サービス担当者会議ってどんなことするの?やり方は?

conference

「サービス担当者会議」という言葉を聞いたことがありますか?この会議は訪問介護を受けるにあたってとても必要で重要な会議なのです。それに加えて、今後のサービス内容にも関わってくるんです。サービス担当者会議とは一体どのような事を話し合うのでしょうか?

今回は、サービス担当者会議についてご紹介させていただきます。

 

サービス担当者会議とは

サービス担当者会議とは、今後のケアプランを作成する際、初段階において担当のケアマネージャーを中心に訪問介護事業所の担当者やデイサービスの担当者などが集まって、今後のサービス内容に必要なことや不要なことを話し合う会議のことを指します。また、認定期間中であってもサービスの見直しが必要と思うのならば、適宜サービス担当者会議が開催されるのです。

誰が参加してどこで行われるのか?

サービス担当者会議には、今、どのようなサービスを受けているかにもよりますが、本人やご家族はもちろんのこと、担当のケアマネージャーや訪問介護事業所の担当者、デイサービスの担当者、かかりつけ医などが参加します。
これは一般的には本人の家でやることが多く、デイサービスに通われているのならデイサービスで行ったり、住宅型の有料老人ホームなどに入所されている場合などは施設の中で行われることもあります。

どのようなことを話し合うのか?

本人の受けている介護や医療サービスに関わる全ての職種の担当者が集まり、主に現段階のサービス内容について意見を出し合い検討します。必要なサービスがあれば追加し不要なサービスであれば外すなどの重要な会議となるため定期的に開催されるのです。この時、担当者だけが参加するわけではなく、本人の意見も取り入れられるため、本人の参加も大事となります。

 

 

150731090253

 

 

サービス担当者会議の役割

サービス担当者会議はサービス機関が一堂に会する貴重な場であり、サービス提供を進めるためには欠かせないものです。また、ケアマネージャーはこの会議を以て次のケアプランを作成していくのです。

サービス担当者会議は誰のため?

サービス担当者会議は誰のために行われるのでしょうか?介護保険法で決められているのももちろんあり、また「本人のため」というのは間違いではありません。しかし、家族や介護者のためにも行われるのです。なぜ、家族や介護者のため?と思われるかもしれません。

本人には分からないことも家族なら見えているかもしれない、「今、最も必要とするケアを決める場」でもあるので、家族や介護者が過剰介護を防ぐためにも必要となってくるのです。

介護保険法で決められているから

サービス担当者会議は介護保険法で決められているため、定期的に開催しなければなりません。しかし、「介護保険法で決められているから」と義務的に行うのではなく、本当に必要とする大事なことを話し合う場を作るのは大切なのです。今、本人は何を求めているのか、それは本当に重要なサインでもあります。そのサインに気付けるのがサービス担当者会議であり、次回のケアプランへと繋げていけるため、本当に必要性を感じて行うことが重要となります。

 

 

介護イラスト(車いす誘導)-1-270x300

 

 

サービス担当者会議のやり方

ここではサービス担当者会議のやり方、流れについてご紹介いたします。サービス担当者会議とはどういう流れで進められていくのでしょうか?また、誰が中心となって進行して行くのでしょうか?

サービス担当者会議の司会進行はだれ?

サービス担当者会議を中心となって進めていくのはケアマネージャーです。居宅サービス計画を策定するために開く会議となり、ケアマネージャーが課題を分析した結果を元にサービス計画を協議し、本人の理解を受けたうえでサービスの提供へと繋がるのです。

サービス担当者会議が必要な時

サービス担当者会議にはルールが定められています。運営基準に該当しない場合、介護保険の減算となりケアマネ―ジャーが守らなければならない義務についても記載されているのです。運営基準は以下のとおりです。
・ 居宅サービス計画原案を新規に作成した場合
・ 要介護更新認定を受けた場合
・ 要介護区分の変更申請する場合
上記3項目があり、都度行わなければなりません。

サービス担当者会議の流れ

サービス担当者会議の流れは一般的には下記のようになります。
① 会議の主旨を説明
② 参加者の自己紹介
③ 本人または家族から病状や普段の様子の報告
④ 各事業所からの近況報告
⑤ ケアプラン原案を説明
⑥ 原案について参加者から意見を頂戴
⑦ ケアプランに訂正があれば参加者に問題ないか確認
⑧ 次回開催時期の報告
担当者会議はこのように進めていきます。
簡易的に説明させて頂くと、「近況報告」→「確認」の流れになります。ケアプランの訂正がない場合はそのまま終了致しますが、訂正がある場合、その都度説明と確認、承諾が必要となってきます。

 

サービス担当者会議の注意点

サービス担当者会議の役割でもご紹介いたしましたが、サービス担当者会議は「義務」で行わなければなりません。しかし、「誰のため」と言うわけでもなく、みんなのために行われるのです。本人だけではなく、周りの家族や介護者にも必要なこととなるため、行うことでメリットもたくさんあるのです。

サービス担当者会議に必要なこと

サービス担当者会議を行うことで、本人が隠していた「事実」に向き合ってもらう必要もあります。「1人で歩ける」ことが出来なくなっている可能性もありますが、それを本人は受け入れてないかもしれません。

しかし、今、利用者本人が必要としているのは歩行の見守りや介助かもしれません。それをしっかりと事前に受け止めてもらう事が大切となります。事前に本人に承諾をしてもらってから始めていると思いますが、サービス担当者会議の場で拒否をするかもしれません。

「歩けない」なら歩けないなりに「歩ける努力」へと繋がっていくためにも理解して貰うことが重要となります。

本人だけではない

現状を理解してもらうのは本人だけではありません。実際に介助をしている家族や介護者も現状を把握しておくことが重要です。日々の現状を知っているのは家族です。家族が分かっていなければ、しっかりとケアマネージャーに伝えることが出来ません。その為、本人から一歩引いた目線で見られる家族や介護者が現状をしっかりと把握し、ケアマネージャーに報告することで、最善の介護が今後受けられるようになるのです。

「何が出来て、何が出来ないのか」のポイントなるため、ケア記録の徹底が必要となってくるのです。そのケア記録がケアマネージャーにとって大事な判断材料となり新ケアプランを作成していくのです。

 

 

kangoshi_kaigi

 

 

まとめ

今回はサービス担当者会議についてご紹介いたしました。介護者は日々の業務に追われてケア記録が曖昧になってきているかもしれません。

しかし、さらに日々の業務に追われてしまう前に、しっかりと記録に残していくことで、次へ繋がります。その為、しっかりと事実を完結に記録に残していくことが最重要となります。

「次へ繋がる介護」や「自立へ向けた介護」を目指すためにもサービス担当者会議は重要な会議となるのです。

qna