認知症はグループホームにした方が良い?どんな内容?料金は?

nursinghome

認知症は、本人はもちろんのことですが、それを支える家族も付き合いが長くなってくるものです。長く付き合って行くに連れて、自分の付き合い方は正しいのか、もっと違うケアのやり方があるのではないかと考える方も多いかと思います。ケアの仕方や方法は人それぞれですので、高齢者の方それぞれにあった方法を考える必要があります。
今回は、認知症の方のグループホームに目を向けてお話ししたいと思います。

 

認知症のグループホームとは

認知症の方のグループホームとは、高齢者の方のための施設、グループホームの中でも認知症に特化したものになります。
内容的には、他のグループホームとあまり変化はありません。少人数の、同じ認知症の高齢者の方と共に生活を送って行くことになります。その方の介護度に合わせて、食事介護や排泄介護などの日常生活の手助けを受けながら、その方らしい生活を送ってもらうことが目的です。1ユニット9人という少人数制なので、細かいニーズに対応して行くことも可能です。

認知症というと、共同生活は難しいのではないかと考える方もいるようですが、専門のスタッフが見守りをしているので、安全な環境で生活を送ることができます。また、認知症の方にとって、毎日刺激もなく同じような生活を送ることは、かえって逆効果の場合があるのです。

グループホームでは、同じ入居者の方達とのレクリエーション活動や、季節ごとの行事など、認知症の方でも楽しめるようなイベントを毎日考えて実行しています。また、家族以外の方とお話しするだけでも、認知症の方にとっては良い刺激ななるのです。認知症の高齢者の方にしてしまいがちなのが、不必要な過剰な介護です。身体的には介護が必要ではない状態にも関わらず、認知症だからと日常生活動作全てを介護してしまうのです。このような状態では、自分でできることも出来なくなってしまうでしょう。しかし、グループホームは違います。

出来ないことのお手伝いをすることはもちろんですが、出来ることは高齢者の方本人で行なってもらうのです。もちろん見守り体勢は整っていますが、自分自身で何かをやり遂げるということが、高齢者の方の生きがいや生活の張りになります。

 

 

PIC-20140221074007

 

 

認知症専用のグループホームがある

認知症対応型共同生活介護とも言われるこのグループホームは、認知症に特化しています。

その為、入居の際には認知症の証明が必要になる場合もありますので、問い合わせが必要です。もしかかりつけの病院がある方は、担当医に相談をすると良いでしょう。また、必要な介護度なども決められておりますので、こちらも確認してください。基準として、グループホームは老人ホームとは異なり、高齢者の方自身に生活を楽しんでもらうという目的がありますので、全介護が必要な方は入居が難しいと思われます。

あくまで介護職員は介護のサポート的な位置づけになりますので、日常生活動作はある程度高齢者の方自身で出来る必要があるでしょう。この認知症の特化したグループホームは、高齢化社会に伴い数もどんどん増えて来ています。もし利用を考えている方は、事前に見学に行くと良いでしょう。グループホーム内の雰囲気を知ることが出来ます。

 

認知症専用のグループホームの内容

では、実際に認知症専用のグループホームではどのように過ごすことができるのでしょうか?

① 食事介助

グループホームでは、食事の提供が行われます。施設によっては、介護職員と高齢者の方が協力して食事を作る場合もあります。食事を通して、他の施設利用者の方や介護職員の方とコミュニケーションをとることが出来ます。

② 排泄介助・口腔ケア

食事の後は、排泄介助と口腔ケアです。自力でトイレに行ける方はトイレを促し、つきそいが必要な方はトイレまで付き添います。また、食後の歯磨きも虫歯予防のため大切になります。

③ 入浴介護

グループホームでは、入浴もできます。自力でできる方は自分自身で入ってもらいますが、ここでも介護職員が必ず付き添います。入浴中の事故は一番死亡率が高く、特に認知症の方は注意しなければならないからです。

④ レクリエーション活動

同じ施設利用者の方や介護職員と、レクリエーション活動を行います。内容は毎日異なります。折り紙やお手玉、お絵かきや書道など手を使うこともありますし、カラオケやゲームなど全員で楽しむものもあります。また、天気の良い日は外を散歩しに出かけることもありますので、四六時中家の中にいる訳ではありません。春は花見に出かけ、秋は紅葉を見に出かけることもあります。四季折々の風景に触れることも、立派なリハビリなのです。特に、認知症の方の中には、日々の生活に喜びを感じにくくなっている方もいますので、誰かと楽しみを共有することや、会話を楽しむということはとても大切になってきます。

 

 

kaigo_ofuro

 

 

認知症専門のグループホームの料金

グループホームの費用については、施設ごとにより異なりますので、もし入居を考える際には大体の目安を問い合わせておくと良いでしょう。施設利用費プラス毎日の食費代金、また光熱費や介護用品などの代金もかかってきます。
平均的に見ると、大体月20万円程度のところが多いようです。また、それぞれの介護度によっても自己負担額が変わってきますので、確認しておきましょう。また、こちらも施設によって変わってはきますが、入居の際に施設利用費とは別に入居一時金が必要な場合もありますので、まずは入居する施設を決める際に、いくら必要なのかを計算しておくと後の支払いがスムーズに進んで行くでしょう。

 

注意点

では、この認知症専門のグループホームを利用するにあたって、どのような注意点があるのでしょうか?

① 医療機関ではない

グループホームは、病院などの医療機関とは異なります。あくまで、高齢者の方が自分らしい生活を送ることができるよう、サポートする施設です、そのため、継続的に治療が必要な病気や怪我などを負った場合、グループホームを退去しなければならないことがありますので、注意が必要です。

② 高齢者の方の意思を尊重する

まず入居を考える際には、高齢者の方自身の意思を尊重してください。グループホームは、その名の通り共同生活です。しかし、高齢者の方の中には、共同生活が苦手な方もいるでしょう。まずは事前にしっかりとコミュニケーション能力を取っておくことが大切です。

③ 認知症ならではのトラブルがある

グループホームには、認知症ならではのトラブルがあることを忘れてはいけません。入居者は一人ではないのです。様々な症状がある方と生活を共にしますので、時にはトラブルが起こる場合もあります。その際は、職員が解決をしますが、家族の方も事前に知っておく必要があるでしょう。また、火の始末なども十分に気をつけなければなりません。思わぬ事故につながってしまう可能性があるのです。

 

 

obaasan_woman_tasukeai

 

 

まとめ

認知症の方に一番してはいけないことは、認知症だからと全てを奪ってしまうことです。そうすれば、確実に認知症は進行します。私たちが認知症の方にできることは、生活のサポートをしながらも、どう有意義な生活を送ってもらえルカを考えることではないでしょうか?

その選択肢の一つとして、グループホームを検討してみてはいかがでしょうか?

qna