認知症対応型共同生活介護とはどんなところ?対象は?

dementia-cafe-abroad

「認知症でも受け入れてくれる施設は、どんながあるの?」と認知症の家族を介護されている方にとって施設入所希望をされる時に切実な問題になります。施設選びの時に一般的には認知症高齢者の受け入れが第一の関門になります。そんな時に役にたつのが。「認知症対応型共同生活介護」でこれから具体的に紹介させていただきます。

 

認知症対応型共同生活介護とは

認知症対応型共同生活介護は、認知症の利用者を対象にした専門的なケアを提供するサービスです。利用者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、認知症の利用者が、グループホームに入所し、家庭的な
環境と地域住民との交流の下で、食事や入浴などの日常生活上の支援や、機能訓練などのサービスを受けます。 グループホームでは、1つの共同生活住居に5~9人の少人数の利用者が、介護スタッフとともに共同生活を送ります。

グループホームとは

グループホームとは、認知症(痴呆症)の症状を持ち、病気や障害で生活に困難を抱えた高齢者が、専門スタッフの援助を受けながら1ユニット(5~9人)で共同生活する介護福祉施設です。
特に介護関連の場合、認知症高齢者のための住まいとして「認知症対応型老人共同生活援助事業」と呼ばれ、家庭に近い環境で、入居者の能力に応じてそれぞれが料理や掃除などの役割を持ちながら、自立した生活を送ります。認知症にかかっている高齢者が入居を検討する施設としては、最初に名前が上がってくるものでもあります。
社会的に、高齢化が進み認知症高齢者の数も増えてきた現在。その情勢に合わせるようにグループホームの数もゆるやかにではありますが増加傾向にあります。とはいえ、定員数が9名や18名と少ないため、「ここが良い!」
と気に入った施設でもすぐに入居できるとは限りません。入居を検討する際には、なるべく多くの施設をピックアップしておいて、その中から選択するという心構えでいた方が良いかもしれません。

グループホームの特徴

認知症について正しい知識を持った介護スタッフが常駐し、入居する高齢者の精神的な安定や、自立支援を目的とした介護を行います。
原則的に医療面でのケアは行っていません。伝染性の病気や疾患を持っている方や、重度の介護が必要な方で共同生活を送ることが困難な方は、入所が難しい場合があります。

PIC-20140221074007

認知症対応型共同生活介護の対象者、条件

認知症対応型共同生活介護のグループホーム入所するには困難な条件もあり、それらを解決する事で入所も比較的に可能になります。

■入所対象者

入居対象となるのは原則65歳以上、「要支援2」または「要介護1」以上の介護認定を受けている方で、施設の所在地と同じ市区町村の住民の方になります。グループホームは地域密着型サービスのひとつですので、施設と同一地域内に住民票がある方が対象となっています。

■介護・医療

認知症について正しい知識を持った介護スタッフが常駐し、入居する高齢者の精神的な安定や、自立支援を目的とした介護を行います。
原則的に医療面でのケアは行っていません。伝染性の病気や疾患を持っている方や、重度の介護が必要な方で共同生活を送ることが困難な方は、入所が難しい場合があります。
また、入所時から比べて身体状況が悪化し、共同生活ができなくなった方、入院期間が長くなったりした場合には退去しなければならない場合もあります。
なお、入所の際には審査が必要になり、面談や診断書から本人が入所基準を満たしているかどうかを判断しています。

■グループホームは地域密着型サービス

介護保険の中には「地域密着型サービス」というものがあり、グループホームはこのサービスのうちの一つとなっています。
地域密着型サービスは市区町村が運営しているサービスのため、その地域の住民だけが受けられるサービスです。そのため、グループホームに入居する際、その地域に住んでいることを証明するために、必ず住民票が必要になります。
地域密着型サービスは、地域の利用者にきめ細やかなサービスを提供し、中重度の要介護状態になっても可能な限り住み慣れた自宅、または、比較的小規模な施設等で生活していくことができるようにするために、これま
での生活圏域内で提供されるサービスのことです。運営は市区町村が行っているため、その地域に住んでいる人だけが利用できる、ということになっています。グループホームが提供するサービスは地域密着型サービスの
中の「認知症対応型共同生活介護」に分類され、認知症高齢者の日常生活上の世話や機能訓練が行われています。認知症の症状のある高齢者が少人数で共同生活を送ることで、認知症の進行が遅くなると考えられています。

PIC-20140907135125

認知症対応型共同生活介護の施設概要、料金

数多くある介護施設の中でも、認知症高齢者を対象に少人数制となっているグループホームは、設備面においても家庭的な雰囲気であることを活かした環境づくりをしているところが多くなっています。
5人から9人の定員からなるユニットごとに居室、浴室、トイレなどが設けられ、機能訓練室や食堂・共同リビングなどが設けられているのが基本的なグループホームの形です。
快適に入居者の方が生活できるよう国の定めている最低居室面積や必要な設備基準があるので、入居をする際にはそれらの基準を満たしているかどうかを確認することは、最低限忘れてはならないことです。加えて、できればご自宅からグループホームに転居する際の環境変化をより少なくし、認知症高齢者の環境変化に伴うストレスを軽減できるかどうかを検討していく事も必要です。

施設環境

■立地

住宅地など利用者の家族・地域住民との交流の機会が確保できる地域ある事で病院又は入所型施設の敷地外にある事

■定員

•1ユニットあたりの定員は5人以上9人以下
•事業所全体で最低4人以上
•共同生活住居一カ所あたりの定員は2人以上10人以下
•既存建物を利用する場合には2人以上20人以下

■居室

1居室の定員は基本1人•面積は収納設備等を除いて7.43㎡(約4.5帖)以上

■共有設備

居室に近接して相互交流ができるリビングや食堂などの設備を設けること
・台所、トイレ、洗面、浴室は10名を上限とする生活単位(ユニット)毎に区分して配置

料金

現在認知症の患者が増加して来ている、中でグループホームは増設傾向にはありますが、現状は需要に対応できてない状態になっています。更に料金の問題もあります。現状高齢者のゆいつの収入年金は依然として低水準でその中から、特養等の公的施設と違い高額な費用が必要です。その為に入所を断念する要介護者もおられるそうです、

■グループホーム料金内訳

利用のためには、初期費用としての入居一時金・保証金、月々の居住費の他、日常生活費がかかります。
•※1.入居一時金(相場)   0 〜20万
• 月額料金       10万〜30万

入居一時金とは、グループホームに入居する際に支払うお金のこと。賃貸で言えば「敷金」に当たる費用です。この入居一時金の価格には公的な決まりがありませんから、各施設によってその額には大きな開きがあります。
一方では入居一時金がかからない施設も多いようですが、相場は10~20万円ほど。高いところだと、およそ100万円かかるケースもあります。予算や条件を見ながら、慎重に検討しましょう。

※1. 入居一時金は、アパートなどの敷金と同様に、施設を退去する際に一部が返 還されてきます。
例えば、入居一時金20万円を支払ったとすると、1年後に退去したなら15万円、2年後に退去したなら10万円…という具合に、入居期間が長くなるにつれて返ってくる金額は小さくなっていきます。

グループホームに月々支払う費用は、次のような内訳になっています。

月の支払い項目

■賃料

家賃相当額

■ 水道光熱費

水道代 ガス代、電気代など

■ 生活費

食費など

■ 管理•共益費

職員人件費、施設の維持管理費など「賃料」「水道光熱費」「日常生活費」がかかるのは、通常の賃貸マンションと同じ。それに加えグループホームでは、介護職員の人件費やや施設の管理費にあたる「管理費・共益費」があります。
一般的には、これらを合わせて月20万円ほどかかるもの、と考えておきましょう。

roujin_haikai_man

介護保険自己負担額

グループホームサービス費と、サービス加算に関しては、1割負担で利用できます(所得により2割)。要介護状態によって1日の単位が決められているため、介護度と照らし合わせて確認してみましょう。1単位あたりの単価はお住まいの地域によって変わってくるので、介護保険・地域別単位加算表と照らし合わせて計算してみましょう。

要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
1ユニット 22,650 22,770 23,850 24,540 25,050 25,560
2ユニット 22,290 22,410 23,460 24180 24,660 25,140

 

認知症対応型共同生活介護の良いところ、悪いところ

グループホームへの入居を検討するのであれば良い面と悪い面を正しく把握しておく必要があります。

●良い面

グループホームは認知症高齢者を対象とした施設なので、認知症ケア専門のスタッフが常駐していて適切な対処をしてくれます。また、入居者が少人数で、食堂や浴室など共同スペースもあることから、他の入居者や職員
とのコミュニケーションを図りやすく、アットホームな空間で生活できるという点が利用者にとっては良い面です。又、部屋についても個室か準個室のため、プライベートの空間も確保できます。
なお、グループホームは市町村の介護保険法上の事業者指定を受けなければ開設できません。そのぶん、人員や設備基準を満たした事業所が運営するので安心できます。

●悪い面

医療・看護スタッフの配置は義務ではないため、医療ケアには特化していません。定員が少ないこと、地域に密着していることなどにより空きがない施設も多く、入居までに時間がかかることがあります。また、介
護を受けながらも、ある程度は自立して日常生活を送れることが利用の条件であるため、要介護度が上がると、退居しなくてはならないことがあります。

有料老人ホームとの違い

認知症高齢者が利用できる民間施設には、グループホームのほかに有料老人ホームがあります。有料老人ホームとグループホームの違いについてご説明します。

●有料老人ホームとは

グループホームの入居者は、全員認知症高齢者であり、ある程度は自立して生活できます。そのため、寝たきり状態や、看取りが必要な状況になると、グループホームでは対応できませさん。
一方、有料老人ホームは、認知症で要介護度が重い利用者でも受け入れてくれることがあります。有料老人ホームには「健康型有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「介護付有料老人ホーム」という3つのタイプがあり、介護付有料老人ホームは、認知症で要介護度が重い人も利用できます。

受けられるサービスの違い

グループホームでは、認知症高齢者の生活を援助しつつ、自立支援サポートのため共同生活を通じてリハビリテーションやレクリエーションを行いますが、医療ケアや重度の要介護者への対応については手厚いとはいえません。
一方、介護付有料老人ホームでは、認知症以外のケアや医療・看護サービスも提供するので、認知症高齢者で寝たきりの人や重度の要介護者にもしっかり対応してくれる点が特徴です。

●費用相場の比較

グループホームの費用については前述しましたが、有料老人ホームも入居一時金と毎月の介護・生活費用がかかります。最大の違いは入居一時金の相場で、有料老人ホームの場合は施設によって0円~1億円まで大きな開きがあります。
グループホームと同様、有料老人ホームへの入居を検討する際も、入居一時金をはじめとする各条件をよく比較検討することが大切です。

201607011851125a3

注意点

グループホームは軽度の認知症を患う高齢者であれば入居できる老人ホームです。そんなグループホームへ入居する時の注意点についてみてみることにします。

そもそも、グループホームの介護サービスは認知症対応型共同生活介護という区分になっています。この区分は認知症状はあるが、身体介護までは必要としない程度の高齢者が、同じような症状の程度の高齢者が少人数ではあれ、ケアスタッフとともに共同生活をするという介護サービスです。

このグループホームに入居する際の第1番目の注意点は、この施設があくまでも共同生活を行う場ですから、自分でできることは自分で行うということです。このため、グループホームへ入居した後に身体介護が必要になった場合、退居せざる得なくなることもあります。ですから、グループホームへ入居を決める前に「どのような症状となったら、退居しなければならないのか」という点を確認しておかねばなりません。

第2番目の注意点は費用関係です。グループホームは、介護サービスの施設なのではなく、高齢者用の共同住宅に介護保険が使える認知症ケアが付いているというものなので、高齢者用の共同住宅としてかかる費用は介護保険の対象にはならないのです。高齢者用の共同住宅としてかかる費用とは、部屋代や食費などで全額自費負担なのです。具体的には月々約10~20万円ぐらいが平均的のようですが、地域や施設によって多少の差があるようです。

さらに、月々の費用だけでなく、グループホームによっては、初期費用がかかる場合もあります。その費用も施設により千差万別ですが、高額なところでは数百万円かかる場合もあるようです。認知症という大変な病気を抱えながら生活していく場所になりますので、入所を希望される時には費用面をはじめ色んな要素を検討して決められる事をおすすめします。

 

まとめ

これからますます認知症高齢者の増加に伴って認知症対応型共同生活介護のグループホームの様な施設が必要ですが、 施設の中軸となる人材の不足が深刻な問題点としてあります。

この問題をいかに解決できるかが今後の認知症高齢者の行く末に大きく影響してきます、

qna