が伴う可能性があり、鼻腔栄養のチューブを通すことが困難になります。また、人によっては咽頭を刺激されることで、嘔吐を頻繁に繰り返すこともあるだけではなく、気管に唾液が誤嚥するリスクが高く、誤嚥性肺炎を起こすことがあります。鼻腔栄養が困難になると考えられる場合、医師から胃ろうを勧められることがあります。

栄養剤について

栄養剤には保険が適用なものと適用されないものがあります。栄養剤が体質に合わなくて嘔吐を繰り返すこともあります。また下痢が続くなどの症状も見られます。栄養剤は必ず医師の指示のもとで正確に投与することが重要です。また。施設に入っている場合、食事の代わりとして賄われることもあります。

必ず医師の判断を

栄養剤を投与する際は必ず医師の指示のもとで行い、正しく行うことが最重要であり、また、栄養剤が身体に合っていないと思うばあい、すぐに医師に相談する事が重要なのです。体に合っていない状態でそのまま投与され続けてしまうといつか異変が生じてくるようになります。異変を起こす前に必ず医師に相談をしましょう。また、これは基本的には介護士は出来ません。その為、看護師が行うことを忘れずにいましょう。

PEG部分の清潔保持

胃ろうや腸ろうから鼻腔栄養に変わった際には、気道から唾液が上がってきたときのむせ込みも考えられます。また、PEG部分も今まで同様、清潔保持をしなければなりません。胃ろうが終わったからと言って、全くやらなくてはいいと言う訳ではないため、必ず綺麗にしておくことが大切です。また、PEG部分だけではなく、鼻腔栄養を投入していない時間帯には鼻腔を綺麗に清潔にしてくことが大切です。鼻腔栄養から細菌が体内に入りこむ可能性があるため、しっかりと拭いて清潔を保つことが大切になります。

 

 

 

o0542078213593937236

 

 

まとめ

今回は「鼻腔栄養」についてご紹介いたしました。胃ろうや腸ろうと異なりPEGという穴を作らなくて良い為、身体に負担がかからず出来る経管栄養だと思います。しかし、鼻から胃にチューブを入れることで本人にはストレスを与えてしまいます。また、鼻につけているテープでかぶれてしまうかもしれません。経管栄養中だけではなく、日ごろから観察を重要視することが大切となります。

qna