作業療法士ってどんな資格?仕事内容は?待遇は?

shutterstock_256173949-750x500

作業療法士と言う言葉を聞いたことがありますか?リハビリの専門士のひとつであり、障害者施設などで活躍する資格なのです。「どのような仕事をしているのか」、「待遇はどうなのか」気になるところだと思います。ただ身体のリハビリをするだけではないのが作業療法士ですが、分からない事が多いと思います。今回は作業療法士についてご紹介させていただきます。

 

作業療法士とは

作業療法士とは、医療従事者のひとつであり作業を通してリハビリを行う職業です。作業療法士は広範囲におよぶ教育を受けることにより、身体の機能を抱えている人に対して知識と技術を身につけています。一般的には国が指定した作業療法士専門学校で必要な授業を全て修了した上で、作業療法士国家試験に合格することで取得できます。

作業療法士の目的

作業療法の主目標は「人々が日々の生活の営みに参加できるようにすること」であり、作業を通じて社会へ参加できるようにすることであり、身体・精神の障害により日々の生活に支障が出てしまった方に対して、入浴や食事などの日常生活動作や園芸やレクリエーションを通じて身体と心のリハビリテーションを行うことが目的とされています。

理学療法士との違い

「療法士」というと、作業療法士の他に理学療法士が思い出されると思います。理学療法士との違いは、理学療法士は「起きる」「立ち上がる」など日常生活で必要な基本動作ができるように身体の基本的な機能回復をサポートする療法士なのに対し、作業療法士は作業を通じて身体と心のリハビリテーションを行うことである。また、理学療法士との違いとしてそううつ病及び摂食障害などの精神障害の人を対象としていて、幅広くリハビリテーションの医療現場で活躍しています。

 

 

medical_sagyou_ryouhoushi

 

 

作業療法士の仕事内容

作業療法士の仕事ないようはリハビリテーションの現場において、日常生活に必要な能力を高める訓練や指導をするお仕事です。作業療法士が行うのはリハビリテーションの中でも「身体的」「精神的」となります。身体的リハビリ、精神的リハビリとは何なのでしょうか。カウンセリングとは異なるのでしょうか。

身体的リハビリとは?

身体的リハビリは何となく想像つくと思います。関節を動かしたり筋肉を発達させる訓練を行ったりすることで身体機能に問題を抱えている人をよりよい方向へと導き、食事や入浴などの普段の日常生活に必要な動作をリハビリによって訓練するのです。そうすることで社会への復帰を促していくことが出来るのです。

精神的リハビリとは?

精神的リハビリとは一体何なのでしょうか。カウンセリングとは異なるのでしょうか。
精神的リハビリとは精神に障害がある人に対して、考え方を変えたり気分を発散させたりするアプローチを行い、社会復帰を図ります。また精神科のカウンセリングとは異なり、考え方を良い意味で否定し、発散してもらう事がメインとなるため、薬などは使用せずに本人の考え方を変えるのです。

こういった点から身体的リハビリを行う理学療法士、薬物療法などを用いた精神的治療とは異なることがわかると思います。身体的リハビリ・精神的リハビリの両方を用いたアプローチを行い社会復帰を図ることが仕事内容となります。

 

作業療法士の待遇、給与

作業療法士だけにいえることではありませんが、待遇や給与は職場によって大きく異なります。理学療法士と同様、医療従事者であるため、初任給は他の職業に比べて高く設定されていることがあります

給与面

一般的には福祉施設に比べて医療機関の方が高くなることが多いようです。しかし、初任給は大体25万円前後と高く設定されており、その後は一定の給料のまま上がらないことが多いようです。多くはありませんが、パートや派遣社員として働く方法もあり、その場合は時給が2000円程度となっています。残業は少ない為、残業代を稼ぐわけにはいかないのも現状と考えられています。正社員で働いた場合、勤続年数5年で年収405万円程と言えます。

待遇面

作業療法士を必要としている現場はたくさんあり、正社員として働いている人が多いため、待遇は良いと考えれます。給料はあまり高くないと言っても、安定した生活は送りやすいことでしょう。月給が上がりにくかったとしても、実績を積めば昇給する職場が大半です。
勤務形態もシフト制のところが多く、「週休2日」の場合が多くあります。施設で働いている場合、日曜日が固定で休日となる場合が多く、平日休みが基本となります。

 

 

top_img

 

 

作業療法士の就職場所

作業療法士は様々な施設などで活躍が出来ます。作業療法士を欲する施設は多く、幅広いジャンルの施設で働くことが出来るといえます。就職場所は作業療法士が好きに選ぶことが出来るといえます。

作業療法士が活躍できる領域

作業療法士が活躍できる領域は大きくわけて4つあります。

① 身体障害領域

脳血管障害、パーキンソン病、リウマチ、糖尿病など。

② 精神障害領域

認知症、神経症、うつ病、依存症など。

③ 発達障害領域

脳性麻痺、先天性異常、学習障害、頭部外傷など。

④ 老年期領域

認知症、パーキンソン病、廃用性症候群、リウマチなど。
以上の4つが取り上げ得られます。このどれかに属していることになります。得意分野にて活躍出来ることがわかると思います。

作業療法士はどこで働くの?

作業療法士は様々な施設などで活躍しています。医療機関や福祉施設、それだけではなく地域の保健センターなど多岐にわたって勤務先があり、作業療法を欲している施設はたくさんあることがわかると思います。多岐にわたって作業療法を欲していることが多く、幅広く活躍出来るのが作業療法士です。

以上のことから作業療法士は、本当に活躍できる場が広く、自分の得意分野で働くことが出来るのです。頑張った成果が目に見えて分かるため、楽しく行っている人が多くいることがわかります。

 

注意点

作業療法士の資格を所持しているからこそ出来ることがあると思います。しかし、作業療法士と理学療法士には大きな違いがあります。また、介護従事者でもないので介護業務を行う必要や理学療法士の分野にはあまり足を踏み入れない方が良いと言えます。

不得意だからと言って…

不得意だからと言って避けて通ることは出来ません。作業療法士だから知っていることをあると思いますので、しっかりと作業療法士の知識を活かした仕事をしていくことが大切だと言えます。また、得意分野により一層力を入れることによって、安定した作業療法士としての仕事をこなしていけるのではないでしょうか。

作業療法士は医療従事者

上記にも書かせて頂きましたが、作業療法士は介護従事者ではありません。作業療法士は「医療従事者」です。その為、医療従事者に見合ったお給料や待遇を受けていると思います。医療従事者らしく専門知識をしっかりと使えるように誇りを持って行っていくことで、利用者にも信頼されてリハビリに取り組むことが出来るのではないでしょうか。リハビリを行う人は「リハビリに対する恐怖」も持っています。知識を披露するだけではなく、心に寄り添ってゆっくりと行っていくことも大切だと思います。

 

 

medical_rigaku_ryouhoushi

 

 

まとめ

今回は「作業療法士」についてご紹介させていただきました。作業療法士と理学療法士の大きな違いとして「精神」が絡んでくることがわかりました。理学療法士にも精神科医にも行えない「精神的リハビリ」に大きく関わることで、新しい作業療法が見出すことが出来るのではないでしょうか。医療従事者ということに誇りを持って行って行っていただけたらと思います。

qna