訪問リハビリテーションってどんな役割か教えて!

Baywoods-rehab-2

パーキンソン病や認知症などの疾病で体の機能に障害が生じた場合、リハビリが必要となります。その際にリハビリ専門のセンターや病院でのリハビリも当然行いますが、自宅で日常生活に合わせたリハビリを作業療法や理学療法等の面から自宅で行う「訪問リハビリテーション」があります。これから訪問リハビリについて紹介させて頂きます。

ダウンロード (3)

訪問リハビリテーションとは

訪問リハビリテーションとは、主治医が「訪問リハビリテーションサービスの利用が必要」と認めた方を対象としたサービスで看護師や理学療法士など、主治医の指示に合わせて専門家が自宅を訪問し療養上のお世話や診療の補助を行います。利用者の心身機能の維持回復および日常生活の自立を助けるために理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションを行うサービスです。要介護状態になることをできる限り防ぐ(発生を予防する)、あるいは状態がそれ以上悪化しないようにすることを目的としています。高齢者の有する能力に応じて、自立した生活を営むことができるよう支援します。

訪問リハビリテーションの内容

訪問リハビリテーションに携われる専門職は以下の専門職が利用者のリハビリにあたります。
*作業療法士*理学療法士*理学療法士

■日常生活動作のリハビリテーション

・食事、着替え、トイレなどの訓練
・部屋の中、家の周りを歩く訓練
・家事動作の訓練
・歩行練習(屋内、屋外)、基本動作訓練(寝返り、起き上がり、移乗動作など)

■身体機能リハビリテーション

・筋肉をつけるための運動
・関節の硬化を防ぐ運動
・筋力・体力の維持、褥瘡(じょくそう)の予防、自主トレーニングの指導

■家族支援

・歩行練習(屋内、屋外での介助方法の検討、指導)、福祉用具・自助具の提案、住宅改修に関する助言
・介護者への介助方法指導

■その他

・福祉用具(自助具)に関するアドバイス
・折り紙や編み物、絵などを用いて手先の訓練
・介護者の負担の軽減に関する相談、アドバイス
※サービスの内容は、サービス提供事業者によって異なります

■訪問リハビリテーション特有なサービス

施設や病院等大勢でのリハビリと違い、自宅への訪問で1対1のリハビリを行うことは、利用者独自のリハビリのプログラムを個々に相談しながら作成できて、利用者の身体状態を常に把握する事が可能で、利用者の最新の生の声が聞くことができる為に状況の把握がいち早くできて、その状態に合わせたリハビリが適切にできます。利用者やその家族からは、訪問するたびに様々な問題点の相談があり、それを即回答や対応できる事が最も重要なサービスと思われます。

訪問リハビリテーションの役割

まずリハビリには老健等の施設リハビリや病院で行う外来リハビリ等があり、そんな中で訪問リハビリの特徴というと訪問リハビリでの最大の役割として,次のようなことが考えられます。

1.1回あたり最大1時間のマンツーマンリハビリを実施できる
2.自宅の状況に応じたリアルなADL指導ができる
3.家族との密なかかわりができる

■1時間のマンツーマン

介護保険で利用することのできるリハビリテーションでは最大の長さで。医療保険でも入院をのぞけば最長の時間利用できます。病院でマンツーマンのリハビリテーションを受けて退院した患者さんにとっては1時間の長さが基準になっている方が大半です。介護保険では毎日1時間のリハビリテーションを提供することは可能ですが1時間のリハビリテーションが必ずしも効果的とは限らない事もあります。40分でも十分な人もいれば、通所リハビリで十分な利用者さんもおられその人にとって1時間が必要なのかどうか十分に考慮すべき点です。

■ADL指導

これが訪問リハビリテーションの最大の役割です。いかにして生活行為を向上させることができるかが、まさに生活している場で、利用者の能力をいかに発揮させることができるかが訪問リハビリテーションの役割と言ってもいいくらいです。玄関の出入り、入浴動作等では病院はシミュレーションしかできません。高価なシミュレーション機器を導入していてもそれはあくまでもシミュレーションなんです。しかし訪問リハビリの現場は生活の場です。そこで実践してみて出来ない動作はできない動作、目の前でやってもらってできる動作ならできる動作です。シミュレーションだと病院でできていた動作も自宅に戻ればできなかったこともあります。現場はその時の動作がすべてす。だからより訪問リハビリは具体的なリハビリテーションを提供することができます。

■ 家族との関わり

家族への指導が直接にできるっていうことも訪問リハビリの役割です。
それに加えて、家族を含めた生活状況を把握できるってことも大事な要素です。本人の能力だけでなく、家族の介助量や介助方法や、生活スケジュールも考慮して関わることができる点が特徴でもあります。
本人だけ見るなら病院でも通所でも可能ですが、生活状況を含めて家族もトータルに見ながら関わることができるのは訪問リハビリテーションだからです。訪問リハビリテーションは利用者本人だけ見ていることは効果的ではありません。老老介護だといつの間にか介護者の方が骨折していたり、腰痛になったり、認知症の初期症状が出てたりすることもあります。それを初期の段階で、もしくは腰痛を未然に防いだりすることも訪問リハビリテーションに関わっている理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の役割です。家族も含めて関わっていくのが地域リハビリテーションです。

訪問リハビリテーションの料金

介護保険1割負担とした場合の料金を紹介致します。

■ 訪問リハビリテーション料金

介護保険給付対象サービス
・訪問及び介護予防訪問リハビリテーションは1単位:20分になります。
・退院・退所日又は要介護認定を受けた日から1月以内の要介護認定者:週2回以上、 1回40分以上の訪問リハビリが必要になります。

yubisashikosyou_nurse

訪問リハビリテーションの注意点

訪問リハビリテーションの利用者は約7万人で介護保険サービスのうち居宅サービス全体の3パーセント弱で利用率は最下位というのが現状です。リハビリを必要としている人はいるのに訪問リハビリテーションサービスを利用している人が伸びないというのには、訪問リハビリテーションサービスを行う事業者の不足から、需要があっても供給が全く足りていないという現状があります。
あるデータでは、リハビリテーションをケアプランに組み込みたくても組み込むことが出来ないという人が全体の75パーセントもいます。問題なのは、リハビリを専門とする人の中にも訪問リハビリテーションサービスの必要性が理解されていないということです。特に整形外科医などの医療関係者でも回復期を過ぎたリハビリは根本的にムダであると考えている人は少なくないのです。また、訪問リハビリサービスを行う事業者は病院が診療所を併設していなければならないという法律があります。リハビリを行う専門家の他にリハビリに理解のある医師まで必要となると採算がなかなか合わないので事業所は増えなくなります。幸い寝たきりでなくて、リハビリテーションを受けることによって回復の可能性が高いという人でもリハビリのために通院、通所が困難でリハビリを断念するという人も多いのようです。また、幸運にも訪問リハビリテーションサービスを受ける事が出来ても利用の日数制限がありますので思ったようにリハビリできないということがあります。
訪問看護サービスとして看護師が行うリハビリテーションにも限度があります。看護師が行うのはあくまで看護や介助が主体であって、リハビリサービスはあっても特に高い専門性をもった看護師は実際には少なく、高度なリハビリは受ける事が出来ません、理学療法士や作業療法士でも人によってリハビリテーションの質に差があるという指摘もあります。しかし、熱心にリハビリを行った結果、見違えるように機能が回復したという実例も多く挙げられているので、訪問リハビリテーションサービスを受けたいという人誰もが、適性な利用料でサービスを受ける事が出来るように体制を整える必要があります。リハビリすることによって回復したであろう人が、みすみす寝たきりになるような社会にならないように見守る必要があります。

medical_rigaku_ryouhoushi

リハビリは病院でも自宅でも両方併用できるか?

いわゆる医療保険で病院の外来リハビリと介護保険での通所訪問リハビリを併用しての利用は、「同一疾患での医療保険と介護保険」の併用は原則出来ません。入院中は医療保険で病院内でのリハビリを行っていても、当事者が要介護者で退院後に自宅でのリハビリを受ける際は、介護保険でのサービスの適用となります。但し、特例が設けられていて、その条件に適していれば併用は可能になります。それは次のような項目です。

1. 目標設定等支援・管理科算定してから3ヶ月以内なら1月に5日を超えない範囲で併用が可能です。
2. 言語療法に限り医療保険と介護保険併用が認められています。

この措置は介護現場に言語聴覚士が十分に配置されていない点を考慮されて例外とされています。この2つの特例は患者に不利益にならないように調整された結果で、実際の現場では旨く機能していない面も多々あるそうです。

まとめ

高齢化とともに体の機能は低下してきます。その低下した機能を少しでも回復させるためには、リハビリが最適な方法です。しかし病院や通所リハビリが可能な方ばかりとは限りません、その場合訪問リハビリテーションを利用する事で、その価値が十分理解でき更なる機能回復に期待する事ができます。

qna