短期入所生活介護ってどんなの?利用料金は?

nursing-home

家族にとって介護は毎日のことなので、ときに自分の時間を作ったり、息抜きに旅行をしたり、自分の身体を休めたりする時間が必要です。一人暮らしの高齢者は、寂しくなり人との接触を欲することもあります。そのために短期入所生活介護はありがたい施設です。

短期入所生活介護の果たしている役割や利用料金などについてご紹介したいと思います。

 

短期入所生活介護とは

短期入所生活介護とはショートスティと呼ばれていて、短い期間、特別養護老人ホームなどに入所して支援を行うサービスです。

厚労省の短期入所生活介護の基本方針

「短期入所生活介護」の事業とは、利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、利用者(要介護者等)が老人短期入所施設、特別養護老人 ホーム等に短期間入所し、当該施設において入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行うことにより、利用者の心身の機能の維持並びに利用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減を図るものです。
利用者ができる限り、自立した生活を自宅で営むことができるように、また利用者が孤立感を持たず、機能回復できるように短期入所生活介護を利用します。家族も短期入所生活介護を利用している間は、自分のことができて、ゆっくりできるし、旅行や温泉などの時間をとることもできます。ショートスティは家族の介護負担の軽減、つまり短期入所生活介護はレスパイトケアの意味でも大切な役割を果たしています。
短期入所生活介護を利用することができるのは、介護者が疾病になったり冠婚葬祭や出張があったりした時です。他に介護者の身体的や精神的な負担を軽減する場合もショートスティが利用できます。利用者の心身の状況や病状が悪い時も利用できます。
最近では短期入所生活介護の利用者数が年々増えてきているので、親族の訃報等で、すぐに利用が必要の場合はケアマネージャーに相談してください。

 

 

kaigo_sougei

 

 

短期入所生活介護の対象者とサービス内容

短期入所生活介護の対象者

短期入所生活介護を利用できる人は要支援1か2、または要介護1~5の人です。

短期入所生活介護のサービス内容

短期入所生活介護のサービス内容は次のようになっています。

介護保険の対象となるサービス

【サービスの種類】       【サービス内容】
排泄介助           トイレ誘導、トイレでの排泄介助、ベッド上でのおむつ交換
入浴、清拭          週2回以上の入浴介助または清拭
離床介助           寝たきり防止のための離床介助
整容             人それぞれ適切な整容を行う
シーツ交換          シーツ交換を行う
洗濯 必要に応じて洗濯を行う
機能訓練 資格を有する機能訓練指導員が適切な指導を行う
生活上の楽しみや便宜 生活上、必要なリクリエ―ションや年間行事を行う
介護相談 利用者や家族の相談、支援

介護保険でないサービスは食事や理美容などがあり、食事代や理美容代は別途料金がかかります。

 

 

I_04_kaigo_ofuro

 

 

短期入所生活介護の料金

短期入所生活介護は特別養護老人ホーム等と併設であるところがほとんどです。料金は、部屋が個室か多床室かによって異なります。

短期入所生活介護の利用単位数

従来型個室の場合(単位) 多床室の場合(単位)
要支援1 433 438
要支援2 538 539
要介護1 579 599
要介護2 646 666
要介護3 714 734
要介護4 781 801
要介護5 846 866
平成29年度6月21日厚生労働省「短期入所生活介護及び短期入所療養介護資料より」

利用者の状況に応じたサービス提供や施設の体制に対する加算、減算について
・専従の機能訓練員を配置している場合・・・・・・・・・・・・・12単位
・個別機能訓練の実施(要介護者のみ)・・・・・・・・・・・・・・56単位
・手厚い健康管理と医療との連携(要介護者のみ)・・・・・・・・・58単位
・夜勤職員の手厚い配置(要介護者のみ)ユニット以外13単位、ユニット型18単位
・送迎を行う場合・・・・・・・・・・・・・・・・・・片道につき184単位
・緊急の利用者を受けいれた場合(要介護者のみ)・・・・・・・・・90単位

短期入所生活介護を利用した場合の例

要介護3の人で1週間、従来型個室を利用し、往復送迎をお願いして個別機能訓練を2日間受けた場合は714×7+56×2+184×2=5478単位となります。ですから、料金は1単位10円の地域なら54,780円となります。利用者は1割負担なので5478円となります。その他に食費やオムツ代、洗濯代等がかかります。
要支援2の人が従来型個室の場合、5日間利用し、送迎をうけた場合は、538×5+184×2=3058単位なので利用者の料金は3,058円になります。
厚生労働省の資料を見ると、短期入所生活介護を1日に利用する利用日数の平均は、平成27年度は要介護で11,5日、要支援で5,8日となっています。利用料金の平均は要介護が10,4000円、要支援が3,8000円となっています。

 

短期入所生活介護の注意点

近年では短期入所生活介護を利用する人が増えてきて、施設では1~2か月先に予約しておかないと利用できないところがほとんどです。緊急入所枠を設けているところもあるので、急の時はケアマネージャーに相談しましょう。
もし、利用する時があらかじめわかっている時は、2カ月前くらいにケアマネージャーに頼んでおくといいでしょう。利用者数は平成26年まで年々増えていて、平成26年には要介護では324,300人、平成27年度は少し減って319,500人でした。要支援では平成26年が1,0200人、平成27年度が9,900万人でした。

そのため、最近では1~2カ月先に予約を受け入れる施設が5割、2カ月前から予約申し込みをする施設が7割あります。その時にほぼ埋まってしまう状況です。ですから、申し込みたいときは埋まっている可能性があります。
ケナマネージャーに相談して、空いている施設がないか探してもらいましょう。サービス担当者会議のときに短期入所生活介護を利用したいという旨を相談しておくと、2カ月後くらいからの利用が可能になります。定期的に短期入所生活介護を利用する場合は、ケアマネージャーが早めに予約してプランの中に盛り込んでもらえます。

短期入所生活介護は30日まで利用できますが、利用限度額があるので使える日にちが限られてきます。出来るだけ長く利用したいと思う場合は2カ月にわたって利用するといいでしょう。例えば、4月と5月に、合わせて20日間利用する場合、4月21日~30日と5月1日~10日の利用とすると1か月の利用は10日分になるので、利用限度額を抑えられます。

これから、政府の方針として超高齢化社会を迎えるにあたり、地域で利用者を支えるという方向に動いています。そのため、家族や地域が高齢者を支えていくことになります。家族が長く介護を続けるためには、短期入所生活介護のように一時的に利用できる施設が必要になります。365日介護から手が離せないと、介護者のストレスがたまり介護疲れが出てしまいます。
利用者にとっても介護者にとっても短期入所介護を利用して気分転換や旅行、普段できないことをすることをおすすめします。先で、老人ホームへ入居を考えている場合は集団生活になれるためにもいい機会となります。

 

 

jigyousho_il01

 

 

まとめ

短期入所生活介護は、年々利用が増えてきており、施設も早くから予約しないと空きがない状態となっています。本人が閉じこもりの生活を避け、自宅で自立した生活を営むために、また、家族が自分の時間をとり、骨休めをしてゆっくりするためにも短期入所生活介護は大切な役割を負っています。

qna